[FIX].NET_Framework_2.0_SP2-based アプリケーションが zero-length のコンテンツを持つ応答を ASP.NET Web サービスの非同期要求を処理しようとすると ArgumentNullException の例外がエラー メッセージ:「の値は Null にできません」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:973136
現象
以下のシナリオを考えます:
  • マイクロソフトは、ASP.NET Web サービスのクライアント コンポーネントを使って、Web サービスを呼び出して .NET Framework 2. 0 SP2 ベースのアプリケーションを実行します。たとえば、Wsdl.exe によっては、アプリケーションのコードを生成またはアプリケーションでは、SoapHttpClientProtocol クラスを呼び出します。
  • クライアント Web サービスの呼び出しを非同期に呼び出します。
  • クライアント要求をサーバーに送信します。
  • Web サービスは長さ 0 のコンテンツを含む応答を返します。
Web サービスがこの応答を処理しようとするとこのシナリオでは、次のエラー メッセージ together with、System.ArgumentNullException 例外がスローされます。
値を null にすることはできません。
メモクライアント Web サービスの呼び出しを同期的に呼び出すと、この問題は発生しません。
解決方法
マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。

この修正プログラムをダウンロードするのには、次のマイクロソフトの Web 接続サイトを参照してください。

前提条件

.NET Framework 2. 0 Service Pack 2 (SP2) が必要か、.NET Framework 3. 5 SP1 をインストールしてこの修正プログラムを適用するのには。

再起動の要件

この修正プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。 これらのファイルの日時を世界協定時刻が表示されます (UTC)。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
System.web.services.dll2.0.50727.4055839,68017-7 月-2009 年09: 22

状況
マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:973136 - 最終更新日: 04/30/2010 06:08:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2, Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1

  • kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB973136 KbMtja
フィードバック