スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams の PowerPoint Live セッションに参加する

装飾アイコン。 スクリーン リーダーのコンテンツ

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」を参照してください。

Microsoft Teams の PowerPoint Live をキーボードとスクリーン リーダーで使用し、会議に出席して参加します。 ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしましたが、一般的なアクセシビリティ基準および手法に従っているものであれば、他のスクリーン リーダーでもお使いいただける可能性があります。

先のことを確認する方法や、プレゼンテーションの前のスライドを参照する方法を説明します。 また、ハイ コントラスト ビューに切り替えて、ライブの絵文字リアクションを発表者に送信する方法についても説明します。

注: 

このトピックの内容は以下のとおりです。

Microsoft Teams のレイアウトで PowerPoint Live を使う

Microsoft Teams の PowerPoint Live は、まったく新しいリモートのプレゼンテーションと会議のエクスペリエンスです。 PowerPoint の豊富なプレゼンテーション機能と Microsoft Teams のスムーズなコラボレーション機能をお楽しみいただけます。 

また、強化されたプライバシーの恩恵を受け、発表者に何も依頼せずに支援技術を使用することもできます。

Microsoft Teams 会議では、画面中央のメイン コンテンツ領域に現在提示されているスライドが表示されます。 スライドの下に、次のボタンを含む PowerPoint Live ツール バーがあります。

  • プレゼンテーションを前後に移動するための左側のスライド ナビゲーション ボタン

  • 発表者が現在表示しているスライドに戻るための [発表者に同期] ボタン。 このボタンは、発表者の現在のスライドから移動したときに使用できます。

  • スライド ショー ビューからグリッド ビューに切り替えるためのボタン

  • 追加オプションを表示するための [その他のアクション] ボタン

一般的な Microsoft Teams のレイアウトについては、「スクリーン リーダーを使用した Microsoft Teams のレイアウトの説明」を参照してください。

Microsoft Teams で PowerPoint Live を開いたり閉じたりする 

Microsoft Teams で PowerPoint Live を開くために必要なのは、発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議に参加することだけです。 その後、PowerPoint Live コントロールが Microsoft Teams 会議ビューで自動的に使用できるようになります。 また、会議を退出すると、Microsoft Teams が閉じるときに PowerPoint Live プレゼンテーションが閉じます。

Microsoft Teams 会議に参加または退出する方法については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams の会議に参加する」を参照してください。

ハイ コントラスト ビューに変更する

  1. 発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議で、「その他のアクション」と聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  2. 「スライドをハイ コントラストで表示」と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

スライドの内容を読む

スライド内を移動すると、スクリーン リーダーによってスライド番号とタイトルが自動的に読み上されます。 スライドの内容全体を読み上するには、次の手順に従います。 

  1. 発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議で、スライドの見出し、続いて「現在のスライド ウィンドウ」と現在のスライド番号が聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 現在、プレゼンテーションのスライド コンテンツに焦点が当てられています。

  2. ナレーターを使用して、スキャン モードをオンに切り替えます。 JAWS と NVDA を使用して、仮想ブラウザーに切り替えます。

  3. スライドの内容を読むには、下方向キーを繰り返し押します。 スクリーン リーダーがスライドの内容と形式をアナウンスします。

前または次のスライドに移動

発表者にスライドに移動するように依頼しなくても、次のスライドにスキップしたり、前のスライドに戻ったりすることができます。 スライドは自分のペースで閲覧でき、プレゼンテーションにはまったく影響しません。

  1. 発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議で、次の 1 つ以上を実行します。

    • プレゼンテーションの次のスライドに移動するには、「進む」と聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 前のスライドに移動するには、「戻る」と聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 発表者が現在提示しているスライドに移動するには、「ライブ、発表者に同期」と聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Enter キーを押します。

絵文字と反応する

  1. Microsoft Teams 会議で、次のように聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します:「会議のコントロール」。

  2. 「反応するか手を上げる」と聞こえるまで、左、右、上、または下方向キーを押して、Enter キーを押します。

  3. 反応したい絵文字が聞こえるまで、左、右、上、または下方向キーを押します。

  4. 反応を送信するには、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams で PowerPoint Live と共有および共同プレゼンテーションします

Microsoft Teams のアクセシビリティ機能を利用して、会議やライブ イベントのエクスペリエンスを向上させます

Microsoft Teams のアクセシビリティの概要

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams の会議に参加する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft 365 でアクセシビリティ機能を使用するデバイスを設定する

