スライドにフッター情報 (スライド番号や日付など) を追加したが、まだ表示されない場合は、スライド マスター表示でフッターが現在オフになっている可能性が高い問題があります。 スライド マスター表示でフッターを有効にする方法については、次を参照してください。

特定のレイアウトのフッターの表示を有効にする

  1. 問題が発生しているスライドを選択します。

  2. [表示] タブで、[スライド マスター] を選びます。

    スライド マスター表示では、 スライドの レイアウトがメイン ウィンドウに表示されます。

  3. [スライド マスター] タブ の [マスター レイアウト ] グループで 、[フッター] ボックス を選択 します。

    [スライド マスター] タブの [マスター レイアウト] グループで、[フッター] ボックスを選択します。

    メイン ウィンドウでは、すぐにスライド レイアウトにフッター プレースホルダーが表示されます。 それでも問題が発生しない場合は、次の手順に進み、スライド マスターのフッターの表示 を有効にします

スライド マスターのフッターの表示をオンにする

上記の手順 3 では、 PowerPoint が [フッター] ボックスの選択を受け入れなかった場合、現在のレイアウトの階層親 (スライド マスター と呼ばれる) でフッターがオフになっていることを意味します。 その場合は、まずその設定を調整してから、上記の手順を繰り返す必要があります。

上記の手順では、スライド レイアウトを 編集しました。 次の図は、スライド マスター表示の左側のサムネイル ウィンドウを示しています。 親スライド マスターを持つ 2 つのレイアウトを示します。

スライド レイアウトはスライド マスターの書式を継承する

吹き出し 1 スライド マスター 

吹き出し 2 スライド レイアウト 

スライド マスターとその子スライド レイアウトは、プレゼンテーションに適用されるテーマの一部です。

プレゼンテーションの異なる部分に複数のテーマが適用されている場合、スライド マスター表示では、各テーマに対応するスライド マスターが表示されます。

図に示すように、レイアウトはスライド マスターの下にインデントされます。 次の手順では、編集するレイアウトの親スライド マスターを見つけて選択する必要があります。

  1. サムネイル ウィンドウで、スライド マスターを選択します。

  2. ツール バー リボン の [スライド マスター] タブで、[マスター レイアウト] を選択します

  3. ダイアログで、[日付]、[スライド番号]、および [フッター] オプションをオンに、[OK] を選択します

この時点で、このスライド マスターの下位にあるレイアウトはすべて、 フッター情報を 表示できます。 各レイアウトのフッターを順番にオンにする必要があります。 サムネイル ウィンドウでレイアウトを選択し、上記の最初の手順の指示に従って 、手順 2 で始まる特定のレイアウトのフッターの表示を有効にします。

スライド レイアウトとスライド マスターに関する背景情報

スライド マスター表示で編集を行うのが簡単 な場合は、「スライド レイアウトとは」と「スライド マスターとは」を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×