Windows Hello とプライバシー

適用対象: PrivacyWindows 10

Windows Hello の生体認証を使用すると、顔や虹彩、指紋を使用して、デバイス、アプリ、オンライン サービス、ネットワークにサインインできます。 PC またはタブレットから離れたときにそのデバイスをロックし忘れた場合に、Windows Hello では PC とペアリングされているデバイスを使って、ユーザーが Bluetooth の範囲から出た直後に自動的にそのデバイスをロックすることができます。 この機能をセットアップするには、Bluetooth を使用して電話と PC をペアリングし、設定の [動的ロック] をオンにする必要があります。 また、関連付けられている Windows Hello コンパニオン デバイスを使用して、PC やタブレットをロックすることもできます。

Windows 10 デバイスでは Windows Hello が利用可能ですが、使う必要があるわけではありません。 使うことを選んだ場合でも、顔、虹彩、指紋を特定する情報がデバイスから送信されることはないためご安心ください。 ユーザーの顔や虹彩、指紋の写真や画像がご利用のデバイスやそれ以外の場所に保存されることはありません。

収集されるデータと収集の理由

Windows Hello をセットアップすると、顔または虹彩センサー、指紋リーダーからデータが取得され、データ表現 (画像ではなくグラフのようなもの) が作成されて、デバイスに保存される前に暗号化されます。

適切な機能を維持し、不正利用を検出して防止したり、Windows Hello の改善を続けたりするため、Microsoft ではユーザーによる Windows Hello の利用方法に関する情報を収集しています。 たとえば、ユーザーが顔、虹彩、指紋、PIN のどれを使ってサインインしているか、使った回数、適切に機能したかどうかに関する情報はすべて、より優れた製品を作るために貴重な情報です。 このデータは、お客様本人を特定できる情報とは完全に切り離されており、暗号化されたうえで、Microsoft に送信されます。

Windows Hello を管理する方法

Windows Hello をオンにするには、[設定] > [アカウント] > [サインイン オプション] に移動し、Windows Hello をセットアップするためのオプションを選択します。 [サインイン オプション] に [Windows Hello] が表示されない場合、デバイスで利用できない可能性があります。

識別データを削除するには、[設定] > [アカウント] > [サインイン オプション] に移動します。 [Windows Hello] の下で、[削除] を選択します。

動的ロックを管理する方法

  1. Windows 10 PC で、[スタート] > [設定] > [アカウント] > [サインイン オプション] の順に選択します。
  2. 次に [動的ロック] の下で、[その場にいないときに Windows でデバイスを自動的にロックすることを許可する] の順に選択します。
  3. 動的ロックのセットアップには、2 つのオプションがあります。

ペアリングされると、電話を持って PC から離れると、Bluetooth の範囲から出た約 1 分後に PC が自動的にロックされます。

  • Windows Hello コンパニオン デバイス アプリを使用して、動的ロックを構成します。 このアプリは Microsoft Store で入手できます。