Microsoft Edge、閲覧データ、およびプライバシー

適用対象: PrivacyMicrosoft EdgeWindows 10

 

新しい Microsoft Edge 

は、Web サイトを閲覧したり、オンラインで検索や買い物をしたりするのに役立ちます。あらゆる最新のブラウザーと同様、Microsoft Edge では、できる限り個人に合わせたリッチで高速なエクスペリエンスにするため、Cookie などの特定のデータを収集してデバイスに保存したり、閲覧履歴などの情報を Microsoft に送信したりすることができます。

Microsoft では、必ずお客様にご理解をいただいたうえで、データの収集の可否を選択していただきたいと考えています。Web 閲覧履歴が収集されることに心配するユーザーもいます。デバイスに保存されるデータや Microsoft によって収集されるデータをお知らせしているのはそのためです。収集されるデータの種類を制御するオプションが用意されています。Microsoft Edge でのプライバシーについて詳しくは、プライバシー ステートメントを確認することをお勧めします。

収集または保存されるデータとその理由

Microsoft では、製品やサービスの品質を向上させるために診断データを使用しています。このデータは、製品のパフォーマンスや改善が必要な箇所について Microsoft が理解を深めるために使用されます。

製品の問題を解決し、Microsoft 製品およびサービスの品質向上に役立てるために、デバイスに関連するオプションの診断データを Microsoft と共有するかどうかを制御できます。Microsoft Edge では、製品をセキュリティで保護し、最新の状態に保ち、適切に実行するために必要な一連のデータが収集されます。Microsoft では情報収集の最小化が妥当であると考え、実施しています。必要な情報のみを収集し、サービスの提供や分析に必要である場合に限りその情報を保存するように努めています。

Microsoft Edge の機能とサービスを利用すると、ユーザーによるそれらの機能の使用方法に関する診断データが Microsoft に送信されます。ブラウザーでこのデータ収集を管理するには、[設定など] > [設定] > [プライバシーとサービス] の順に選択し、[クラッシュ レポートとブラウザーの使用状況に関するデータを送信して、Microsoft 製品の改善に協力する] を有効または無効にします。これには、新しいエクスペリエンスのテストに基づくデータも含まれます。この設定の変更を完了するには、Microsoft Edge を再起動します。

Microsoft Edge は、閲覧履歴 (アクセスした Web サイトに関する情報) がデバイスに保存されます。設定に応じて、この閲覧の履歴が Microsoft に送信されます。この情報は、Microsoft の製品やサービスの問題の発見と修正、および全体的な品質向上に役立てられます。ブラウザーでこのデータ収集を管理するには、[設定など] > [設定] > [プライバシーとサービス] の順に選択し、[Microsoft Edge でアクセスした Web サイトに関する情報を送信して、検索と Microsoft 製品の改善に協力する] を有効または無効にします。この設定の変更を完了するには、Microsoft Edge を再起動します。

これらの設定を有効にすると、ビデオをストリーミングするために Microsoft Edge Web プラットフォームをホストするビデオ ストリーミング アプリなど、他のアプリケーションからMicrosoft Edge を使ってこのデータを Microsoft と共有することができます。これらのアプリケーションでは、ユーザーによる Web プラットフォームの使用方法と、ユーザーがアプリケーションでアクセスしたサイトに関する情報が Microsoft に送信されます。このデータ収集は、Microsoft Edge の [プライバシーとサービス] の [Microsoft Edge の改善にご協力ください] の設定によって決まります。

Windows 10 では、これらの設定は Windows 診断データ設定によって決まります。診断データの設定を変更するには、[スタート] > [設定] > [プライバシー] > [診断とフィードバック] の順に選択します。他のすべてのプラットフォームで Microsoft Edge の設定を変更するには、[設定など] > [設定] > [プライバシーとサービス] の順に選択します。詳しくは、「自分に合わせて適切なプライバシー設定を構成する」をご覧ください。場合によっては、診断データの設定が組織によって管理されていることがあります。

何かを検索しているとき、検索しようとしている内容の候補が Microsoft Edge に表示されることがあります。この機能を有効にするには、[設定など] > [設定] > [プライバシーとサービス] > [アドレス バー] の順に選択し、[入力した文字を使用して、検索とサイトの候補を表示する] を有効にします。入力を開始すると、アドレス バーに入力した情報が既定の検索プロバイダーに送信され、検索候補とおすすめ Web サイトがすぐに表示されます。

InPrive ブラウズやゲスト モードを使っている場合、Microsoft Edge では、Windows 診断データの設定または Microsoft Edge のプライバシーの設定に応じてユーザーによるブラウザーの使用方法に関する情報がいくらか収集されますが、自動候補はオフになり、アクセスした Web サイトに関する情報は収集されません。Microsoft Edge は、すべての InPrivate ウィンドウを閉じたときに、閲覧履歴、Cookie、サイト データだけでなく、パスワード、アドレス、フォーム データを削除します。コンピューターでは [設定など] 、モバイル デバイスでは [タブ] を選択すると、新しい InPrivate セッションを開始できます。

