リンクされたデータ型の FAQ とヒント

リンクされたデータ型で多くの操作を行うことができます。 数式でリンクされたデータ型を参照する場合でも、単にいくつかの制限について学ぶ場合でも、リンクされたデータ型を最大限に活用する方法の詳細については、以下のコンテンツを確認してください。

ヒントとテクニック

カードを開く:

Windows の場合は Ctrl キーと Shift キーを押しながら F5 キーを押し、Mac の場合は Cmd キーと Shift キーを押しながら F5 キーを押します。

列を追加する:

[データを挿入] メニューを開くには、Alt キーと Shift キーを押しながら F10 キーを押します。 Ctrl または Cmd キーを押すこともできます。 次に、方向キーを使用してフィールドに移動し、Enter キーを押してフィールドを選択します。

リンクされたデータ型は、オンライン データ ソースに接続します。 テキストをリンクされたデータの種類に変換すると、ブック内で外部データ接続が確立されます。 そうすれば、データがオンラインで変更された場合に、Excel で更新して、レコードを更新することができます。 データを更新するには、リンクされたデータ型のセルを右クリックし、[データ型]、[更新] の順にクリックします。 これにより、選択したセルと、同じデータ型の他のセルが更新されます。

すべてのリンクされたデータ型、およびブック内にある可能性があるすべての外部データ接続 (クエリ、その他のデータ接続、ピボットテーブルなど) を更新する場合は、[データ]、[すべて更新] の順にクリックするか、Ctrl キーと Alt キーを押しながら F5 キーを押します。

データ型カードを使用すると、通常の値だけでなく、それ以上のものを抽出できます。 ムービー データ型のカードなど、一部のデータ型カードには、ブックに挿入できる画像が含まれています。 これらの画像はセル内にあります。

セルを選択し、[データ] タブ、[データ型] グループ、[自動] の順にクリックして、テキストをデータ型に変換します。

変換されると、セル値の左側にアイコンが表示されます。 それを選択してカードを表示します。

カードで画像にカーソルを合わせると、[データを挿入 [列の追加] ボタン ] アイコンが表示されます。 これを選択して、画像をブックに挿入します。

画像はセル内に収まるように拡大縮小されます。 サイズを変更するには、行または列を調整してセルのサイズを大きくします。 

ヒント: 挿入された画像のソース属性を表示するには、画像を右クリックして [カードを表示] を選択します。

リンクされたデータ型の情報は、次の 2 つの方法で切り替えることができます。 

右クリック メニュー:変更するセルを右クリックし、[データ型]、[変更...] の順に選択します。 ウィンドウが右側に表示されます。 必要なデータを検索し、[選択] して、元の情報の代わりに目的の情報を選択します。

ギャラリーから: 変更するセルを選択し、[データ] タブに移動して、[データ型] グループで別のデータ型を選択します。  

リンクされたデータ型が不要になった場合は、セルを右クリックして、[データ型]、[テキストに変換] の順にクリックします。 データの種類が削除され、オンライン接続がなくなり、セルの値がテキストに変換されます。 データの種類をテキストに変換すると、そのデータの種類から値を抽出した列または数式に #FIELD! エラーが表示されることに注意してください。

また、リンクされたデータ型から値を使用する数式を作成することもできます。 この方法は、データがテーブル内にない場合に役立ちます。 詳細については、「データ型を参照する数式を作成する方法」を参照してください。

[フィルター] メニュー、[値の表示] メニュー、リンクされたデータの種類からのフィールドが一覧表示されます

列ヘッダーのフィルター ボタンを使用すると、いつでも Excel でデータを並べ替えたりフィルター処理したりすることができます ([データ]、[フィルター] の順にクリックして、フィルター ボタンをオンにします)。

次にデータの種類が含まれるセルのヒントを紹介します。アイコンが表示されているセルの上のフィルター ボタンをクリックします。 次に、並べ替えやフィルター処理の方法を決定します。 表示名を使用してこの操作を行う場合は、[フィールドの選択] の下の [表示値] を選択したままにします。 リンクされたデータの種類の別のフィールドを使用して並べ替えまたはフィルター処理を行う場合、[フィールドの選択] でそのフィールドを選択します。

この例では、フィールド領域を選択しました。 それは下のフィルター チェックボックスの基礎として使用され、テーブル内にある国の人口が表示されます。 補足情報:[フィールドの選択] で選択するフィールドに応じて、[数値フィルター] メニューは変わります。

