ブックで マクロを初 めて作成すると、そのブックでのみ機能します。 ただし、他のブックでマクロを使用する場合は、どうしますか。 マクロを開くごとにマクロを使用Excel、マクロを b という名前のブックPersonal.xlsできます。 これは、コンピューターに保存されている非表示のブックで、ファイルを開くExcel。

マクロと VBA ツールは [開発] タブにあります。このタブは既定で非表示になっているため、最初の手順はこれを有効にすることになります。 詳細については、「[開発] タブを表示する」を参照してください。

リボンの [開発] タブ

次に、マクロを作成します。 何も行いませんが、個人用マクロ ブックを作成するマクロを記録します。

マクロを作成する方法の詳細については、「クイック スタート:マクロを作成する」を参照してください。

  1. [開発] タブ に移動 し、[マクロの記録] をクリックします

    [開発] タブの [コード] グループ

  2. [マクロ の記録] ダイアログ ボックスで、[マクロ名] ボックスにマクロの名前を入力する 必要 があります。 これは単なる一時的なマクロExcelマクロ 1 など、指定した名前を受け入れ可能です。

    独自のマクロの作成を開始する場合は、わかりやすい名前を付けて、その内容を知りたい場合があります。

  3. [マクロを保存する] ボックスで、[個人用マクロ ブック] を選、[OK>選択します。 これは最も重要な手順です。個人用マクロ ブックをまだ作成していない場合は、Excel自動的に作成されます。

  4. [Developer >Stop Recording]をクリックすると、Excelマクロ worbook が作成されます。

  5. ブックを閉じると、ブックと個人用マクロ ブックの両方を保存するように求めるメッセージが表示されます。

作成したマクロを表示するには、次のコマンドを実行します。

  1. [Developer > Visual Basic]移動して、Visual Basicエディター (VBE)を起動します。これは、マクロが保存されている場所です。

  2. 個人用マクロ ブックは、左側の [Projectエクスプローラー ] ウィンドウにあります。 表示しない場合は、エクスプローラーの [ビュー ]> Project移動します

  3. VBA Project (PERSONAL.xlsb)フォルダー > Modules > Module1)をダブルクリックすると、記録した空の Macro1 が表示されます。 後でコードを追加するには、削除するか、保持することができます。

    注: 新しいモジュール のインスタンスにマクロを記録Excel、VBA によって新しい Module フォルダーが自動的に作成され、その番号がインクリメントされます。 したがって、Module1 と Module2 が既に存在する場合は、VBA によって Module3 が作成されます。 [エクスプローラー] の下にある [プロパティ]ウィンドウでモジュールの名前を変更Project、モジュール内のマクロの機能をよりよく反映できます。

別のコンピューターにマクロを移動する

このPersonal.xlsb ファイルは XLSTART というフォルダー に格納されます。 マクロを他のユーザーと共有する場合は、マクロを他のコンピューターの XLSTART フォルダーにコピーするか、他のコンピューターの Personal.xlsb ファイルにマクロの一部またはすべてがコピーされます。 エクスプローラーで XLSTART を検索Windowsつけ出します。

他のユーザーと共有するマクロが 1 つ以上ある場合は、それらを含むブックを送信できます。 ブックは、共有ネットワーク ドライブまたは SharePoint Services ライブラリを使って共有することもできます。

ブック間でマクロをコピーする方法については、「マクロ モジュールを別のブックにコピーする」を参照してください。

[開発] タブが リボンに表示されるのを確認します。 既定では、[ 開発] タブ は表示されないので、次の操作を行います。

  1. [環境設定] Excel>に移動します。> リボン& ツールバー。

  2. [リボンのユーザー設定] カテゴリの [メイン タブ] の一覧で、[開発] チェック ボックスをオンにしてから、[保存] をクリックします。

次に、マクロを作成します。 何も行いませんが、個人用マクロ ブックを作成するマクロを記録します。

マクロを作成する方法の詳細については、「クイック スタート:マクロを作成する」を参照してください。

  1. [開発] タブ に移動 し、[マクロの記録] をクリックします

  2. [マクロ の記録] ダイアログ ボックスで、[マクロ名] ボックスにマクロの名前を入力する 必要 があります。 これは単なる一時的なマクロExcelマクロ 1 など、指定した名前を受け入れ可能です。

    独自のマクロの作成を開始する場合は、わかりやすい名前を付けて、その内容を知りたい場合があります。

  3. [マクロを保存する] ボックスで、[個人用マクロ ブック] を選、[OK>選択します。 これは最も重要な手順です。個人用マクロ ブックをまだ作成していない場合は、Excel自動的に作成されます。

  4. [Developer >Stop Recording]をクリックすると、Excelマクロ worbook が作成されます。

  5. ブックを閉じると、ブックと個人用マクロ ブックの両方を保存するように求めるメッセージが表示されます。

作成したマクロを表示するには、次のコマンドを実行します。

  1. [Developer >Visual Basic]をクリックして、Visual Basicエディター (VBE) を起動します。このエディターでは、マクロが保存されます。

  2. 個人用マクロ ブックは、左側の [Projectエクスプローラー ] ウィンドウにあります。 表示しない場合は、エクスプローラーの [ビュー ]> Project移動します

  3. VBA Project (PERSONAL.xlsb)フォルダー > Modules > Module1)をダブルクリックすると、記録した空の Macro1 が表示されます。 後でコードを追加するには、削除するか、保持することができます。

注: 新しいモジュール のインスタンスにマクロを記録Excel、VBA によって新しい Module フォルダーが自動的に作成され、その番号がインクリメントされます。 したがって、Module1 と Module2 が既に存在する場合は、VBA によって Module3 が作成されます。 [エクスプローラー] の下にある [プロパティ]ウィンドウでモジュールの名前を変更Project、モジュール内のマクロの機能をよりよく反映できます。

別のコンピューターにマクロを移動する

アプリケーション Personal.xlsb ファイルは、システムのスタートアップ フォルダーに格納されます。 マクロを他のユーザーと共有する場合は、Personal.xlsb を他のコンピューターのスタートアップ フォルダーにコピーするか、他のコンピューターの Personal.xlsb ファイルにマクロの一部またはすべてがコピーされます。 Finder で [ 移動] を選択、Option キーを押しながら [ライブラリ] を 選択します。 [ライブラリ] ウィンドウで、[グループ コンテナー] > xyz.Office (xyz は "UBF8T346G9" のようなテキスト文字列) >ユーザーコンテンツ >スタートアップ> Excel) に移動します。 b ファイルを Personal.xlsフォルダーに貼り付Excelします。

他のユーザーと共有するマクロが 1 つ以上ある場合は、それらを含むブックを送信できます。 ブックは、共有ネットワーク ドライブまたは SharePoint Services ライブラリを使って共有することもできます。

ブック間でマクロをコピーする方法については、「マクロ モジュールを別のブックにコピーする」を参照してください。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×