現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server Update Services 3.0 SP2 用の更新プログラムは、利用可能な (KB2828185)

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2828185
概要
マイクロソフトは、Windows Server Update Services (WSUS) 3.0 Service Pack 2 (SP2) の更新プログラムをリリースしました。この資料には、更新プログラムと更新プログラムを入手する方法の内容に関する情報が含まれています。

この updatefixes を発行します。

次のような状況を考えます。
  • Windows Server 2003 SP2、Windows Server 2008 SP2、または Windows Server 2008 R2 SP1 は、Windows Server Update Services (WSUS) サーバーが実行されています。
  • WSUS サーバー上のソフトウェア更新プログラムのメタデータを同期するのにには、Wsusutil.exe コマンド ライン ツールを使用します。たとえば、次のコマンドを実行します。
    wsusutil.exe export export.cab export.log
  • コマンドがエラーなく完了し、パッケージ ファイル (.cab のエクスポート) をエクスポートします。
このシナリオでのエクスポートの .cab ファイルのサイズが 0 キロバイト (KB) として表示されます。

この問題は、エクスポートされた CAB ファイル内の metadata.txt ファイルが 2 ギガバイト (GB) の制限を超えるために発生します。

この問題、この資料に記載されているインストールの更新プログラムを解決します。次に、GZIP ファイル形式を使用して更新プログラムのメタデータをインポートまたはエクスポートするのには次の構文を使用します。
wsusutil.exe エクスポート export.xml.gz export.log
wsusutil.exe インポート import.xml.gz import.log
この問題に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2819484 Wsusutil.exe コマンドを使用してエクスポートされる CAB ファイルは、Windows Server 2012 ベースの WSUS サーバーで 0 KB として表示されます。

この更新プログラムには、以下の修正プログラムも含まれています。
  • 2530678 WSUS 3.0 SP2 には、.NET Framework 4 がインストールされている場合、system Center 更新プログラムの発行元が、コンピューターにカスタマイズ更新プログラムを発行しません。
  • 2530709 「メタデータのみ」の更新の有効期限が切れてまたは WSUS 3.0 SP2 で変更されたことはできません
  • 2720211 Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 用の更新プログラムが利用可能です
  • 2734608 Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 用の更新プログラムが利用可能です

注:
  • この更新プログラムには、2720211 および 2734608 が含まれます。これらの updatesstrengthen、WSUS 通信チャネルです。
  • この WSUS サーバーによって管理されているコンピューターに Windows 更新エージェント (WUA) は、この更新プログラムを適用した後に自動的にアップグレードされます。
  • WSUS は、この更新プログラムを適用するのには正常に動作する必要があります。WSUS が Microsoft Update からの更新プログラムを同期するように構成されている場合は、WSUS が更新プログラムを同期できることを確認してください。さらにクライアントは、WSUS サーバーと通信できる必要があります。

    WSUS サーバー上の基本的な稼働状態チェックを実行する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

この更新プログラムを適用する方法

この更新プログラムを適用した後は、すべての WSUS サーバーを同期することをお勧めします。WSUS サーバーの階層がある場合は場合、は、この更新プログラムを適用し、階層の一番下の階層の最上部からサーバーを同期し、します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft Update との同期を WSUS 3.0 SP2 では、コンポーネントを起動します。
  2. WSUS 3.0 SP2 サーバーの階層の最上位にあるサーバーに更新プログラム 2828185 を適用します。
  3. サーバーを同期します。
  4. (階層の一番下の階層の一番上) から階層の最上位にあるサーバーとの同期を WSUS 3.0 SP2 サーバーに対して、手順 2 ~ 3 を繰り返します。

この更新プログラムに関する既知の問題

  • WSUS コンソールをリモートからローカルの発行機能を使用する場合は、リモート WSUS コンソールのすべてのこの更新プログラムを適用する必要があります。これは、コンソールの API のバージョンが一致しているかどうかを確認します。
  • 再署名し、この更新プログラムを適用した後、ローカルの更新プログラムをすべてを再発行しました。再署名し、ローカルの更新プログラムを再公開、SHA1 では、少なくとも 1024年キー長の証明書が必要です。更新プログラムをローカルで発行する方法の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。
  • あとには、WSUS サーバーに更新プログラムを適用、WSUS 3.0 SP2 で Windows 8 または Windows Server 2012 のクライアントを同期するのには次の手順に従います。
    1. Windows クライアント上で管理者特権モードでは、cmd.exe を開きます。
    2. 次のコマンドを入力します。ある各コマンドを入力した後 Enter キーを押して確認してください。

      net stop wuauserv

      rd/s %windir%\softwaredistribution\

      net start wuauserv
  • 環境内の次の条件に当てはまる場合、HTTPS 検査サーバーで例外ルールを作成する必要があります。トンネリングする場合に Windows の更新プログラムのトラフィックが検査されないように、これを実行する必要があります。
    • ネットワーク プロキシを Windows Update に接続します。
    • ネットワーク ・ プロキシーは、検査して HTTPS または SSL を使用します。
    • SSL トラフィックが、クライアントの更新プログラムと Microsoft の中間サーバーがあります。

