アニメーションは、プレゼンテーションを PowerPoint し、情報をより印象的にするのに役立ちます。 最も一般的な種類のアニメーション効果には、開始と終了があります。 サウンドを追加して、アニメーション効果の強度を高めにもできます。

プレゼンテーションの専門家は、アニメーションとサウンド効果を使用することを強く推奨します。 アニメーションは、プレゼンテーションのダイナミックさを高め、ポイントを強調するのに役立ちますが、アニメーションが多すぎると気が散る可能性があります。 アニメーションとサウンドが、言っていることからフォーカスを離さねない。

次の見出しを選択して、詳細な手順を表示します。

  1. アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [アニメーション ] タブ の [アニメーション] グループで、 ギャラリーからアニメーション効果をクリックします。 その他のオプション 表示するには、[その他] の矢印をクリックします。

    注:  ギャラリーでは、入り口効果のアイコンは緑、強調効果のアイコンは黄色、終了効果のアイコンは赤で色付けされています。

  3. 選択したテキストのアニメーションを変更するには、[効果のオプション] をクリックし、アニメーションで実行する操作をクリックします。

    注:  すべてのアニメーション効果で同じ効果のオプション の選択肢が提供される場合 はありません。

  4. 効果のタイミングを指定するには、[アニメーション]タブの [タイミング] グループのコマンドを使用します。 詳細については、「アニメーションのタイミングまたは 効果のオプションを設定する」を参照してください

開始アニメーション効果と終了アニメーション効果を追加する方法については、この短いビデオデモをご覧ください。 適用されるアニメーションの例を次に示します。テキストまたはオブジェクトに使用可能なアニメーションを適用する場合も、同じ手順を使用できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

アニメーションテキストまたはオブジェクトにサウンドを追加するには、次の操作を行います。

  1. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] グループで [アニメーション ウィンドウ] をクリックします。 ワークスペース ウィンドウの 横にアニメーション ウィンドウが開き、スライド上のテキストまたはオブジェクトに適用されるアニメーション効果の順序、種類、継続時間が表示されます。

  2. サウンドを追加する効果を見つけ、下向き矢印をクリックして、[効果のオプション] をクリックします。

    アニメーション ウィンドウ、効果に [効果のオプション] を追加する

    注: [ 効果のオプション] ダイアログ ボックスには、選択したアニメーションの種類に応じて、さまざまなオプションが表示されます。

  3. [効果] タブの [強調]の [サウンド] ボックスで、矢印をクリックして一覧を開き、次のいずれかの操作を行います。

    • 一覧からサウンドをクリックし 、[OK]をクリックします。

    • ファイルからサウンドを追加するには、一覧から [その他のサウンド] をクリックし、使用するサウンド ファイルを見つけて、[開く] をクリックします

      [効果] タブのリストでサウンドをクリックする

    [OK]または [く] をクリックすると、サウンドが追加されたアニメーションのプレビューがスライドで再生されます。 プレビューのサウンド音量を変更するには、[サウンド] ボタン [アニメーション効果] の [オプション] ボックスのサウンド スライダー を上下に動かします。 プレビューサウンドをオフにする場合は、[ミュート] チェック ボックスを オンにします。

  4. サウンド効果を追加するテキストの行頭文字ごとにこの操作を繰り返します。

  5. スライドに適用されているアニメーションとサウンドをプレビューするには、[アニメーション ウィンドウ] で [再生]をクリックします

  1. アニメーションのパスを追加するオブジェクトまたはテキストをクリックします。 適用するパスの後に、オブジェクトまたはテキストの行頭文字の中心が表示されます。

  2. [アニメーション] タブの[アニメーション] グループの[アニメーションのパス] で、次のいずれかの操作を行います。

    • [線、円弧、ターン、図形、またはループ]クリックします。 選択したオブジェクトまたはテキスト オブジェクトに、選択したパスが点線で表示されます。 軌跡の開始位置は緑の矢印で示され、終了位置は赤の矢印で示されます。

    • [ユーザー設定パス] をクリックします。 アニメーションのパスを開始する場所をクリックします。
      接続された直線のパスを描画するには、ポインターを移動し、直線を終了する位置をクリックします。 終了する場所をクリックして、次の接続線を描画します。 軌跡の終了位置でダブルクリックします。
      不規則なパスを描画するには、マウスの左ボタンを押したまま、アニメーションのパスを移動するパスにポインターを移動します。 軌跡の終了位置でダブルクリックします。

  3. スライドの完全なアニメーションとサウンドを表示するには、[アニメーション]タブの [プレビュー ] グループで [プレビュー] をクリックします

    注: 

    • アニメーションのパス全体を移動するには、アニメーションのパスをクリックしてポインターを 4 方向の矢印 移動ポインターし、目的の場所にアニメーションのパスをドラッグします。

    • 図形ループのパスは閉じ、オブジェクトは開始点に戻るという意味です。 [線]、[円弧]、[曲がり]、または [ユーザー設定のパス]などの開いたパスを使用して開始点に戻る場合は、そのパスを右クリックし、[パスを閉じる] をクリックします。 直線パスは、前の終了点から開始点に追加されます。

    • アニメーションのパスの形状を変更するには、そのパスを右クリックし、[ポイントの編集] を クリックします。 四角形の黒いハンドルがパスに表示されます。 ハンドルの 1 つをドラッグして、パスのその部分を移動します。

    • 開始点または終了点を含む、パスの任意の部分をスライドから離して操作できます。

テキストやオブジェクトに、より複雑なアニメーションやユーザー設定のアニメーション効果を追加できます。 この短いデモでは、いくつかの例をご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

SmartArt グラフィックにアニメーション効果を適用するには、「SmartArt グラフィックにアニメーションを設定する」を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×