メール でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

この記事は、Microsoft のナレーター、JAWS、Microsoft 365 製品で NVDA などのスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚障碍または認知障碍のあるユーザーを対象としています。 この記事は、Microsoft 365 スクリーン リーダー サポート コンテンツ セットの一部であり、アプリのアクセシビリティに関する詳細情報を見つけることができます。 一般的なヘルプについては、Microsoft サポート ホームにアクセスしてください。

キーボードとスクリーン リーダーで Windows 10 のメール を使用して、電子メール メッセージ内のテキストを追加または編集します。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。 フォントとフォント サイズを変更し、見出しを使用してメッセージの読みやすさを向上させる方法について説明します。

注: 

この記事の内容

新しいメール メッセージにテキストを追加する

  1. 電子メール メッセージを作成するときに、"メッセージ、編集" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 メッセージ本文にフォーカスがあたります。

    注:  Windows 10 のメールで電子メールの作成を開始する方法については、「メールを使用したスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク」の「メールの作成と送信」セクションを参照してください。

  2. メッセージを入力します。

メール メッセージでテキストを編集する

  1. 電子メール メッセージを作成する場合は、フォーカスをメッセージ本文のテキストに移動します。

  2. 編集するテキストを見つけるには、適切なナビゲーション モード ("Words" や "Lines" など) が読み上げられるまで、SR キーを押しながら上方向キーまたは下方向キーを押します。

  3. 編集するテキストまたはメッセージの作成を続行する場所が読み上げられるまで、SR キー + 右方向キーまたは左方向キーを押します。

  4. テキストを編集します。

電子メール メッセージ内のテキストを選択する

メール内のテキストの一部を選択するか、メッセージ本文内のすべてのテキストを一度に書式設定することができます。

  1. メッセージ本文で、次のいずれかの操作を行います。

    • メッセージ本文内のすべてのコンテンツを選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    • テキストの一部のみを操作する場合は、「 電子メール メッセージ内のテキストを編集する」の指示に従ってテキストを探します。 次に、Ctrl キーを押しながら Shift キーを押しながら左方向キーまたは右方向キーを押して、単語単位でテキスト単語を選択します。

フォントを変更する

  1. メッセージ本文で Alt キーを押して、フォーカスをリボン タブ行に移動します。 現在選択されているリボンのタブが読み上げられます。

  2. "選択済み、書式のタブ 項目" と読み上げられるまで、左方向キーを押します。

  3. リボンに移動するには、下方向キーを1回押します。 リボンの最初のオプション ("オフ、太字のボタン" など) が読み上げられます。

  4. "フォント、ボタンが折りたたまれている" と読み上げられるまで右方向キーを押し、Alt キーを押しながら下方向キーを押してメニューを展開します。 "ポップアップ、フォント"、次に現在のフォントが読み上げられます。

  5. 上方向キーまたは下方向キーを押して、オプションを移動します。 移動すると、スクリーン リーダーによって読み上げられます。

  6. 使用するフォントの場合は、Enter キーを押します。

フォントのサイズを変更する

  1. メッセージ本文で Alt キーを押して、フォーカスをリボン タブ行に移動します。 現在選択されているリボンのタブが読み上げられます。

  2. "選択済み、書式のタブ 項目" と読み上げられるまで、左方向キーを押します。

  3. リボンに移動するには、下方向キーを1回押します。 リボンの最初のオプション ("オフ、太字のボタン" など) が読み上げられます。

  4. "フォント、ボタンが折りたたまれている" と読み上げられるまで右方向キーを押し、Alt キーを押しながら下方向キーを押してメニューを展開します。 "ポップアップ、フォント"、次に現在のフォントが読み上げられます。

  5. Tab キーを 1 回押します。 "フォント サイズ" と読み上げられます。

  6. 上方向キーまたは下方向キーを押して、オプションを移動します。 移動すると、スクリーン リーダーによって読み上げられます。

  7. 使用するフォント サイズの場合は、Enter キーを押します。

太字、斜体、下線の書式を適用する

  1. メッセージ本文で、次のいずれかの操作を行います。

    • 太字の書式設定を適用するには、Ctrl + B キーを押します。

    • 斜体の書式設定を適用するには、Ctrl + I キーを押します。

    • テキストに下線を付けるには、Ctrl キーを押しながら U キーを押します。

見出しを追加する

  1. メッセージ本文で Alt キーを押して、フォーカスをリボン タブ行に移動します。 現在選択されているリボンのタブが読み上げられます。

  2. "選択済み、書式のタブ 項目" と読み上げられるまで、左方向キーを押します。

  3. リボンに移動するには、下方向キーを1回押します。 リボンの最初のオプション ("オフ、太字のボタン" など) が読み上げられます。

  4. "スタイル、ボタンが折りたたまれている" と読み上げられるまで右方向キーを押し、Space キーを押してメニューを展開します。

  5. 下方向キーを押して、オプション内を移動します。 移動すると、スクリーン リーダーによって読み上げられます。

  6. 使用する見出しスタイルの場合は、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用してメール内のフォルダーを操作する

メール​​ のキーボード ショートカット

メール​​ でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用してメール​​の中を移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加

コミュニティにたずねる >

サポートを受ける

お問い合わせ >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×