Excel には、すぐに使用できる リンクされたデータ型 がいくつかあります。 ただし、Power Query を使用して、サポートされている任意のデータ ソースから独自のデータ型を作成することもできます。 まず、Power Query を使用してデータをインポートします。次に、データを目的に合わせて整理し、データを操作できるようにデータ型をワークシートに読み込みます。 すべてのデータ型と同様に、Excel テーブルのデータを表示したり、見やすいカードとして表示したり、数式で使用したりできます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

新しいデータ型の作成は、Microsoft 365 でサポートされています。 最新のサブスクリプションがあることを確認する方法の詳細については、「一般法人向け Microsoft 365 のサブスクリプション」を参照してください。

Power Query エディターを使用してデータ型を作成する

次の手順では、Wikipedia のアメリカ合衆国の大統領のリスト に基づく例を使用します。

フェーズ 1: データをインポートする

  1. Web からデータをインポートするには、[データ] > [Webから] を選択します。

  2. [URL] ボックスに、「https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_presidents_of_the_United_States」と入力し、[OK] を選択します。

  3. [ナビゲーター] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、Presidents を選択します。これにより、[テーブル ビュー] にデータが表示され、[データの変換] (右下隅) を選択します。

    社長の表を選択して変換する

フェーズ 2: データを整理する

  1. Power Query エディターが開き、選択したデータが表示されます。

  2. 1 つ以上の列を選びます。 この例では、President2Party[b]2Election、および Vice President を選択します。  新しいデータ型の列の順序は、選択 の順序によって決まります。

    ヒント 列を選択するには、Ctrl キーを押しながらクリックします。 隣接する列を選ぶには、Shift キーを押しながらクリックします。

    データ型に含める列を選択する

    Power Query では、関連付けられている M 式が数式ボックスに自動的に表示されます。 詳細については、「Power Query M 式言語」を参照してください。

  3. [変換] > [データ型の作成] を選択すると、[データ型の作成] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. データ型の列ヘッダーを変更するには、[データ型名] ボックスに「US President」と入力します。 この列ヘッダーは、データ型の名前でもあります。

  5. データ型の表示列を指定するには、[表示列] を選択します。 たとえば、大統領の名前を含む President2 を選択します。

    既定の表示列は、最初に選択された列です。

  6. 必要に応じて、[詳細] を選択して使用可能なすべての列を表示し、表示されている列を再選択して、選択した列の順番を変更します。

  7. 完了したら、[OK] を選びます。

結果

"US President" という名前のデータ型アイコンと列ヘッダーを持つデータ型列が作成されます。 最初に選択したすべての列がこの 1 つの列にまとめられます。

データ型の列が作成されます

[クエリ設定] ウィンドウの [適用されたステップ] セクションに新しいステップが作成されます。 詳細については 、「Power Query の数式を作成する」を参照してください

フェーズ 3: データ型をテーブルにExcelする

  1. ワークシートのテーブルにデータ型をExcelするには、[ホーム] を選択し、[読み込>閉&します。 Power Query データ型の使用は、一部のテーブルでのみExcelできます。

    データ型には、各列の操作に使用する [データの挿入] ボタン [列の追加] ボタン が表示されます。

    ワークシートの Excel の表に新しいデータ型を読み込み中

  2. さまざまな方法で新しいデータ型を操作できます。 例:

    [データの挿入]ボタン [列の追加] ボタン を選択して、Vice President などのデータ型プロパティの 1 つをテーブルの列に抽出します:

    データ型の列を追加

    データ型 アイコンを選択して、John Adams などのカードの列情報を表示します:

    カード ビューでデータを表示

    等号(=) と IntelliSense を使用して、Election などのデータ型プロパティの 1 つをテーブルの列に抽出します:

    数式を使用して列を追加

    詳細については、「データ型を参照する数式を作成する方法」を参照してください。

データ型の操作の詳細 (データを更新する方法やカードに画像を追加する方法など) については、「リンクされたデータ型に関する FAQ と ヒント」を参照してください

データ型の作成の詳細

外部データ ソースからデータをインポートする (Power Query)

Power Query について

Power Query の数式を作成する

Excel でリンクされたデータ型を使用する方法

Excel データ型: 株価と地理

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×