    HTTPS 検査例外の Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) を作成する方法に関する詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。Url とドメインが、HTTPS 検査から除外する一連の挙動は、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
    885819 ISA Server を実行するサーバーを Windows の更新プログラムのバージョン 6 の web サイトにアクセスするときに問題が発生します。
  • この更新プログラムに含まれている実行可能ファイルを手動でインストールする場合は、更新プログラムを適用するコンピューターを再起動する必要です。
  • リモートの Microsoft SQL Server の管理者は、ダウンロードして、SQL Server 管理者のアクセス許可を持つアカウントを使用して更新プログラムをインストールする必要があります。SQL Server を手動でインストールする必要がありますは常にします。
  • この更新プログラムを適用するには、必要があります、Windows 内部データベースまたは SQL Server を実行します。
  • データベースがネットワーク負荷分散 (NLB) クラスターのアップグレード中にアクセスされることを防ぐためには、インターネット インフォメーション サービス (IIS) と WSUS サービスを停止します。NLB クラスターをアップグレードする方法の詳細については、「NLB をアップグレードする方法は、すべてのコンピューターでクラスター」を参照してください。

すべてのコンピューター上の NLB クラスターをアップグレードする方法

  1. NLB クラスター内の各ノードの NLB サービスをシャット ダウンします。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

    注: <b>次の手順でコマンド プロンプトを入力するたびにした後 ENTER キーを押します。
    nlb.exe suspend
  2. IIS と WSUS のサービスをシャット ダウンします。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    iisreset/stop

    net stop wsusservice
  3. その他のサービスにアクセスできるない SQL Server データベース、NLB クラスターのアップグレード プロセス中に確認します。これを行うには、 nlb.exe を無効にすると、ポートまたはアプリケーションの適切な追加のパラメーターをコマンド プロンプトを入力してください。
    disable {vip[{:Port | :all}] | all[{:Port | :all}]} {Cluster[:{Host]| all {local | global<AngularNoBind>}}</AngularNoBind>}

  4. SQL Server データベースをバックアップします。SQL Server データベースをバックアップする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  5. Individuallyupgrade 各フロント エンド サーバーのコンピューター。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. WSUS を設定し、更新プログラム 2828185 をインストールします。これを行うには、お使いのシステムに応じて、コマンド プロンプトで次のコマンドのいずれかを入力します。
      • WSUS-KB2828185-x64.exe/q C:\MySetup.log
      • WSUS-KB2828185-x86.exe/q C:\MySetup.log

      あとでは、更新プログラムがインストールされている場合にプロンプトを表示しません。
    2. アップグレードが正常に完了したことを確認するのにはセットアップ ログを参照してください。これを行うには、次のように入力します。C:\MySetup.logコマンド プロンプトです。
    3. IIS と WSUS サービスが停止したことを確認します。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      iisreset/stop

      net stop wsusservice
    4. 各フロント エンド サーバーのコンピューターに手順 A から C を繰り返します。
  6. すべてのノードをアップグレードした後は、IIS と WSUS のサービスを開始します。これを行うには、コマンド プロンプトでiisresetを入力し、NLB クラスターの各ノードでネット開始 wsusserviceを入力します。
  7. NLB クラスターの各ノードは、NLB サービスを開始します。これを行うには、するには、コマンド プロンプトで「 nlb.exe の再開」と入力します。
  8. Nlb.exe を有効にするすべてのポートまたは手順 3 で無効にしたアプリケーションのコマンド プロンプトに入力します。

更新プログラムの情報

次のファイルはマイクロソフト ダウンロード センターからダウンロードできます。

3.0 SP2 の Windows Server Update Services 用の更新プログラム (KB2828185)
3.0 SP2 の Windows Server Update Services の更新プログラムを x64 ベースのシステム (KB2828185)

必要条件

この更新プログラムを適用するためには、Windows Server Update Services 3.0 SP2 がインストールされている必要があります。

3.0 の Windows Server Update Services Service Pack 2 については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
972455 Windows Server Update Services の説明は、3.0 Service Pack 2 を

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

関連情報
Windows Server Update Services の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2828185 - 最終更新日: 06/11/2016 19:55:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2

  • kbfix atdownload kbbug kbsurveynew kbexpertiseinter kbupdate kbmt KB2828185 KbMtja
フィードバック
varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write(" body>