[ページ 設定] ダイアログ ボックスを使用して、ページのレイアウトと印刷オプションを設定します。

[ページ レイアウト] タブをクリックし、[ページ設定] グループで [ダイアログ ボックス] をクリック起動ツール ボタンの画像

[ページ設定] ダイアログ ボックス起動ツール

[ページ設定] >オプション

印刷の向き    横向きと縦向きから選ぶ。

拡大縮小    指定したページ数に収まるまで、印刷時にワークシートまたは選択範囲を拡大または縮小します。

  • に調整する    [調整] を選択すると、[標準サイズの割合] ボックスに パーセンテージを入力 できます。

  • [適合]    [サイズに合わせて調整] を選択すると、ページの幅がボックスと高いボックスに数値を入力できます。 用紙の幅を埋め、必要な数のページを使用するには、ページの幅をボックスで1と入力し、高さのボックスは空白のままにします。

用紙サイズ    このボックスで、[レター]、[法的]、または [その他のサイズ オプション] をクリックして、印刷した文書または封筒に使用するサイズを指定します。

印刷品質    このボックスで、解像度をクリックして、アクティブなワークシートの印刷品質を指定します。 [解像度] は、印刷されたページに表示される線形インチ (dpi) あたりのドット数です。 解像度を高くすると、高解像度の印刷をサポートするプリンターでの印刷品質が向上します。

最初のページ番号    このボックスに「 自動 」と入力して、番号付けページを "1" (印刷ジョブの最初のページの場合) または次の連続する番号 (印刷ジョブの最初のページではない場合) に開始します。 番号を入力して、"1" 以外の開始ページ番号を指定します。

ページの先頭へ

[ページ設定] >余白オプション

余白の設定を入力し、[プレビュー] ボックスに結果 を表示 します。

  • 上、下、左、右    [上]、[下]、[左]、および [右] ボックスの寸法を調整して、データと印刷ページの端の間の距離を指定します。

  • ヘッダーまたはフッター    ヘッダー ボックスまたは[フッター]ボックスに番号を入力して、ヘッダーとページの上部、またはフッターとページの下部の間の距離を調整します。 ヘッダーまたはフッターがデータを重ね合わせない場合は、余白の設定よりも距離を小さくする必要があります。

ページ上の中央[縦方向] チェック ボックス、水平チェック ボックス、または両方を選択して、ページのデータを余白の中央に配置します。

ページの先頭へ

[ページ設定] >ヘッダーとフッターのオプション

ヘッダー    [ヘッダー] ボックスの組み込みヘッダーをクリックするか、[カスタム ヘッダー] をクリックして、印刷するワークシートのカスタム ヘッダーを作成します。 組み込みのヘッダーが [ヘッダー]ダイアログ ボックスにコピーされ、選択したヘッダーの書式を設定または編集できます。

フッター    [フッター] ボックスで組み込みのフッターをクリックするか、[ユーザー設定のフッター] をクリックして、印刷するワークシートのユーザー設定のフッターを作成します。 組み込みのフッターが [フッター]ダイアログ ボックスにコピーされ、選択したフッターの書式を設定または編集できます。

奇数ページと偶数ページが異なる    [奇 数ページと 偶数ページを異なる] チェック ボックスをオンにして、奇数ページのヘッダーとフッターを偶数ページのヘッダーとフッターと異なっている必要があります。

先頭ページのみ別指定    最初に 印刷されたページ のヘッダーとフッターを削除したり、最初に印刷するページのカスタム ヘッダーとフッターを作成したりするには、[最初のページを別のページに変更する] チェック ボックスをオンにします。 最初のページのユーザー設定のヘッダーまたはフッターを作成するには、このチェック ボックスをオンにし、[ユーザー設定ヘッダー]または [ユーザー設定のフッター] をクリックし、[最初のページ ヘッダー] タブまたは [最初のページ フッター] タブで、最初のページに表示するヘッダーまたはフッターの情報を追加できます。

