Microsoft Edge のインストールと更新に関するトラブルシューティングのヒント

注: この記事は、新しい Microsoft Edge を対象としています。 旧バージョンの Microsoft Edgeのヘルプを表示します。

新しい Microsoft Edge のダウンロード、インストール、更新に関する問題が発生した場合は、次の操作を実行してみてください。 ヒントは順番に記載されています。最初のヒントから始めて役に立ったかどうかを確認し、役に立っていない場合は次のヒントに進んでください。 

1. オペレーティングシステムを確認する

現在、Microsoft Edge は Windows 10、Windows 8 と 8.1、Windows 7 で利用できます (32 ビット (x86) 版と 64-ビット (x64) 版のどちらでも利用可能)。 MacOS 10.12 シエラレオネ以降、Linux でも利用できます。

2. ネットワーク接続を確認する

  1. ネットワーク接続を確認します。 詳しくは、「Windows のネットワーク接続の問題を解決する」をご覧ください。

  2. VPN を確認します。 VPN を使用しているときに 403 エラーが発生した場合は、VPN が原因で Microsoft Edge が正常にダウンロードされなくなる可能性があります。 Microsoft Edge のダウンロードとインストールを実行するときは、一時的に VPN から切断してみてください。

3. 信頼済みサイトを確認する

Internet Explorer を使用して Microsoft Edge をダウンロードするとき、場合によっては、officeapps.live.com をブラウザーの信頼済みサイトの一覧に追加する必要があります。

  1. Internet Explorer で、[ツール]  > [インターネット オプション] の順に選択します。

  2. [セキュリティ] タブを選択し、[信頼済みサイト] (緑色のチェックマークが付いています) > [サイト] の順に選択します。

  3. [この Web サイトをゾーンに追加する] で、「https://officeapps.live.com」と入力し、[追加] を選んでから [閉じる] を選択します。

  4. Microsoft Edge のダウンロードと再インストールを続行します。

4. Microsoft Edge を再インストールしてみます。

Windows ユーザーの場合は、再インストールの前に Microsoft Edge をアンインストールする必要はありません。 また、再インストールが完了すると、履歴、Cookie、設定も復元されます。

Mac または Linux をお使いの場合は、再インストールする前に Microsoft Edge をアンインストールする必要があります。また、再インストール後に、履歴、cookie、設定は復元されません。

Mac ユーザーの場合に Microsoft Edge をアンインストールする方法を説明します。

  1. Finder を開き、[アプリケーション] フォルダーで [Microsoft Edge] を選択します。

  2. [ファイル] > [ゴミ箱に入れる] の順に選択します。

Linux をお使いの場合は、Microsoft Edge をアンインストールする方法を次に示します。

次の Linux distros については、ターミナルウィンドウで [アンインストール] コマンドを実行します。 

  • Debian/Ubuntu (deb): sudo での microsoft edge-開発者の削除

  • Fedora (rpm): sudo dnf microsoft edge-デベロッパーの削除

  • openSUSE (rpm): microsoft edge を削除するにあたり、sudo-ypzyp

Windows ユーザーまたは Mac ユーザーの場合に共通する、Microsoft Edge の再インストール方法を説明します。

  1. 使用している任意のブラウザーを開きます (注意: Windows ユーザーであり、Microsoft Edge が現在機能していない場合、Internet Explorer を開くには、タスク バーの検索ボックスに「IE」と入力し、検索結果から [Internet Explorer] を選択します。 または、キーボードの Windows ロゴ キー  を押して、検索バーに「IE」と入力します)。

  2. Www.microsoft.com/edgeにアクセスして、microsoft edge をダウンロードして再インストールします。

5. コンピューターを再起動する

問題がまだ発生する場合は、コンピューターを再起動してから、Microsoft Edge をもう一度インストールしてみてください。 コンピューターを再起動するには、[スタート]  > [電源]  > [再起動]  の順に選択します。

