SEQUENCEなどのスピル配列関数を処理する場合は、スピル範囲演算子 (#) を範囲の後に配置することで、スピル範囲全体を参照できます。 次の例では、セル A2 に =SEQUENCE(10) が含まれます。セル A2:A11 にスピルします。 セル C2 には数式 =SUM(A2#) があります。これは =SUM(A2:A11) に相当します。A2:A11 は A2 の数式のスピル範囲です。 これにより、スピルした配列範囲のすべての値の合計である 55 が返されます。

たとえば、A2 の数式を =SEQUENCE(20) に変更してスピル範囲が拡大または契約した場合、SUM 数式は自動的にそれを反映します。 これが通常の範囲の場合は、「=SUM(A2:A11)」と入力し、スピル範囲が変化した場合は手動で更新する必要があります。 多くの場合、範囲が変更された場合に気付かないので、多くの推測作業が削除される可能性があります。

=SUM(A2#) を使用してスピルした配列範囲全体を参照するスピル範囲演算子。

複数の数式でスピル範囲演算子を使用する別の例を次に示します。ここでは、名前の一覧から一意のリストを作成し、リストを並べ替え、長さが 3 文字を超える名前をフィルター処理します。 セル E2 には =SORT(C2#)、 セル G2 には=FILTER(C2#,LEN(C2#)>3) があります。

スピル範囲演算子 (#) : =FILTER(C2#,LEN(C2#)3) を使用してスピルした配列範囲全体>します。

既知の制限事項

スピル範囲演算子は、閉じたブックへの参照をサポートしていない。 代わりに、次の#REF。 エラー値。 参照されているブックを開いて問題を解決します。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

FILTER 関数

RANDARRAY 関数

SEQUENCE 関数

SORT 関数

SORTBY 関数

UNIQUE 関数

Excel での #SPILL! エラー

動的配列とスピル配列の動作

暗黙的な交差演算子:@

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×