2017 年 10 月 11 日 — KB4041689 (OS ビルド 10586.1176)

適用対象: Windows 10, version 1511

注:


Windows 10 バージョン 1511 は、2017 年 10 月 10 日にサービスを終了する予定です。  このオペレーティング システムで実行されているデバイスは、最新のセキュリティ脅威からの保護機能を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムを受け取ることができなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き受け取るには、最新バージョンの Windows 10 に更新することをお勧めします。 

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Universal CRT _splitpath が複数バイトの文字列を適切に処理しておらず、アプリケーションが複数バイトのファイル名にアクセスするときに失敗していた問題を修正しました。

  • 大規模なプロジェクトの場合、Universal CRT によってリンカー (link.exe) が動作しなくなる問題を修正しました。

  • サーバーがクラスター化された MSMQ ロールをホストしているときに、MSMQ パフォーマンス カウンター (MSMQ キュー) がキュー インスタンスを設定できない問題を修正しました。

  • スマート カードのワークステーションのロック ポリシーに関する問題を修正しました。この問題によって、スマート カードを取り外したときにシステムがロックされないことがあります。

  • Azure Active Directory で条件付きアクセスを使用すると、認証が失敗する問題を修正しました。

  • Internet Explorer のフォーム送信に関する問題を修正しました。

  • Internet Explorer で英語以外の言語で表示されるはずのメッセージが英語で表示される問題を修正しました。

  • USBHUB.SYS によってメモリ破損がランダムに発生し、診断が非常に困難なシステム クラッシュがランダムに発生する問題を修正しました。

  • Microsoft Windows Search Component、Windows カーネルモード ドライバー、Microsoft Graphics コンポーネント、Internet Explorer、Windows カーネル、Microsoft Edge、Windows 認証、Windows TPM、Microsoft PowerShell、Windows ワイヤレス ネットワーク、Windows Storage および Filesystems、Microsoft Windows DNS、Microsoft Windows DNS、Microsoft Scripting Engine、Windows Server、Device Guard、および Windows SMB Server のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

この更新プログラムをインストールすると、Microsoft JET データベース エンジンに基づくアプリケーション (Microsoft Access 2007 以前または Microsoft 製以外のアプリケーション) が Microsoft Excel .xls ファイルを作成するときまたは開くときに失敗することがあります。 “外部データベース ドライバー (1) で予期しないエラーが発生しました。 (Microsoft JET データベース エンジン)" というエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Access Database Engine 2010 再頒布可能ファイルをダウンロードしてインストールし、プロバイダーとして ACE を使用するように Microsoft Excel の DB 接続文字列を変更します。 例: Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0 を Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0 に変更します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

(コントロール パネルの [ディスプレイ設定] を使用して) アイコンの文字サイズを大きい値に設定している場合、Internet Explorer の起動時に問題が発生することがあります。

アイコンの文字サイズを小さい値に減らすか、[すべての項目のサイズを変更する] 設定を使用すると、この問題を軽減できます。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4041689 のファイル情報をダウンロードしてください。