6. サポートに問い合わせる

それでも問題が解決されない場合は、 サポートチームにお問い合わせください。

7. 特定のエラーコードまたは問題に関するヘルプ

エラーメッセージまたは問題

対処方法

エラー 4

コンピューターに、より新しいバージョンの Microsoft Edge が既にインストールされています。

エラー 7 または  

0x80004002、0x80004005、0x80040902、

または  

インストール中に問題が発生しました。 後でもう一度お試しください。

  1. コンピューターの [ダウンロード] フォルダーを開いて、そのフォルダーから MicrosoftEdgeSetup.exe を実行してみてください。

  2. インストーラーが見つからない場合は、Microsoft Edge をダウンロードして再インストールします。

  3. エラーが引き続き発生する場合は、コンピューターを再起動して、Microsoft Edge を再インストールします。

エラー 12

  1. Microsoft Edge をインストールするための十分な空き領域がハード ディスクにあることを確認してください。 ディスク領域を増やすには、不要になったプログラムをアンインストールするか、ディスク クリーンアップを使用します。

    1. キーボードの Windows ロゴ キー  を押しながら R キーを押します。

    2. [名前] ボックスに「cleanmgr」と入力し、[OK] を選択します。

    3. 表示されるディスク クリーンアップの手順に従って、空きディスク領域を増やします。

  2. Www.microsoft.com/edgeにアクセスして、microsoft edge をダウンロードして再インストールします。

エラー 0x80040154

Microsoft Edge のファイルが壊れている可能性があります。 Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

エラー0x80040710 または
0xa0430721

  1. 別のインストール、更新、またはアンインストールが進行中です。 誤ってインストーラーを 2 回起動した場合は、どちらか一方のインストーラーを閉じてください。

  2. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  3. エラーが引き続き発生する場合は、コンピューターを再起動してから、もう一度お試しください。 コンピューターを再起動するには、[スタート]  > [電源]  > [再起動]  の順に選択します。

エラー 0x80070583

  1. 数分待ってから、もう一度お試しください。 

  2. エラーが引き続き発生する場合は、コンピューターを再起動してから、もう一度お試しください。 

エラー0x80072ee2 または
0x80072ee7
または
0x80072f8f
または
インターネットに接続できません

  1. まず、ネットワーク接続とネットワーク アダプターの設定を確認します

  2. Microsoft Edge Update がファイアウォールによってブロックされている可能性があります。 トラブルシューティングを行うには:

    1. Windows セキュリティ設定

    2. [ファイアウォールとネットワーク保護] > [ファイアウォールによるアプリケーションの許可] の順に選択します。

    3. [設定の変更] > [別のアプリの許可] の順に選択します。

    4. 64 ビット コンピューターの場合は “%ProgramFiles(x86)%\Microsoft\EdgeUpdate\<バージョン>\MicrosoftEdgeUpdate.exe” を追加し、32 ビット コンピューターの場合は “%ProgramFiles(x86)%\Microsoft\EdgeUpdate\\MicrosoftEdgeUpdate.exe を追加します。<バージョン> には、"Edge Update" フォルダー内で最も大きなバージョン番号を指定します。 たとえば、“%ProgramFiles(x86)%\Microsoft\EdgeUpdate\1.3.111.19\MicrosoftEdgeUpdate.exe” のように指定します。

  3. バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) が有効になっていることを確認します。

    1. タスク バーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、検索結果から [コントロール パネル] を選択します。

    2. [システムとセキュリティ] > [管理ツール] の順に選択し、一覧から [サービス] を選び、一覧から [バックグラウンド インテリジェント転送サービス] を選びます。

    3. [全般] タブの [スタートアップの種類] で、[自動 (遅延開始)] を選択し、[OK] を選択します。

  4. これらの設定を更新しても問題が解決しない場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください

エラー 0x80080005

  1. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  2. このエラーが引き続き発生する場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

ダウンロードされたインストーラーをキャッシュできませんでした。 エラー: 0xa043050d

  • インストーラーの一部のファイルがコンピューターから削除されました。 Www.microsoft.com/edgeにアクセスし、microsoft edge をもう一度ダウンロードしてから、再インストールします。

  • エラーが引き続き発生する場合は、ウイルス対策ソフトウェアが Microsoft Edge をブロックしているかどうかを確認してください。

インストーラーを開始できませんでした。

  1. Microsoft Edge をインストールするための十分な空き領域がハード ドライブにあることを確認してください。 空き領域を増やすには、不要になったプログラムをアンインストールするか、ディスク クリーンアップを使用します。

    1. キーボードの Windows ロゴ キー  を押しながら R キーを押します。

    2. Cleanmgr.exe」と入力して、enter キーを押します。

    3. 画面に表示される手順に従って、空きディスク領域を増やします。

  2. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  3. このエラーが引き続き発生する場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

