2019 年 10 月 25 日 - KB4522355 (OS ビルド 18362.449)

適用対象: Windows 10, version 1903Windows Server version 1903

注目点


  • 特定のタッチ モード シナリオで Microsoft ナレーターが動作しない問題を更新します。
  • サインインする前に開始するように構成しているときに、サインインした後に支援技術 (AT) (Microsoft ナレーター、拡大鏡、NVDA など) を開始する問題を更新します。 
  • 特定のシナリオで拡大鏡が動作しなくなる問題を更新し、手動で再起動する必要があります。 
  • 特定のシナリオのセッションの途中で Microsoft ナレーターが動作しなくなる問題を更新します。 
  • スクロール バーを選択できないことがある問題を更新します。 
  • デバイスをスリープ状態にならないように構成した場合でも、デバイスがスリープ (S3) 状態になることを許可する問題を更新します。 
  • ウィンドウのサイズを縮小できないことがある問題を更新します。
  • 仮想プライベート ネットワーク (VPN) に接続できない問題を更新します。
  • dpi (1 インチあたりのドット数) が高いモニターでアプリケーションのサムネイルを表示すると、画面がちらついたり、画面の表示が遅くなったりする問題を更新します。
  • 特定の条件で、フォト アプリのタイルがスタート メニューに予想よりも大きく表示される問題を更新します。 
  • サインイン画面でシステムが応答しなくなる問題を更新します。
  • 機能更新プログラムまたは品質更新プログラムをインストール後に初めてサインインするときに、黒い画面が表示されることがある問題を更新します。
  • 毎月の更新プログラムをインストールした後、特定のシナリオでスタート メニュー、Cortana の検索バー、トレイ アイコン、または Microsoft Edge が応答しなくなる問題を修正します。

