Windows HD Color とは

適用対象: Windows 10

最近のバージョンの Windows 10 では、お気付きのように Windows HD Color という用語がたびたび登場しています。この用語は、ハイ ダイナミック レンジ (HDR) コンテンツを Windows デバイスに表示する Windows 10 の機能を指します。

HDR コンテンツでは、従来のコンテンツ (標準ダイナミック レンジ (SDR) コンテンツと呼ばれることもあります) と比較して、明るさと色の表現力が向上しています。従来型のコンテンツでは通常、シーン内の明るい部分またはシーン内の暗い部分を詳細に示すことはできますが、両方の部分を詳細に示すことができません。通常は、一方を詳細に表現しようとすると、他方が犠牲になります。たとえば、シーン内の明るい窓にフォーカスした写真では、日陰の暗い部分で黒つぶれが生じます。

これに対して HDR では、より広い範囲の色と明るさを表現でき、中間の色や明るさについても詳細な描写が可能になります。その結果、より鮮明な色で HDR コンテンツにしかできない映像が実現します。さらに、シーン内の明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くなり、詳細も失われません。

ハードウェアの進歩に伴い、HDR コンテンツを表示できるデバイスが増えています。最新のテレビやモニターを検討していると、HDR という用語がよく目につくはずです。Windows HD Color を使用すると、Windows 10 デバイスでも HDR コンテンツを表示できます。

最適な HDR エクスペリエンスを実現するには、HDR10 ディスプレイの規格に準拠したデバイスを使用してください。HDR アプリやゲームを楽しむには、このようなディスプレイが必要になります。ビデオの場合も、最適なエクスペリエンスは HDR 対応ディスプレイで実現します。ただし、非 HDR であっても多くの新しい機種のノート PC では HDR コンテンツを再生できます。

Windows 10 での HDR の使用に関する詳細については、次のトピックをご覧ください。