シートにゼロ値が含まれている場合、またはゼロ値を生成する計算が含まれている場合は、値を非表示にするか、書式設定オプションを使用して値の表示方法を変更できます。 Excel、ワークシートに入力または貼り付ける任意の数値に一般書式または数値書式が自動的に適用されます。 このような表示形式では、数値の先頭のゼロが自動的に削除されます。 先頭のゼロを表示したい場合は、数値のカスタム表示形式を作成する必要があります。 先頭のゼロの表示方法の詳細については、「先頭の 0 を表示する」を参照してください。

以下のセクションでは、0 の値を表示または非表示にするためのいくつかのオプションについて説明します。

手順

  1. [Excel] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [作成 ] の [ビュー] Excel の [環境設定] の [表示] ボタン

  3. [ ウィンドウ オプション] で、[ゼロ値を 表示する] チェック ボックスを オフにします。

注意: このオプションは、セルのゼロ (0) 値のみに適用されます。 選んだセルのうち、1 つのゼロ値がゼロ以外の値に変更されると、標準の数値表示形式で値が表示されます。


次の手順に従います。

  1. ゼロ (0) を非表示にするセル範囲を選びます。

  2. [ホーム] タブの[数値] 、[表示形式] ポップアップ メニューの [ [数値の書式設定] ボックス] をクリックします

  3. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [分類] で、[カスタム] をクリックします。

  4. [種類] ボックスに「0;-0;;@」と入力して、[OK] をクリックします。

注: 非表示にした値は、数式バー (または、セルで直接コンテンツを編集する場合はセル) にのみ表示され、シートを印刷しても印刷されません。 セルで直接編集している場合、セルに非表示の値が表示されるのは、編集中だけです。

手順

  1. 表示する非表示のゼロ (0) 値が含まれるセルを選びます。

  2. [ホーム] タブの [数値] で、[表示形式] ポップアップ メニューの [ [数値の書式設定] ボックス] をクリックします

  3. [セル の書式設定] ポップアップ ウィンドウの [カテゴリ] ボックス 一覧で、次のいずれかの操作を行います。

目的

クリック

標準の数値表示形式を使用して、非表示の値を表示する

全般

日付または時刻の表示形式を使用して、非表示の値を表示する

[日付] または [時刻] をクリックしてから、使用する日付または時刻の表示形式を選びます。

手順

  1. ゼロ (0) 値が含まれるセルを選びます。

  2. [ホーム] タブの [書式] で 、[条件付き書式] をクリックします

    [ホーム] タブの [書式] グループ

  3. [新しいルール] をクリックします。

  4. [スタイル] ポップアップ メニューで [クラシック] をクリックしてから、[上位または下位に入る値だけを書式設定] ポップアップ メニューの [指定の値を含むセルだけを書式設定] をクリックします。

  5. [特定の文字列] ポップアップ メニューで、[セルの値] をクリックします。

  6. [次の値の間] ポップアップ メニューで [次の値に等しい] をクリックしてから、[次の値に等しい] の横のボックスに「0」を入力します。

  7. [書式] ポップアップ メニューで [ユーザー設定の書式] をクリックしてから、[] ポップアップ メニューで [] をクリックします。

IF 関数を使用して、ゼロ (0) 値を空白セルまたはセル中のダッシュ (-) として表示する条件を指定できます。 詳細については、IF 関数に関する記事を参照 してください。

手順

  1. 空白シートのセル A1 とセル A2 に、「10」と入力します。

  2. セル A3 に「 =A1-A2」と入力し、RETURN キーを押します。

    この式ではゼロ (0) 値が返されます。

  3. [数式 ] タブの [関数] で、[数式ビルダー] をクリックします

    [数式] タブ、[関数] グループ

  4. [数式パレット] ボックスの一覧で、[IF] をダブルクリックします。

  5. [引数] で、[値 1] の横のチェック ボックスをクリックして、「A3」と入力します。

  6. [引数] で、[is] の横の [TRUE] という単語をクリックしてから、ポップアップ メニューで [= (等号)] をクリックします。

  7. [引数] で、[値 2] の横のボックスをクリックして、「0」を入力します。

  8. [引数] で、[then] の横のボックスをクリックして、次のいずれかの操作を行います。

ゼロ値の表示形式

入力する内容

空白のセル

""

破線

"-"

[else] の横にある ボックス をクリックし 、「A3」と入力し、Enter キーを押します。

セル A3 の式でゼロ (0) 値が返され、[then] 引数 (value_if_true 引数とも呼ばれる) の引用符の間の値が表示されます。

ヒント: ゼロ値で表示したい任意のテキストを、引用符で囲んで入力できます。

手順

  1. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [ピボットテーブル] タブの [データ] で、[オプション] をクリックします。

    [ピボットテーブル] タブの [データ] グループ

  3. [表示] タブで、次の操作のうちの 1 つ以上の操作を行います。

目的

操作

エラー コードの代わりに特定の値を表示する

[エラー 値] ボックスをオンにし、フィールドにエラー コードの代わりに表示する値を入力します。

エラーを空白セルとして表示するには、このボックスを空のままにします。

空白セルの代わりに特定の値を表示する

[空白セルに表示する値] チェック ボックスをオンにしてから、空白セルに表示したい値を、このボックスに入力します。

空白セルを表示するには、このボックスを空のままにします。

ゼロを表示するには、[空白セルに表示する値] チェック ボックスをオフにします。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×