よく寄せられる質問

Bing、Wolfram Alpha などの外部データ ソースにリンクするデータ型にアクセスするには、次の要件を満たす必要があります。

  • 有効な Microsoft 365 サブスクリプションを持っている

  • 英語の編集言語を Office の言語設定に追加してもらいます。

    注: Wolfram Alpha からのリンクされたデータ型は徐々に展開されています。 これらのデータ型が [データ型] ドロップダウン ギャラリーに表示されないが、使用したい場合は、最初に Insiders Fast チャネルに参加して、最新の更新プログラムを取得できます。 詳細については、「Microsoft 365 の最新機能を入手できる時期」を参照します。

リンクされたデータ型は、オンライン ソースから信頼できるデータを取り込みます。 データ型を変換したら、データ型アイコンを選択してカード ビューを開き、情報ソースを表示できます。 下にスクロールすると、ソースが表示されます。 たとえば、Bing、Wolfram Alpha などが表示される場合があります。

現在使用できるリンクされたデータ型を確認するには、「Excel で使用できるリンクされたデータ型」をご覧ください。

Excel のデータ型の改善に継続的に取り組んでいます。 単語が見つからない場合、データが正しくないか不足している場合、またはタスクを実行できない場合… 私たちはすべてを把握したいです! 貴重なフィードバックを使用して、エクスペリエンスと機能を改善します。

求めているフィードバック

  • データ品質 (誤っている、不適切な、不完全なデータなど)

  • データ カバレッジ (不足しているデータ)

  • 経験 (データ型とデータを使用)

  • 提案とアイデア

データ品質またはカバレッジに関するフィードバック

  1. データ型に変換したら、セルのデータ型アイコンを選択してカードを開きます。

  2. カードの下部までスクロールし、フラグ アイコンを選択します。

  3. 簡単なアンケートに記入して送信してください。 より具体的になるほど、問題を理解して修正するのが簡単になります。

カードの下部にあるフラグ アイコンを選択します。

一般的なデータ型のフィードバックまたは提案

データ型を使用した全体的な経験について、Excel アプリから直接フィードバックを送信できます。

  1. フィードバック> [ヘルプ] タブに移動します。 詳細については、「 Microsoft Office についてのフィードバックを送信する方法」を参照してください。

  2. 何が好きか、何が嫌いか、ご意見をお寄せください。 できるだけ具体的にフォームを送信してください。

はい。 リンクされたデータ型のセルを選択し、CTRL キーを押しながら C キーを押してコピーします。 CTRL キーと ALT キーを押しながら V キーを押してから、[] を選択します。 これにより、データ型が新しいセルに貼り付けられますが、データは更新できません。

はい。ただし、Excel for Microsoft 365 を使用し、Insiders Fast チャネルに参加する必要があります。

注: この機能は、数日または数週間単位で段階的にお客様が使用できるようになります。 これは、最初に Office Insider 参加者が使用できるようになり、その後 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちのユーザーが使用できるようになります。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうか確認してください

現時点では、Excel for Microsoft 365 のみがリンクされたデータ型をサポートしています。 Excel の改善を引き続き行うため、他のバージョンの Excel が最終的にこれらのデータの種類をサポートする可能性があります。 これらの新しいデータの種類をサポートしていないバージョンの Excel で開くと、対象のセルに #VALUE! と表示されます。 また、これらのデータの種類を参照する数式の代わりに #NAME? が表示されます。

データ型を含むセルは選択できません。フィル ハンドルをドラッグして、データ型ではないテキストをリンクしてください。 書式のコピー/貼り付けでも同じです。 ただし、テーブルにデータ型を使用している場合は、テーブルの最後の行の下に入力できます。 Enter キーを押すと、自動的にテキストがオンライン データと照合され、データ型への変換が試行されます。 テーブルを使用していない場合にもこれを行います。 入力するセルに、その上にすでにデータ型を使用している 2 つ以上のセルがあることを確認してください。

一部の従来の Excel 機能は、リンクされたデータ型ではうまく機能しない場合があります。 たとえば、これらのデータの種類の情報に基づいてピボットテーブルを作成しようとすると、#VALUE! エラーが表示されます。 また、Power Pivot、Power Query、または一部のグラフでこれらのデータの種類を使用すると、意図したとおりに動作しない可能性があります。 

現時点では、これらのデータの種類は、英語の編集言語を Office の言語設定に追加した場合にのみ使用できます。 今後、サポートする言語を追加する予定です。

リンクされたデータ型の詳細

Wolfram|Alpha から詳細を見つける

Excel のデータ型: 株価と地理

Power BI の組織のデータ型を使用する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×