Windows 10 における HDR ビデオのディスプレイ要件


内蔵ディスプレイ (Windows 10 Version 1803)

Windows 10 (Version 1803) でハイ ダイナミック レンジ (HDR) ビデオをストリーミング再生するには、ノート PC、タブレット、2-in-1 PC の内蔵ディスプレイで HDR がサポートされている必要があります。特定のノート PC やタブレットの仕様を調べるには、デバイスの製造元の Web サイトをご覧ください。要件は次のとおりです。

  • 内蔵ディスプレイには 1080p 以上の解像度が必要であり、推奨される明るさの最大値は 300 ニット以上です。
  • Windows 10 デバイスに、PlayReady ハードウェア デジタル著作権管理をサポートする統合グラフィックス カードが搭載されており (保護された HDR コンテンツ用)、10 ビット ビデオ デコード用のコーデックがインストールされている必要があります (たとえば、第 7 世代 Intel Core プロセッサ (コード名 Kaby Lake) を搭載したデバイスではこれがサポートされています)。

内蔵ディスプレイ (Windows 10 Version 1709)

Windows 10 (Version 1709) でハイ ダイナミック レンジ (HDR) ビデオをストリーミング再生するには、ノート PC、タブレット、2-in-1 PC の内蔵ディスプレイで HDR がサポートされている必要があります。特定のノート PC やタブレットの仕様を調べるには、デバイスの製造元の Web サイトをご覧ください。要件は次のとおりです。

  • 内蔵ディスプレイでバックライトを制御できる必要があります。また、内蔵ディスプレイの明るさの最大値が 300 ニット以上であることが必要です。
  • Windows 10 デバイスに、PlayReady ハードウェア デジタル著作権管理をサポートする統合グラフィックス カードが搭載されており (保護された HDR コンテンツ用)、10 ビット ビデオ デコード用のコーデックがインストールされている必要があります (たとえば、第 7 世代 Intel Core プロセッサ (コード名 Kaby Lake) を搭載したデバイスではこれがサポートされています)。
  • Windows 10 デバイスの製造元がデバイスで HDR を有効にしている必要があります。

外部ディスプレイ

Windows 10 でハイ ダイナミック レンジ (HDR) ビデオをストリーミング再生するには、外部ディスプレイと Windows 10 PC で HDR がサポートされている必要があります。特定の PC や外部ディスプレイの仕様を調べるには、デバイスの製造元の Web サイトをご覧ください。要件は次のとおりです。

  • HDR のディスプレイまたはテレビで HDR10 がサポートされており、DisplayPort 1.4 または HDMI 2.0 以上がサポートされている必要があります。DisplayHDR の認定を受けたディスプレイをお勧めします。
  • Windows 10 PC に、PlayReady 3.0 ハードウェア デジタル著作権管理をサポートするグラフィックス カードが搭載されている必要があります (保護された HDR コンテンツ用)。こうしたグラフィックス カードには、NVIDIA GeForce 1000 シリーズ以上、AMD Radeon RX 400 シリーズ以上、または Intel UHD Graphics 600 シリーズ以上があります。HDR ビデオ コーデック用に、ハードウェア アクセラレータによる 10 ビット ビデオ デコードをサポートするグラフィックス カードをお勧めします。
  • Windows 10 PC には、10 ビット ビデオ デコード用のコーデックがインストールされている必要があります (たとえば、HEVC コーデックや VP9 コーデックなど)。
  • Windows 10 PC に、最新の WDDM 2.4 ドライバーをインストールすることをお勧めします。最新のドライバーを入手するには、[設定] の [Windows Update] に移動し、PC の製造元の Web サイトを確認してください。