複数のバージョンの Office を同じ PC にインストールして実行する場合に、ほとんどのセットアップ エラーを回避するのに役立つヒントをいくつか紹介します。

注: 特に明記していない場合、以下の記述は Visio や Project などの個々のアプリケーションにも適用されます。

  • Microsoft 365 サブスクリプションまたは Office Home や Business 2019、2016、2013 などのサブスクリプション以外のバージョンを使用している場合は、ほとんどの場合、同じコンピューター上でこれらのバージョンを一緒に実行することはできません。

    これには例外が 1 つあります。2 つの製品のいずれかが MSI (ボリューム ライセンス製品に共通) によってインストールされている場合、これらの 2 つは共存して実行できます。 「Office 2013 スイートおよび Office 2013 プログラム (MSI による展開) を、他のバージョンの Office を実行しているコンピューターで使用する方法について」を参照してください。

  • "Office のインストールはお待ちください..."というエラーが表示される場合があります。 Word などの単体の Office アプリケーションがコンピューターにインストールされていて、より新しいバージョンのアプリケーションが、インストールしようとしているスイート製品に既に含まれている場合に、このような問題が生じます。 この場合は、単体バージョンが削除されます。

    ただし、単体のアプリケーションがインストールしようとしている新しい Office スイート製品に含まれていない場合は、コンピューター上の単体のアプリケーションは残り、Office スイート製品は正常にインストールされます。

  • リモート デスクトップ サービス (RDS) が有効になっている場合、Windows での複数バージョンの Office の実行はサポートされていません。 「リモート デスクトップ サービス (RDS) が有効なコンピューターにおいて、複数バージョンの Office のインストールはサポートされていません」を参照してください。

  • 最初に、以前のバージョンの Office をインストールします。 たとえば、Office 2019、Office 2016、または Office 2013 をインストールする前に、Office 2010 をインストールします。 これは、言語パックや校正ツールだけでなく、Visio、Project、Access Runtime などの Office ファミリーの他の製品にも適用されます。 この順序で Office をインストールしないと、後で Office の新しいバージョンを修復することが必要なことがあります。

  • すべてのバージョンの Office が、32 ビット版または 64 ビット版のいずれかであることを確認します。 32 ビット版と 64 ビット版の Office を共存させることはできません。 「インストール時に "Office (64 ビットまたは 32 ビット) をインストールできない" というエラーが表示される」を参照してください。

これらの推奨事項に従っている場合でも、同じ PC で 2 つのバージョンの Office を使うときに問題が発生することがあります。 両方のバージョンを保持せずに、古いバージョンをアンインストールすることにした場合は、残っているバージョンを修復して、ファイルの関連付けが正しく機能することを確認する作業が必要になる場合があります。

サイドバイサイド インストールの詳細については、次を参照してください。

関連トピック

エラー "Office 2016 のインストールはお待ちください"
同一コンピューターでクイック実行および Window インストーラーを使ってインストールされた Office はサポートされない
Office 2013 スイートおよび Office 2013 プログラム (MSI による展開) を、他のバージョンの Office を実行しているコンピューターで使用する方法について

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×