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Internet Explorer を使用して、クロス オリジン リソース共有 (CORS) 要求を行って内部サブネット内でリソースをリダイレクトする場合の、Origin HTTP ヘッダーの動作に関する問題を修正します。 
  • 特定のタッチ モード シナリオで Microsoft ナレーターが動作しない問題を更新します。 
  • [このデバイスでのエクスペリエンスを続行する] グループ ポリシーが無効になっている場合の、[アカウント] ページの設定の同期に関する問題を修正します。 
  • コンピューターの簡単操作センターの設定で、サインインする前に AT の開始が要求される場合に、サインインした後に支援技術 (AT) (Microsoft ナレーター、拡大鏡、NVDA など) を開始する問題を修正します。 
  • NT 仮想 DOS マシン (NTVDM) とレガシ コンソール モードを有効にした後でアプリを開く際に表示される、エラー メッセージを修正します。 エラー メッセージは次のとおりです。「OACClearArry: Trace32 OLE オートメーションサーバーに接続できません。 エラー コード: -2147483645。」 
  • 特定のシナリオで拡大鏡が動作しなくなり、手動で再起動する必要がある問題を修正します。 
  • ノーフォーク島 (オーストラリア) のタイムゾーン情報を更新します。 
  • フィジー諸島のタイムゾーン情報を更新します。 
  • 特定のシナリオのユーザー セッションの途中で Microsoft ナレーターが停止する問題を修正します。 
  • パラメーターなしで コマンドを使用すると、既定のコマンド プロンプト ウィンドウの色を設定できない問題を修正します。 
  • アクセス制御リスト (ACL) が存在するかどうかを確認せずに、Microsoft Windows Search Indexer ( searchindexer.exe) が必要な ACL を追加または修復する問題を修正します。 
  • 「実行中のシャットダウン スクリプトを表示する」ポリシーを使用してログオフ スクリプトから起動すると、Win32 アプリケーションのコントロールが断続的に正しくレンダリングできない問題を修正します。
  • システムに多くのフォントをインストールすると、アプリケーションが応答しなくなる問題を修正します。 
  • リモート デスクトップ プロトコル (RDP) セッションから切断すると、デスクトップ ウィンドウ マネージャー (dwm.exe) の CPU 使用率が高くなる問題を修正します。 
  • ActiveX コントロールで CScrollView クラスが実装されているときに、スクロール バーを選択できないことがある問題を修正します。 この問題は、Internet Explorer ウィンドウを移動し、スクロール バーが左に移動した場合に発生します。 
  • スリープ タイマーをスリープ状態にしないように構成した場合でも、2 分間何も操作しないとシステムがスリープ (S3) 状態になる問題を修正します。 
  • ウィンドウのサイズを縮小できないことがある問題を修正します。 
  • クイック アクセス フォルダーと最近使った項目フォルダーに Microsoft SharePoint ファイル名が適切に表示されない問題を修正します。 
  • 仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を確立できない問題を修正します。 
  • dpi (1 インチあたりのドット数) が高いモニターでアプリケーションのサムネイルを表示すると、画面がちらついたり、画面の表示が遅くなったりする問題を修正します。 
  • ユーザーがファイル、リンク、およびアプリケーションを開けないようにする、ユーザーのクラス レジストリ キーに対する正しくないアクセス許可に関する問題を修正します。 
  • 特定の条件で、フォト アプリのタイルがスタート メニューに予想よりも大きく表示される問題を修正します。 
  • サインイン画面でシステムが応答しなくなる問題を修正します。 
  • Windows 10 デバイスで既定のサインイン オプションの表示に失敗する、Windows Hello for Business の多要素ロック解除ポリシーの問題を修正します。 
  • グループ ポリシーがスタート メニューのレイアウトにサブグループを適用すると、Windows Search が予期せず終了してしまう問題を修正します。 
  • DHCP LeaseTerminatesTime および LeaseObatinedTime パラメーターを正しい形式に設定すると、正しい動的ホスト構成プロトコル (DHCP) 情報を取得できない問題を修正します。
  • デバイスの診断データ設定が有効で、[基本] に設定されている場合の診断データ処理に関する問題を修正します。 
  • Microsoft User Experience Virtualization (UE-V) を使用して多くのお気に入りをローミングするときに、Internet Explorer が開かない問題を修正します。 
  • UE-V AppMonitor の信頼性を向上させる問題を修正します。 
  • Microsoft AppLocker によってアプリケーションを実行できない、またはアプリケーションが実行されずに誤検知エラーがログされることがある問題を修正します。 
  • 表示モードまたはクエリ モードの場合、netdom.exe で新しいチケット保証チケット (TGT) 委任ビットが表示されない問題を修正します。 
  • DirectAccess サーバーが大量の非ページ プール メモリ (pooltag:) を使用することがある問題を修正します。 NDnd) を使用することがある問題を修正します。 
  • ゲスト ユーザーまたは固定ユーザー プロファイルのユーザーが Windows Server にサインインおよびサインアウトするときにリークする、AppContainer ファイアウォール ルールの問題を修正します。 
  • Windows Update の統合書き込みフィルター (UWF) のサービス モードが、Windows Server Update Services (WSUS) サーバーと連携できない問題を修正します。 
  • 伝送制御プロトコル (TCP) の動的ポートがすべて使用される問題を修正します。 この問題により、動的ポートを使用するすべてのプロトコルまたは操作のネットワーク通信が失敗します。 
  • NetQueryDisplayInformation API または同等の WinNT プロバイダーを呼び出すアプリケーションとスクリプトの問題を修正します。 1 ページ目のデータ (多くの場合、50 または 100 エントリ) から後の結果が返されないことがあります。 追加のページを要求すると、エラー “1359: 内部エラーが発生しました。” が発生することがあります。 
  • RemoteApp ウィンドウにツールチップが表示された後、ウィンドウの順序が乱れる問題を修正します。 
  • 機能または品質更新プログラムをインストールした後、ユーザーが初めてサインインしたときに黒い画面が表示されないように、既知のフォルダーのアクセス制御リスト (ACL) チェックを修正します。 
  • Windows のすべての更新プログラムに対してアプリケーションとデバイスの互換性を確保できるように Windows エコシステムの互換状態を評価する処理に関する問題を修正します。 
  • オートパイロットの自己展開モードとホワイト グローブ展開の問題を修正します。
  • pszTargetName パラメーターが InitializeSecurityContext() API で正しく設定されていなかった問題を修正します。
  • 毎月の更新プログラムをインストールした後、特定のシナリオでスタート メニュー、Cortana の検索バー、トレイ アイコン、または Microsoft Edge が応答しなくなる問題を修正します。

 以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

Out of Box Experience (OOBE) 中に新しい Windows デバイスの設定中に入力方式エディター (IME) を使用すると、ローカル ユーザーを作成できないことがあります。 この問題は、中国語、日本語、または韓国語の言語で IME を使用している場合に影響することがあります。

注: この問題は、OOBE中 の Microsoft アカウントの使用には影響しません。

この問題を回避するには、ユーザーの作成時にキーボードの言語を英語に設定するか、Microsoft アカウントを使用して OOBE を完了します。 ユーザーの作成後に、キーボードの言語を優先する言語に戻すことができます。 OOBE が完了すると、デスクトップで、これらの 指示を使用して現在のユーザーの名前を変更できます。 新しいローカル ユーザーを作成する場合は、KB4026923 を参照してください。

マイクロソフトは解決に向けて取り組んでおり、2019 年 11 月後半に解決策を提供する見込みです。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4525419) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update または Microsoft Update あり [設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。
Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。
Windows Server Update Services (WSUS) あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

製品: Windows 10 Version 1903 以降

分類: 更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4522355 のファイル情報をダウンロードしてください。