You have multiple accounts
Choose the account you want to sign in with.
埋め込みの Web パーツを使用した、ページへのコンテンツの追加

サイトに最新のページを追加するときに、Web パーツを追加および カスタマイズして、新しいページ SharePoint できます。 この記事では、埋め込み Web パーツについて説明します。

埋め込み可能なサイト (YouTube や Bing マップなど) から、 SharePoint ページにコンテンツを表示できます。 多くのサイトでは、サイトの Web アドレスをコンテンツに使用するか、サイトが提供する埋め込みコードを使用できます。

Web サイトのアドレスを使用してコンテンツを表示する

コンテンツのサイトの Web アドレスをコピーして埋め込み Web パーツ に貼り付け、一部の Web サイトからコンテンツを埋め込む。

  1. 使用する埋め込み可能なコンテンツのリンクをコピーします。 これを行うには、埋め込むコンテンツを含むサイトに移動します。 コンテンツの近くのどこかに、[共有] ボタンまたはリンクが表示されるのが一般的です。 それをクリックし、指定されたリンク アドレスをコピーします。

    コンテンツの埋め込みに Web サイトのアドレスを使用する例
  2. [SharePointページで、編集モードを使用している必要があります。 表示されない場合は、ページ の上部にある [ 編集] をクリックします。

  3. ページに埋め込み Web パーツが表示されていない場合は、既存の Web パーツの上または下またはタイトル領域の下にマウス ポインターを置き、[ 最新の Web パーツをページに追加するために使用される丸付きプラス記号] をクリックし、一覧から [埋め込み </> Web パーツ] を選択します。

  4. 右側のプロパティ ウィンドウで、前にコピーした Web サイト アドレスを [Web サイト アドレス] または [埋め込みコード ] ボックスに貼り付 けます。

    ビデオ URL または埋め込みコードを フィールドに貼り付ける

注: 

  • プロパティ ウィンドウが表示しない場合は、Webパーツの左側にある [Web [Web パーツの編集] ボタン 編集] をクリックします。

  • コンテンツへのリンクは、リンクを使用してコンテンツを埋め込む特定のサービスを提供する Web サイトでのみ機能します。 埋め込むコンテンツでリンクが機能しない場合は、代わりに埋め込みコードを使用してみてください。

埋め込みコードを使用してコンテンツを表示する

埋め込みコードとは、別のページのコンテンツの表示方法を説明する、Web サイトからの特殊な指示の一覧です。 多くのサイトでは、コピーして貼り付け、埋め込むことができる埋め込みコードが用意されています。 通常、埋め込みコードまたは/<のラベルが付いたボタン>。 これにより、コードが含まれるテキスト ボックスが開きます。

たとえば、Vimeo の ビデオの [共有 ] ボタンをクリックして、共有ダイアログに埋め込みコードを表示します。

SharePoint のページにコンテンツを埋め込む埋め込みコードを使用する例

埋め込みコードを使用するには、次の操作を行います。

  1. 使用するコンテンツの埋め込みコード (使用可能な場合) をコピーします。 これを行うには、埋め込むコンテンツを含むサイトに移動します。 コンテンツの近くのどこかに、通常は [共有] ボタンまたはリンク、または [埋め込みコード] または [埋め込み] /<ボタンが表示>。 これにより、上記の Vimeo サイトの画像と同様に、いくつかのコードが含まれるテキスト ボックスが開きます。

  2. ページに埋め込み Web パーツをまだ作成していない場合は、ビデオを挿入する領域の SPO 正符号 をクリックし、一覧から [埋め込み] </> Web パーツを選択します。

  3. 右側のプロパティ ウィンドウで、埋め込みコードを [Web サイトのアドレス] または [埋め込み コード] ボックスに貼り付 けます。

    ビデオ URL または埋め込みコードを フィールドに貼り付ける

注: 

  • プロパティ ウィンドウが表示しない場合は、Webパーツの左側にある [Web [Web パーツの編集] ボタン 編集] をクリックします。

別の Web パーツに接続して動的コンテンツを表示する

[埋め込み] Web パーツを使用すると、リンクを入力したり、変数を使用する埋め込みコードを入力したりして、ページ ビューアーで選択した内容に応じてさまざまなアイテムを表示できます。 たとえば、ユーザーが画像 URL の一覧から選択した結果に基づいて画像を表示できます。

詳細と例については、「リスト Web パーツでユーザーが選択した情報に基づいてビデオ、画像、または場所を表示する (埋め込み Web パーツをリスト Web パーツに接続する )」を参照してください。

画像の一覧に接続されている埋め込み Web パーツの例

トラブルシューティング

埋め込み機能が機能しない最も一般的な理由を次に示します。

  • 埋め込みコードは、iframe ベースである必要があります (つまり、iframe タグを使用して開始<終了>します。 タグを使用して<埋め>埋め込みコードはサポートされていません。

  • 埋め込みできるのはセキュリティで保護された Web サイトのみです。 Web サイトの URL が HTTPS で始まるか確認します。

  • すべての Web サイトでページの埋め込みを許可しているとは言えないので、安全で iframe ベースの埋め込みコードを使用している場合でも、埋め込みできない場合があります。 問題が発生した場合は、Web サイトで埋め込み可能な機能を確認してください。

  • サイト コレクション管理者は、ユーザーが外部 Web サイトからコンテンツを埋め込むかどうかを制御できます。 共同作成者にコンテンツの埋め込みを許可しない場合は、"この Web サイトからのコンテンツの埋め込みは許可されません" というエラー メッセージが表示される場合があります。 管理者またはヘルプ記事「コンテンツをページに埋め込む機能を許可または制限SharePointしてください

機能に関するご要望 

セキュリティで解除された Web サイトのコンテンツを埋め込む場合、または別の埋め込み方法を使用する場合、または他の提案やフィードバックがある場合は、お知らせします。  すべてのコメントに必ず目を通しています。

サービスに関するフィードバックをMicrosoft Office

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×