文書を使用してスケーリングする    ヘッダーと フッターでワークシート と同じフォント サイズと拡大縮小を使用するかどうかを指定するには、[文書で拡大縮小] チェック ボックスをオンにします。 このチェック ボックスは既定でオンになっています。 ワークシートの拡大縮小に依存しないヘッダーまたはフッターのフォント サイズと拡大縮小を行って、複数のページにわたって一貫した表示を作成するには、このチェック ボックスをオフにします。

ページ余白に合わせて配置する    [ページ 余白に 合わせて配置する] チェック ボックスをオンにして、ヘッダーまたはフッターの余白がワークシートの左右の余白に揃っている必要があります。 このチェック ボックスは既定でオンになっています。 ヘッダーとフッターの左右の余白をワークシートの左右の余白とは別の値に設定するには、このチェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

Excel[ページ設定シート] タブのオプション

印刷領域    [印刷 領域] ボックス をクリックして、印刷するワークシート範囲を選択し、印刷するワークシート領域をドラッグします。 この ボックスの [折りたたみ] ボタンをクリックすると、ワークシート内のセルを選択して範囲を入力するために、ダイアログ ボックスが一時的に移動します。 完了したら、もう一度ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックス全体が表示されます。

タイトルを印刷する    [タイトルの印刷 ] でオプションを 選択し、印刷されたワークシートのすべてのページにタイトルと同じ列または行を印刷します。 ページ ごとに特定の行を 水平タイトルとして使用する場合は、[行] を選択して上部に繰り返します。 各 ページに縦書きタイトルを表示する 場合は、[列] を選択して左に繰り返します。 次に、ワークシートで、目的のタイトル列または行のセルまたはセルを選択します。 この ボックスの [折りたたみ] ボタンをクリックすると、ワークシート内のセルを選択して範囲を入力するために、ダイアログ ボックスが一時的に移動します。 完了したら、もう一度ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックス全体が表示されます。

印刷    ワークシートから何が印刷されるのか、印刷イメージがカラーか白黒か、印刷品質を指定します。

  • グリッド線    [枠 線] チェック ボックスをオンにすると、ワークシートの枠線が印刷されます。 枠線は、ワークシートに表示されるかどうかに関係なく、既定では印刷されません。

  • 白黒    カラー プリンター を使用するが 、印刷時にのみ白黒を使用する場合は、[白黒] チェック ボックスをオンにします。 既定では、このオプションはオフになっています。 白黒のみを印刷するプリンターを使用している場合は、選択する必要があります。

  • 下書きの品質    [下書 き品質] チェック ボックスをオンにすると、使用するプリンターの下書き品質モードでは印刷品質が低くなります。 プリンターに下書き品質モードがない場合、このオプションは有効ではありません。

  • 行見出しと列見出し    印刷結果 にこれらの見出しを 含めるには、[行見出しと列見出し] チェック ボックスをオンにします。

  • コメントとメモ    このボックスで、ワークシートのセルに追加した注釈を印刷出力に表示する場所を選択します。 [ シートの末尾] を選択して、すべての注釈を結合し、印刷結果の最後に追加されたページにまとめて印刷します。 ワークシート 上の元の場所に 注釈を印刷するには、[シートに表示されている名前] を選択します。 既定では [なし] が選択されている場合、注釈は自動的には印刷出力に含まれません。

  • セルエラー:    このボックスで、ワークシートに表示されるセルエラーを印刷結果に表示する方法を選択します。 既定では、エラーは表示されますが、<空白の >を選択するか 、--を選択して二重ハイフンとして表示したり 、#N/Aとして表示したりして表示することはできません。

ページの順序    [下へ] をクリックし、[上へ] または [上へ] をクリックし、1 ページに収まらないデータの番号付けと印刷の順序を制御します。 サンプル画像では、これらのオプションのいずれかを選択すると、文書の印刷方向がプレビューされます。

関連項目

印刷される各ページで特定の行または列を繰り返す

ページの先頭へ

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

印刷前にワークシート ページをプレビューする

ワークシートやブックを印刷する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×