現在、更新ツールが実行中です。 数分後に最新の情報に更新して、もう一度確認してください。

Microsoft Edge は既に更新プログラムを実行しています。 数分待ってから、もう一度お試しください。

エラーメッセージまたは問題

対処方法

Microsoft AutoUpdate はビジー状態です。 Microsoft Office 製品の更新プログラムが保留中になっている可能性があります。 後でもう一度お試しください。

  1. [Microsoft Edge について] ページで、[Microsoft AutoUpdate を開く] を選択するか、Microsoft AutoUpdate を手動で開きます。

  2. 保留中になっている Microsoft Office 製品の更新プログラムをインストールします。

  3. Microsoft edge については、microsoft AutoUpdate の更新プログラムを確認するか、[設定] に移動して、microsoft Edge についての > の >設定を確認してください。 About Microsoft Edge

更新プログラムを確認できませんでした。 現在ネットワークに接続されていません。

ネットワークに接続されていません。 インターネットに接続していることを確認します。

申し訳ございません。 Microsoft Edge の更新プログラムを確認できませんでした。

  1. インターネットに接続していることを確認します。

  2. [ Microsoft Edge のバージョン情報] ページで [ Microsoft autoupdate を開く] を選ぶか、microsoft autoupdate を手動で開きます。 システムによって問題が検出された場合は、画面に表示される指示に従って解決します。  また、「 Office For Mac を自動的に更新する」を参照してください。

ダウンロードした更新プログラムは適用されませんでした。 後でやり直してください。

  1. インターネットに接続していることを確認します。

  2. 利用可能な更新プログラムの確認とダウンロードを行うために、1 時間後に、[Microsoft Edge] > [Microsoft Edge について] の順に選択し、もう一度更新してみてください。

Microsoft Edge は正常に更新されませんでした。

  1. インターネットに接続していることを確認します。

  2. 1 時間待ってから、[Microsoft Edge] > [Microsoft Edge について] の順に選択し、もう一度更新してみてください。

  3. 引き続き問題が発生する場合は、Microsoft AutoUpdate が正常に動作していることを確認してください。

    1. [ Microsoft Edge のバージョン情報 ] ページで、[ Microsoft Update を開く ] または [microsoft AutoUpdate を手動で開く] を選びます。 システムによって問題が検出された場合は、画面に表示される指示に従って解決します。  「Microsoft AutoUpdate のヘルプについては、 Office For Mac を自動的に更新 する」もご覧ください。

更新プログラムを正常にダウンロードできませんでした。 後でやり直してください。

更新プログラムのダウンロードに時間がかかりすぎているか、Microsoft AutoUpdate で他の更新作業が実行中です。 1 時間以内に更新通知が表示されない場合は、[Microsoft Edge] > [Microsoft Edge について] の順に選択して、もう一度更新してみてください。

Microsoft Edge は最新のビルドに更新されていません。
または
アプリで Microsoft AutoUpdate の登録に失敗しました。

場合によっては、Microsoft AutoUpdate の更新が必要になります。 最新リリースを確認してダウンロードするには、「 Microsoft AutoUpdate のリリース履歴」を参照してください。

インストール後に Microsoft Edge が見つからない

  1. Command キーを押しながら、Space キーを押して、Spotlight を起動します。

  2. 検索ボックスに「edge」と入力します。

  3. 検索バーに [Microsoft Edge] が表示されている場合は、それを選択して Microsoft Edge を起動します。

  4. 検索バーに表示されない場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

Microsoft AutoUpdate を手動で開く方法

  1. デスクトップまたは Finder ウィンドウで、Command + Shift + G キーを押します。

  2. /Library/Application Support/Microsoft/MAU2.0」と入力します。

  3. [Microsoft AutoUpdate] を選択します。

エラーメッセージまたは問題

対処方法

エラー 4

コンピューターに、より新しいバージョンの Microsoft Edge が既にインストールされています。

エラー 7 または  

0x80004002、0x80004005、0x80040902、

または  

インストール中に問題が発生しました。 後でもう一度お試しください。

  1. コンピューターの [ダウンロード] フォルダーを開いて、そのフォルダーから MicrosoftEdgeSetup.exe を実行してみてください。

  2. インストーラーが見つからない場合は、Microsoft Edge をダウンロードして再インストールします。

  3. エラーが引き続き発生する場合は、コンピューターを再起動して、Microsoft Edge を再インストールします。

エラー 12

  1. Microsoft Edge をインストールするための十分な空き領域がハード ディスクにあることを確認してください。 空き領域を増やすには、不要になったプログラムをアンインストールするか、ディスク クリーンアップを使用します。

    1. キーボードの Windows ロゴ キー  を押しながら R キーを押します。

    2. cleanmgr」と入力し、Enter キーを押します。

    3. 表示されるディスク クリーンアップの手順に従って、空きディスク領域を増やします。

  2. Www.microsoft.com/edgeにアクセスして、microsoft edge をダウンロードして再インストールします。

エラー 0x80040154

Microsoft Edge のインストール ファイルが壊れている可能性があります。 Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

