データ ビジュアライザーのテンプレート パッケージのエクスポートとインストール

データビジュアライザーダイアグラムとそれに関連付けられた Excel ブックを Visio テンプレートパッケージ (vtpx) にエクスポートできます。 Visio テンプレートパッケージを使用すると、図面の設定、ステンシル、データが保存され、他のユーザーが簡単にデータビジュアライザーのダイアグラムを作成するための開始点として使用できます。 他のユーザーは、コンピューター上にテンプレート パッケージをインストールできます。 たとえば、内容を自動的に図にマップするプロセス マップ データ テンプレートを使用して、自分の事業部用に標準的なビジネス フロー チャートを作成している場合があります。 同僚は同じ図を使用したり、自分の部門用に図形の説明や図形データなどの図をカスタマイズしたりすることができます。

データ ビジュアライザーのテンプレート パッケージをエクスポートする

注: Visio テンプレートパッケージは、カスタムテンプレート (.vstx) とは異なります。 詳細については、「カスタム テンプレートを作成して使用する」を参照してください。

データ ビジュアライザーをテンプレート パッケージにエクスポートする

Visio 図と Excel ブックがマクロ有効でないことを確認します。 マクロが有効なファイルをエクスポートすることはできません。

  1. エクスポートするデータ ビジュアライザーの図を開きます。

  2. コンテナーを選択します。

  3. [エクスポート] を選択します。

  4. [Visio テンプレート パッケージとしてエクスポート] ダイアログ ボックスでは、目的の場所に移動し、ファイル名を入力して、[保存] をクリックします。

計算結果   テンプレートパッケージには、Visio の図、関連付けられた Excel ブック、および図へのデータのマッピングが含まれています。

他のユーザーがテンプレート パッケージをインストールする必要がある場合は、共有の場所にパッケージを配置します。

データ ビジュアライザーのテンプレート パッケージをインストールする

  1. エクスプローラーで、目的の Visio テンプレートパッケージ (vtpx) を見つけて、そのファイルをダブルクリックします。

    Visio は、ファイル名の下に自動的にテンプレートパッケージをインストールし、Backstage の [個人] タブを開きます。 テンプレートパッケージには、コンピューター上の document¥ Custom Office Templates フォルダーに追加される Visio と Excel テンプレートファイルが含まれています。

  2. テンプレート パッケージのプレビューを開くには、そのパッケージを選択します。

  3. 関連付けられている Excel ブックを開くには、[Excel データ テンプレート] を選択します。 Excel テンプレートをカスタマイズするには、図形の説明や図形データなどの Excel テーブルのデータを変更します。

  4. [ファイル]、[保存] の順に選択し、場所を検索し、ファイル名を入力し、[保存] を選択します。

  5. Visio テンプレートを開くには、[作成] を選択します。

  6. [データからの図の作成] ウィザードの最初のページで、手順4で保存した Excel ブックを参照し、 Excel のテーブルを選択します。

  7. 次のいずれかの操作を行います。

    • 図をすばやく作成するには、[完了] を選択します。

      次のウィザード ページで他のすべてのオプションを承諾すると、元のテンプレート パッケージに保存されたデータ マッピングを使用することになります。

    • 図のマッピングをカスタマイズするには、[次へ] をクリックして、次のウィザード ページでオプションを変更し、終了したら、[完了] をクリックします。

      [データからの図の作成] ウィザードの使用に関する詳細については、「[データからの図の作成] ウィザードを使用する」を参照してください。

  8. [ファイル]、[保存] の順に選択し、場所を検索し、ファイル名を入力し、[保存] を選択します。

    Excel と Visio ファイルは、実際に使用するため、同じ場所に保存しておくことをお勧めします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×