Windows 10 での HDR ビデオのストリーミング

適用対象: Windows 10

Windows 10 デバイスのディスプレイが HDR ビデオ用に最適化されており、Windows HD Color 設定で [HDR ビデオのストリーミング] がオンになっている場合は、ハイ ダイナミック レンジ (HDR) ビデオをストリーミング再生できます。

ディスプレイが HDR ビデオ用に最適化されているかどうかを確認するには

  1. [スタート] ボタンを選び、[設定] > [アプリ] > [ビデオの再生]  の順に選びます。
  2. [HDR ビデオのストリーミング] で、[Windows HD Color 設定] を選択します。
  3. [ディスプレイの選択] で、確認するディスプレイを選択します。
  4. [ディスプレイの機能] で、[HDR ビデオのストリーミング] の横にある値を探して、[はい] または [いいえ] と表示されていることを確認します。
    [HDR ビデオのストリーミング] が [はい] になっている場合でも、HDR ビデオのストリーミング再生を行うその他のいくつかの設定を変更する必要がある場合があります。下記の最後のセクションで詳細を確認してください。 

Windows で HDR ビデオを再生するための要件について詳しくは、「Windows 10 における HDR ビデオのディスプレイ要件」をご覧ください。

HDR ビデオのストリーミングを有効にするには

  1. [スタート]  ボタンを選び、[設定] [アプリ] [ビデオの再生]  の順に選びます。
  2. [HDR ビデオのストリーミング] で、[Windows HD Color 設定] を選択します。
  3. [ディスプレイの選択] で、変更するディスプレイを選択します。
  4. 外部ディスプレイの場合は、[HDR のゲームとアプリを使用する] をオンにします。
  5. [HDR ビデオのストリーミング] をオンにします。

内蔵ディスプレイが HDR ビデオのストリーミング再生に対応している場合は、ディスプレイを調整すると最適な表示を得ることができます。詳しくは、「Windows 10 で内蔵ディスプレイを HDR コンテンツ用に調整する」をご覧ください。

[HDR ビデオのストリーミング] がオンになっているにもかかわらず、内蔵ディスプレイで HDR ビデオを受信できない場合は、以下の点を確認してください。

  • サポートされているアプリを使っていること。HDR ビデオのストリーミングは、特定のアプリでのみサポートされます。詳しくは、「Windows 10 でのビデオの再生設定」をご覧ください。
  • ビデオのストリーミング アプリが全画面表示で再生を行っていること。多くの内蔵ディスプレイでは、ビデオ アプリが全画面表示で開いていなければ、HDR ビデオを受信できません。
  • バッテリで HDR ビデオを再生するようにデバイスをセットアップしていること。HDR ビデオを再生すると多くのバッテリー電力が消費されるため、バッテリーを使っている場合は、既定で HDR ビデオを受信できません。これを変更するには、[スタート] ボタンを選択し、[設定] > [アプリ]  > [ビデオの再生]  > [Windows HD Color 設定] の順に選択します。[バッテリーのオプション] で[バッテリ使用時は HDR ビデオのストリーミングを許可しない] チェック ボックスをオフにします。
  • バッテリー節約機能が無効になっていること。バッテリー節約機能がオンとオフのどちらになっているかを確認するには、[スタート]  ボタンを選び、[設定] [システム] [バッテリー] の順に選びます。バッテリー節約機能がオンのときにも最適な HDR ビデオ エクスペリエンスを得るには、同じ [バッテリー] 画面で、[バッテリー節約機能がオンのときは画面の明るさを下げる] チェック ボックスをオフにします。最適な HDR ビデオ エクスペリエンスのためには、Windows がディスプレイの明るさを最大レベルに設定できる必要があります。
  • ビデオを再開します。上記の変更を行ったら、視聴しようとしているビデオを再開して HDR で受信します。