自宅でコンピューターをセキュリティ保護する

適用対象: SecurityWindows 10Windows 8.1

コンピューターのセキュリティ保護は、個人情報を盗もうとするマルウェアや直接的なハッキングの回避に役立ちます。自宅でコンピューターを使用する際のオンライン リスクの軽減に役立つ方法をいくつかご紹介します。

コンピューターを保護するためのヒント

  • ファイアウォールを使用する
    Windows 10、Windows 8、Windows 7 には、自動的に有効になるファイアウォールが組み込まれています。

  • すべてのソフトウェアを最新の状態にしておく
    必ず Windows Update で自動更新を有効にして、Windows、Microsoft Office、およびその他の Microsoft アプリケーションの最新状態を維持します。ブラウザーや Adobe Acrobat Reader などの日常的に使用するアプリを中心に、Microsoft 以外のソフトウェアの自動更新も有効にしておきます。

  • ウイルス対策ソフトウェアを使用し、最新の状態にしておく
    Windows 10 または Windows 8 を使用している場合、デバイスには既に Windows セキュリティまたは Windows Defender セキュリティ センターがインストールされています。Windows 7 を使用している場合は、Microsoft Security Essentials を無料でダウンロードできます。

  • パスワードを確実に保護する
    方法については、「パスワードを保護する」をご覧ください。

  • 疑わしい添付ファイルは開かないでください。また、不審なリンクがメッセージに含まれている場合、そのリンクはクリックしないでください。
    これらはメール、ツイート、投稿、オンライン広告、メッセージ、添付ファイルなどに含まれており、既知の信頼できるソースであるかのように偽装されていることがあります。

  • Web を安全に閲覧する
    不正である可能性の高いコンテンツを提供しているサイトへのアクセスを避けます。多くの場合このようなサイトでは、マルウェアがその場でインストールされたり、マルウェアのダウンロードに誘導されます。Microsoft Edge などの最新ブラウザーを使用すると、悪意のある Web サイトのブロックに役立ち、コンピューター上で悪意のあるコードの実行をブロックできます。

  • 海賊版の製品やコンテンツを使用しない
    信頼できるソースから公開されたものでない映画、音楽、書籍、アプリケーションのストリーミングやダウンロードを避けます。

  • 自己所有のものでない限り、USB やその他の外部デバイスを使わない
    マルウェアやウイルスによる感染を防ぐには、自己所有または信頼できるソースから提供されたもの以外の外部デバイスを使わないようにします。

オンラインで個人情報を保護する

インターネットのプライバシーは、どの程度の個人情報を提供し、その情報に誰がアクセスできるかを制御する能力に依存します。インターネットでプライバシーを保護する方法をご覧ください。

詐欺から身を守る

メールを読む、ソーシャル メディアを使用する、Web サイトを閲覧するなどの操作を行う場合は、金銭や個人情報を盗もうとする詐欺 (なりすまし犯罪) にも注意する必要があります。これらの詐欺の多くは、情報を "釣る" ことから "フィッシング詐欺" と呼ばれています。フィッシング詐欺から身を守る方法およびテクニカル サポート電話詐欺を避ける方法をご覧ください。

マルウェアを回避して削除する

作業環境のセキュリティを強化する重要なステップの 1 つは、マルウェアからコンピューターを保護することです。

Windows セキュリティ

Windows セキュリティ (以前のバージョンの Windows 10 では Windows Defender セキュリティ センター) は、Windows 10 および Windows 8 に組み込まれており、クラウド提供の保護により、マルウェアの検出、防止、および削除をリアルタイムで行います。この機能は、自宅、小規模ビジネス、企業のお客様を対象としています。「Windows セキュリティを使ってコンピューターを保護する」をご覧ください。

マルウェアを削除する他の方法

Windows セキュリティが実行されていない場合を含めてすべての Windows ユーザーを支援できるように、Microsoft では複数のマルウェア削除ソリューションを用意しています。

Windows Defender オフライン

Windows Defender オフラインは Windows の外で動作し、Windows オペレーティング システムから隠れているルートキットやその他の脅威を削除することができます。このツールでは、見つけにくい脅威であってもマルウェア対策スキャナーで見落とされることのないように、小さな独立した動作環境が使用されます。

Windows Defender オフラインは、Windows 10 ではオペレーティング システムに組み込まれており、Windows セキュリティから実行できます。以前のバージョンの Windows では、独立したダウンロードとして提供されます。

Windows Defender オフラインの詳細を見る

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール

悪意のあるソフトウェアの削除ツール (MSRT) は、Windows Update から定期的にリリースされ、特に蔓延している脅威を除去します。MSRT では、使用されているマルウェア対策ソリューションに関係なく Windows コンピューターを定期的にスキャンし、特に蔓延している脅威を検出します。

MSRT は、ダウンロード可能なスタンドアロン ツールとしても提供されています。特に蔓延している脅威にオンデマンドで対処する場合は、スタンドアロン バージョンをダウンロードして実行できます。

悪意のあるソフトウェアの削除ツールをダウンロードする

Microsoft Safety Scanner

Microsoft Safety Scanner では、全面的かつ包括的なマルウェア対策スキャンがオンデマンドで提供されます。信頼性の高いオフライン スキャン機能とクリーンアップ機能が用意されています。ただし、Windows セキュリティで利用できるような、リアルタイムのクラウド ベース保護は提供されません。

Safety Scanner では、蔓延している脅威も注目度の低い脅威も対象になります。悪意のあるソフトウェアの削除ツールより信頼性の高い代替方法としてお使いください。

Safety Scanner をダウンロードする