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams を探索し移動する

Microsoft Teams の PowerPoint Live をキーボードと組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver で使用し、会議に出席して参加します。

先のことを確認する方法や、プレゼンテーションの前のスライドを参照する方法を説明します。 また、ハイ コントラスト ビューに切り替えて、ライブの絵文字リアクションを発表者に送信する方法についても説明します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

このトピックの内容は以下のとおりです。

Microsoft Teams のレイアウトで PowerPoint Live を使う

Microsoft Teams の PowerPoint Live は、まったく新しいリモートのプレゼンテーションと会議のエクスペリエンスです。 PowerPoint の豊富なプレゼンテーション機能と Microsoft Teams のスムーズなコラボレーション機能をお楽しみいただけます。 

また、強化されたプライバシーの恩恵を受け、発表者に何も依頼せずに支援技術を使用することもできます。

Microsoft Teams 会議では、画面中央のメイン コンテンツ領域に現在提示されているスライドが表示されます。 スライドの下に、次のボタンを含む PowerPoint Live ツール バーがあります。

  • プレゼンテーションを前後に移動するための左側のスライド ナビゲーション ボタン

  • 発表者が現在表示しているスライドに戻るための [発表者に同期] ボタン。 このボタンは、発表者の現在のスライドから移動したときに使用できます。

  • フォーカス ビューからグリッド ビューに切り替えるためのボタン

  • 追加オプションを表示するための [その他のアクション] ボタン

一般的な Microsoft Teams のレイアウトについては、「スクリーン リーダーを使用した Microsoft Teams のレイアウトの説明」を参照してください。

Microsoft Teams で PowerPoint Live を開いたり閉じたりする 

Microsoft Teams で PowerPoint Live を開くために必要なのは、発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議に参加することだけです。 その後、PowerPoint Live コントロールが Microsoft Teams 会議ビューで自動的に使用できるようになります。 また、会議を退出すると、Microsoft Teams が閉じるときに PowerPoint Live プレゼンテーションが閉じます。

Microsoft Teams 会議に参加または退出する方法については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams の会議に参加する」を参照してください。

ハイ コントラスト ビューに変更する

  1. 「その他のアクション ボタン」と聞こえるまで Control + Option + 右方向キーまたは Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  2. 「スライドをハイ コントラストで表示」と聞こえるまで Control + Option + 右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

スライドの内容を読む

スライド間を移動すると、VoiceOver によってスライド番号とタイトルが自動的にアナウンスされます。 スライドの内容全体を読み上するには、次の手順に従います。

  1. 次のように聞こえるまで Tab キーを押します:「現在のスライド ウィンドウ、プレゼンテーション」。 現在、プレゼンテーションのスライド コンテンツに焦点が当てられています。

  2. Control + Option + 右方向キーを押して、スライドの内容を移動して聞きます。 スライドの終わりに達すると、「現在のスライドの終わり、ウィンドウ」と聞こえます。

前または次のスライドに移動

発表者にスライドに移動するように依頼しなくても、次のスライドにスキップしたり、前のスライドに戻ったりすることができます。 スライドは自分のペースで閲覧でき、プレゼンテーションにはまったく影響しません。 

  1. 発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議で、次の 1 つ以上を実行します。

    • プレゼンテーションの次のスライドに移動するには、「進む」と聞こえるまで Control + Option + 右方向キーまたは Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

    • 前のスライドに移動するには、「戻る」と聞こえるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

    • 発表者が現在提示しているスライドに移動するには、「ライブ、発表者に同期」と聞こえるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

絵文字と反応する

  1. Microsoft Teams 会議で、次のように聞こえるまで Shift + Tab キーを押します:「ツール バーに入力」。

  2. 「反応するか手を上げる」と聞こえるまで Control + Option + 右方向キーまたは左方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  3. 反応したい絵文字が聞こえるまで、Control + Option + 右方向キーを押します。

  4. 反応を送信するには、Control + Option + Space キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams で PowerPoint Live と共有および共同プレゼンテーションします

Microsoft Teams のアクセシビリティ機能を利用して、会議やライブ イベントのエクスペリエンスを向上させます

Microsoft Teams のアクセシビリティの概要

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams の会議に参加する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