Microsoft Edge には、ユーザーとコンテンツをオンラインでも安全に保つための機能もあります。Windows Defender SmartScreen は、悪意のあることが報告されている Web サイトとコンテンツのダウンロードを自動的にブロックします。Windows Defender SmartScreen は、悪意のあることが報告されている Web サイトとコンテンツのダウンロードを自動的にブロックします。Windows Defender SmartScreen では、アクセスしている Web ページのアドレスが、デバイスに保存されている Web ページ アドレスの一覧と照合されチェックされます。この一覧には、Microsoft が正当と判断したアドレスが登録されています。このデバイスの一覧にないアドレスおよびダウンロードしているファイルのアドレスが Microsoft に送信され、安全でない、または疑わしいとして Microsoft に報告されている Web ページおよびダウンロードの一覧に照らしてチェックされます。この一覧は頻繁に更新されています。

Microsoft Edge では、フォームへの入力やパスワードの入力など、面倒なタスクのスピードを上げるために情報が保存されます。これらの機能を使うことを選択した場合、Microsoft Edge はデバイスに情報を保存します。住所やパスワードなどのフォームの入力の同期をオンにした場合、この情報は Microsoft クラウドに送信されて Microsoft アカウントに保存され、サインインしているすべてのバージョンの Microsoft Edge で同期されます。このデータは、[設定など] > [設定] > [プロファイル] で構成できます。

一部のビデオや音楽のコンテンツがコピーされるのを保護するため、ストリーム配信 Web サイトによっては一意の識別子 (ID) やメディア ライセンスを含む DRM (デジタル著作権管理) データがデバイスに保存されます。これらの Web サイトのいずれかにアクセスすると、コンテンツを利用する権限があることを確認するために DRM 情報が取得されます。

Microsoft Edge では、Cookie (Web サイトの閲覧時にデバイスに保存される小さいファイル) も保存されます。多くの Web サイトでは、ユーザーの好みや設定に関する情報を保存するために Cookie が使われます。たとえば、アクセスするたびにショッピング カートのアイテムを追加しなくてよいようにその情報が保存されます。Web サイトによっては、関心に基づいて広告を表示するため、オンライン アクティビティに関する情報を収集するために Cookie が使われます。Microsoft Edge には、Cookie を消去したり、今後は Cookie が保存されないように Web サイトをブロックしたりするオプションが用意されています。

Microsoft Edge は、[トラッキング拒否要求を送信する] 設定がオンになっている場合はトラッキング拒否要求を Web サイトに送信します。ただし、トラッキング拒否要求が送信されても Web サイトがアクティビティを追跡することがあります。

Microsoft Edge により収集または保存されたデータを消去する方法

保存されたパスワードや Cookie など、デバイスに保存された閲覧情報を消去するには

  1. Microsoft Edge で、[設定など] > [設定] > [プライバシーとサービス] の順に選択します。
  2. [閲覧データのクリア][クリアするデータの選択] を選択します。
  3. [時間の範囲] で、時間の範囲を選択します。
  4. 消去するデータの種類の横にあるチェック ボックスをオンにし、[今すぐクリア] を選択します。
  5. 必要に応じて [ブラウザーを閉じるたびにクリアするデータを選択する] を選択し、クリアするデータの種類を選択します。

各閲覧履歴アイテムで削除される内容について詳しく説明します

Microsoft によって収集される閲覧履歴を消去するには

  • アカウントに関連付けられている閲覧履歴を表示するには、account.microsoft.com でアカウントにログインします。さらに、Microsoft プライバシー ダッシュボードを使って、Microsoft が収集した閲覧データを消去することもできます。
  • Windows 10 デバイスに関連付けられている閲覧履歴やその他の診断データを削除するには、[スタート] > [設定] > [プライバシー] > [診断とフィードバック] の順に選択してから、[診断データを削除します][削除] を選択します。

Microsoft Edge によりデバイスに保存された個々のパスワードを消去するには

  1. Microsoft Edge で、[設定など] > [設定] > [プロファイル] の順に選択し、[パスワード] を選択します。
  2. [保存されたパスワード] で、Web サイト名の横にある [その他のアクション] を選択し、[削除] を選択してそのサイトの保存されたパスワードを消去します。

Microsoft Edge でプライバシー設定を管理する方法

追跡防止のレベルを変更したり、閲覧データを消去したり、Microsoft Edge の改善に協力したりするには、[設定など] > [設定] > [プライバシーとサービス] の順に選択します。

Web サイトが位置情報、カメラ、マイクなどを使うアクセス許可を要求できるようにするかどうかを選択するには、[設定など] > [設定] > [サイトのアクセス許可] を選択します。

デバイス間で同期されるデータの種類を選択したり、または完全に同期をオフにするには、[設定など] > [設定] > [プロファイル] > [同期] の順に選択します。