エラー0x80040710 または
0xa0430721

  1. 別のインストール、更新、またはアンインストールが進行中です。 誤って Microsoft Edge のインストーラーを 2 回起動した場合は、どちらか一方のインストーラーを閉じてください。

  2. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  3. エラーが引き続き発生する場合は、コンピューターを再起動してから、もう一度お試しください。

エラー0x80072ee2 または
0x80072ee7
または
0x80072f8f
または
インターネットに接続できません

  1. まず、ネットワーク接続とネットワーク アダプターの設定を確認します

  2. Microsoft Edge Update がファイアウォールによってブロックされている可能性があります。 トラブルシューティングを行うには:

    1. [スタート] を右クリックします。

    2. [コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] の順に選択し、[Windows ファイアウォール][Windows ファイアウォールによるアプリケーションの許可] を選択します。

    3. [設定の変更] > [別のアプリの許可] の順に選択し、[参照] を選択します。

    4. 64 ビット コンピューターの場合は “%ProgramFiles(x86)%\Microsoft\EdgeUpdate\<バージョン>\MicrosoftEdgeUpdate.exe” を追加し、32 ビット コンピューターの場合は “%ProgramFiles%\Microsoft\EdgeUpdate\<バージョン>\MicrosoftEdgeUpdate.exe” を追加します。"<バージョン>" には、"Edge Update" フォルダー内で最も大きなバージョン番号を指定します。 たとえば、“%ProgramFiles(x86)%\Microsoft\EdgeUpdate\1.3.99.7\MicrosoftEdgeUpdate.exe” のように指定します。

  3. バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) が有効になっていることを確認します。

    1. [コントロール パネル] で、[管理ツール] > [サービス] の順に選択し、一覧から [バックグラウンド インテリジェント転送サービス] を選択します。
      ]5d. [全般] セクションで、[スタートアップの種類] [自動 (遅延開始)] に変更します。

  4. エラーが引き続き発生する場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

エラー 0x80080005

  1. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  2. このエラーが引き続き発生する場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

ダウンロードされたインストーラーをキャッシュできませんでした。 エラー: 0xa043050d

  • インストーラーの一部のファイルがコンピューターから削除されました。 Www.microsoft.com/edgeにアクセスし、microsoft edge をもう一度ダウンロードしてから、再インストールします。

  • エラーが引き続き発生する場合は、ウイルス対策ソフトウェアが Microsoft Edge をブロックしているかどうかを確認してください。

インストーラーを開始できませんでした。

  1. Microsoft Edge をインストールするための十分な空き領域がハード ドライブにあることを確認してください。 空き領域を増やすには、不要になったプログラムをアンインストールするか、ディスク クリーンアップを使用します。

    1. キーボードの Windows ロゴ キー  を押しながら R キーを押します。

    2. Cleanmgr.exe」と入力して、enter キーを押します。

    3. 画面に表示される手順に従って、空きディスク領域を増やします。

  2. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  3. このエラーが引き続き発生する場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

現在、更新ツールが実行中です。 数分後に最新の情報に更新して、もう一度確認してください。

Microsoft Edge は既に更新プログラムを実行しています。 数分待ってから、もう一度確認してください。

エラーメッセージまたは問題

対処方法

エラー 4

コンピューターに、より新しいバージョンの Microsoft Edge が既にインストールされています。

エラー 7 または  

0x80004002、0x80004005、0x80040902、

または  

インストール中に問題が発生しました。 後でもう一度お試しください。

  1. コンピューターの [ダウンロード] フォルダーを開いて、そのフォルダーから MicrosoftEdgeSetup.exe を実行してみてください。

  2. インストーラーが見つからない場合は、Microsoft Edge をダウンロードして再インストールします。

  3. エラーが引き続き発生する場合は、コンピューターを再起動して、Microsoft Edge を再インストールします。

エラー 12

  1. Microsoft Edge をインストールするための十分な空き領域がハード ディスクにあることを確認してください。 空き領域を増やすには、不要になったプログラムをアンインストールするか、ディスク クリーンアップを使用します。

    1. [スタート >すべてのプログラム>アクセサリ]>システムツール>ディスククリーンアップを選択します。

    2. C ドライブを選び、[ OK]を選びます。

    3. 削除するアイテムをオンにします。 ダウンロードされたプログラムファイルtemporary Internet Filestemporary files、およびごみ箱は、通常、削除しても安全です。

