配列数式 で配列定数を使用する場合は、名前を付け、簡単に再利用できます。

  1. [数式] をクリック>定義] をクリックします

  2. [名前 ] ボックス に定数の名前を入力します。

  3. [参照 ] ボックスに 定数を入力します。 たとえば 、={"January","February","March"} を使用できます

    ダイアログ ボックスは次のように表示されます。

    [新しい名前] ダイアログ ボックス

  4. [OK] をクリックします。

  5. ワークシートで、定数を含むセルを選択します。

  6. 数式バーに、等号と定数の名前 (=Quarter1 など) を入力します

  7. 現在 のサブスクリプション がある場合は、Enter Microsoft 365 します。 それ以外の場合は 、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します

    注: 現在のバージョンのMicrosoft 365を使用している場合は、出力範囲の左上のセルに式を入力しENTERキーを押して、式を動的な配列の数式として確定することができます。 それ以外の場合、最初に出力範囲を選択し、出力範囲の左上のセルに数式を入力し、CTRL+SHIFT+ENTERキーを押して確定し、従来の配列数式として数式を入力する必要があります。 Excel によって、数式の先頭と末尾に中かっこが挿入されます。 配列数式の配列定数の詳細については、「配列数式のガイドラインと例」の「配列定数の名前付け」セクションを参照してください

    動的配列の外観は次 Microsoft 365。

    中かっこのない配列定数の例

注: 

  • 名前付き定数を配列数式として使用する場合は、等号を入力することを忘れないでください。 指定しない場合、配列Excel文字列として解釈され、エラー メッセージが表示されます。

  • 定数には、数値、テキスト、論理値 (TRUE、FALSE など)、エラー値 (#N/A など) を使用できます。 整数、小数点、および科学の形式で数値を使用できます。 テキストを含める場合は、二重引用符 (" " )で囲まれます

  • 配列定数には、他の配列、数式、関数を含めできません。 つまり、コンマまたはセミコロンで区切られたテキスト、数字、または文字のみを含めることができます。 Excel、{1,2,A1:D4} や {1,2,SUM(Q2:Z8)} などの定数を入力すると、警告メッセージが表示されます。 また、数値には、パーセント記号、ドル記号、コンマ、かっこを含め"" は使用できない。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

配列数式を作成する

配列数式を拡張する

配列数式を削除する

配列数式を変更するためのルール

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×