デバイスでアクセシビリティ機能を使用Microsoft 365

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams を探索し移動する

Microsoft Teams の PowerPoint Live をキーボードとスクリーン リーダーで使用し、会議に出席して参加します。 Microsoft Edge のナレーター、Chrome の JAWS および NVDA でテストしましたが、一般的なアクセシビリティ基準および手法に従っているものであれば、他のスクリーン リーダーや Web ブラウザーでもお使いいただける可能性があります。

先のことを確認する方法や、プレゼンテーションの前のスライドを参照する方法を説明します。 また、ハイ コントラスト ビューに切り替えて、ライブの絵文字リアクションを発表者に送信する方法についても説明します。

注: 

このトピックの内容は以下のとおりです。

Microsoft Teams のレイアウトで PowerPoint Live を使う

Microsoft Teams の PowerPoint Live は、まったく新しいリモートのプレゼンテーションと会議のエクスペリエンスです。 PowerPoint の豊富なプレゼンテーション機能と Microsoft Teams のスムーズなコラボレーション機能をお楽しみいただけます。 

また、強化されたプライバシーの恩恵を受け、発表者に何も依頼せずに支援技術を使用することもできます。

Microsoft Teams 会議では、画面中央のメイン コンテンツ領域に現在提示されているスライドが表示されます。 スライドの下に、次のボタンを含む PowerPoint Live ツール バーがあります。

  • プレゼンテーションを前後に移動するための左側のスライド ナビゲーション ボタン

  • 発表者が現在表示しているスライドに戻るための [発表者に同期] ボタン。 このボタンは、発表者の現在のスライドから移動したときに使用できます。

  • フォーカス ビューからグリッド ビューに切り替えるためのボタン

  • 追加オプションを表示するための [その他のアクション] ボタン

一般的な Microsoft Teams のレイアウトについては、「スクリーン リーダーを使用した Microsoft Teams のレイアウトの説明」を参照してください。

Microsoft Teams で PowerPoint Live を開いたり閉じたりする 

Microsoft Teams で PowerPoint Live を開くために必要なのは、発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議に参加することだけです。 その後、PowerPoint Live コントロールが Microsoft Teams 会議ビューで自動的に使用できるようになります。 また、会議を退出すると、Microsoft Teams が閉じるときに PowerPoint Live プレゼンテーションが閉じます。

Microsoft Teams 会議に参加または退出する方法については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams の会議に参加する」を参照してください。

ハイ コントラスト ビューに変更する

  1. 発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議で、「その他のアクション」と聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  2. 「スライドをハイ コントラストで表示」と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

スライドの内容を読む 

スライド内を移動すると、スクリーン リーダーによってスライド番号とタイトルが自動的に読み上されます。 スライドの内容全体を読み上するには、次の手順に従います。

  1. 発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議で、「現在のスライド ウィンドウ、グループ」、続いて現在のスライド番号が聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 現在、プレゼンテーションのスライド コンテンツに焦点が当てられています。

  2. ナレーターを使用して、スキャン モードをオンに切り替えます。 JAWS と NVDA を使用して、仮想ブラウザーに切り替えます。

  3. スライドの内容を読むには、下方向キーを繰り返し押します。 スクリーン リーダーがスライドの内容と形式をアナウンスします。

前または次のスライドに移動

発表者にスライドに移動するように依頼しなくても、次のスライドにスキップしたり、前のスライドに戻ったりすることができます。 スライドは自分のペースで閲覧でき、プレゼンテーションにはまったく影響しません。

  1. 発表者が PowerPoint Live を使用している Microsoft Teams 会議で、次の 1 つ以上を実行します。

    • プレゼンテーションの次のスライドに移動するには、「進む」と聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 前のスライドに移動するには、「戻る」と聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 発表者が現在提示しているスライドに移動するには、「ライブ、発表者に同期」と聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Enter キーを押します。

絵文字と反応する

  1. Microsoft Teams 会議で、次のように聞こえるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します:「会議のコントロール」。

  2. 「反応するか手を上げる」と聞こえるまで、左、右、上、または下方向キーを押して、Enter キーを押します。

  3. 反応したい絵文字が聞こえるまで、左、右、上、または下方向キーを押します。

  4. 反応を送信するには、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams で PowerPoint Live と共有および共同プレゼンテーションします

Microsoft Teams のアクセシビリティの概要

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams の会議に参加する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Teams を探索し移動する

障碍のあるお客様へのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×