関数を使用して、ワークシートの値を計算する 数式 を作成できます。 たとえば、数式 =SUM(A1:A2)SUM(A1,A2) はどちらも、SUM 関数を使用してセル A1 と A2 の値を加算します。 数式は、常に等号 (=) で始まります。

  1. 数式を挿入するセルをクリックします。

  2. 数式の先頭に関数を入力するには、数式バーの ボタン イメージ をクリックするか、セルに数式を入力します。

    ヒント:  使用できる関数の一覧については、「 関数 (アルファベット順) 」または「 関数 (カテゴリ順)」をご覧ください。

  3. 数式の引数を入力したら、Enter キーを押して、セルに数式の結果を表示します。

ヒント:  関数を頻繁に使用する場合は、ワークシートに数式を直接入力することができます。 等号 (=) と関数名を入力すると、数式の構文と関数の引数についての情報が表示されます。

使用例

関数を使用して数式の例を操作するには、ここのデータを使用します。 数式を表示して変更し、独自の数式を入力することができます。

空のワークシートのセル A1 に表をコピーして、関数を使用する数式の例を操作します。

データ

5

4

2

6

3

8

7

1

数式

説明

結果

'=SUM(A:A)

列 A に含まれるすべての数値を合計します。

=SUM(A:A)

'=AVERAGE(A1:B4)

A1:B4 の範囲内のすべての数値の平均値を算出します。

=AVERAGE(A1:B4)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×