    4. [OK] を選択します。

    5. [ファイルの削除] を選択します。

  2. Www.microsoft.com/edgeにアクセスして、microsoft edge をダウンロードして再インストールします。

エラー 0x80040154

Microsoft Edge のインストール ファイルが壊れている可能性があります。 Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

エラー0x80040710 または
0xa0430721

  1. 別のインストール、更新、またはアンインストールが進行中です。 誤って Microsoft Edge のインストーラーを 2 回起動した場合は、どちらか一方のインストーラーを閉じてください。

  2. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  3. エラーが引き続き発生する場合は、コンピューターを再起動してから、もう一度お試しください。

エラー0x80072ee2 または
0x80072ee7
または
0x80072f8f
または
インターネットに接続できません

  1. まず、ネットワーク接続とネットワーク アダプターの設定を確認します

  2. Microsoft Edge Update がファイアウォールによってブロックされている可能性があります。 トラブルシューティングを行うには:

    1. [スタート>コントロールパネル> [システムと セキュリティ]、[ windows ファイアウォール] の順に選択して、[ windows ファイアウォールを介したアプリの許可] を選択します。

    2. [設定の変更] > [別のアプリの許可] の順に選択し、[参照] を選択します。 64 ビット コンピューターの場合は “%ProgramFiles(x86)%\Microsoft\EdgeUpdate\<バージョン>\MicrosoftEdgeUpdate.exe” を追加し、32 ビット コンピューターの場合は “%ProgramFiles%\Microsoft\EdgeUpdate\<バージョン>\MicrosoftEdgeUpdate.exe” を追加します。"<バージョン>" には、"Edge Update" フォルダー内で最も大きなバージョン番号を指定します。 たとえば、“%ProgramFiles(x86)%\Microsoft\EdgeUpdate\1.3.99.7\MicrosoftEdgeUpdate.exe” のように指定します。

  3. バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) が有効になっていることを確認します。

    1. [スタート >コントロールパネル] >管理ツール>サービス] の順に選択して、一覧から [バックグラウンドインテリジェント転送サービス] を選びます。

    2. [全般] セクションで、[スタートアップの種類] [自動 (遅延開始)] に変更します。

  4. エラーが引き続き発生する場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

エラー 0x80080005

  1. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  2. このエラーが引き続き発生する場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

ダウンロードされたインストーラーをキャッシュできませんでした。 エラー: 0xa043050d

  • インストーラーの一部のファイルがコンピューターから削除されました。 Www.microsoft.com/edgeにアクセスし、microsoft edge をもう一度ダウンロードしてから、再インストールします。

  • エラーが引き続き発生する場合は、ウイルス対策ソフトウェアが Microsoft Edge をブロックしているかどうかを確認してください。

インストーラーを開始できませんでした。

  1. Microsoft Edge をインストールするための十分な空き領域がハード ドライブにあることを確認してください。 空き領域を増やすには、不要になったプログラムをアンインストールするか、ディスク クリーンアップを使用します。

    1. キーボードの Windows ロゴ キー  を押しながら R キーを押します。

    2. Cleanmgr.exe」と入力して、enter キーを押します。

    3. 画面に表示される手順に従って、空きディスク領域を増やします。

  2. 数分待ってから、もう一度お試しください。

  3. このエラーが引き続き発生する場合は、Microsoft Edge を再インストールしてみてください。

現在、更新ツールが実行中です。 数分後に最新の情報に更新して、もう一度確認してください。

Microsoft Edge は既に更新プログラムを実行しています。 数分待ってから、もう一度確認してください。

エラーメッセージまたは問題

対処方法

rpm/deb パッケージのインストールに失敗する

システムのパッケージ情報が最新の状態であることを確認します。 最新のパッケージ情報を取得するには、次のコマンドを実行します。

  • Debian/Ubuntu: sudo での更新

  • Fedora の場合: sudo dnf update

  • OpenSUSE:更新ごとに sudo-ypzyp

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×