テキスト ファイルまたは Word 文書から Excel に直接エクスポートすることはできませんが、Excel のテキスト インポート ウィザードを使用して、テキスト ファイルからワークシートにデータをインポートできます。 テキスト インポート ウィザードは、インポートするテキスト ファイルを調べ、データが必要な方法でインポートされるのを確認するのに役立ちます。     

注: テキスト インポート ウィザードは、バック互換性のために引き続きサポートされる従来の機能です。 別の方法として、Power Query を使用してテキスト ファイルに接続 して、テキスト ファイルをインポートできます

[データ] タブに移動 し、[テキスト>外部データ の>を取得します。 次に、[テキスト ファイルの インポート] ダイアログ ボックスで、インポートするテキスト ファイルをダブルクリックすると、[テキスト インポート ウィザード] ダイアログが開きます。

手順 1/3

元のデータ型    テキスト ファイル内の項目がタブ、コロン、セミコロン、スペース、その他の文字で区切られた場合は、[区切り記号付き] を 選択します。 各列のすべての項目の長さが同じ場合は、[固定幅] を選択します

行からインポートを開始する    行番号を入力または選択して、インポートするデータの最初の行を指定します。

ファイルの元のファイル    テキスト ファイルで使用される文字セットを選択します。 ほとんどの場合、この設定は既定のままにすることができます。 コンピューターで使用している文字セットとは異なる文字セットを使用してテキスト ファイルが作成された場合は、その文字セットに合わせてこの設定を変更する必要があります。 たとえば、コンピューターで文字セット 1251 (キリル文字、Windows) が使用されているが、文字セット 1252 (西ヨーロッパ、Windows) を使用してファイルが生成された場合は、[ファイルの起点] を 1252 に設定する必要があります。

ファイルのプレビュー    このボックスには、ワークシートの列に区切られたときに表示されるテキストが表示されます。

手順 2/3 (区切りデータ)

区切り記号    テキスト ファイル内の値を分離する文字を選択します。 文字が一覧に表示されない場合は、[その他] チェック ボックスをオンにし、カーソルを含むボックスに文字を入力します。 データ型が固定幅の場合、これらのオプションは使用できません。

連続する区切り記号を 1 つとして扱う    データフィールド間に複数の文字の区切り記号がデータに含まれている場合、またはデータに複数のカスタム区切り記号が含まれている場合は、このチェック ボックスをオンにします。

テキスト修飾子    テキスト ファイル内の値を囲む文字を選択します。 テキストExcel文字が検出されると、その文字の後に続き、その文字が次に出現する前のすべてのテキストは、テキストに区切り文字が含まれている場合でも、1 つの値としてインポートされます。 たとえば、区切り記号がコンマ(、)で、テキスト区切り記号が引用符 (") である場合、"ダラス、テキサス" は 1 つのセルにテキサス州ダラスとしてインポートされます。 テキスト修飾子として文字またはアポストロフィ (') が指定されていない場合、"ダラス、テキサス" は隣接する 2 つのセルに "ダラス とテキサス" としてインポート されます

テキスト区切り記号の間に区切り文字が発生した場合、Excelの区切り文字は省略されます。 テキスト修飾子間に区切り文字が発生しない場合、Excel値に区切り文字が含まれます。 そのため、"ダラス テキサス" (引用符のテキスト修飾子を使用) は、"ダラス テキサス" として 1 つのセルにインポートされます

データのプレビュー    このボックスのテキストを確認して、必要に合ったテキストがワークシートの列に分割されるのを確認します。

手順 2/3 (固定幅データ)

データのプレビュー    このセクションでは、フィールドの幅を設定します。 プレビュー ウィンドウをクリックして、縦線で表される列の分割を設定します。 列の切り替えをダブルクリックして削除するか、列の切り替えをドラッグして移動します。

手順 3/3

[詳細設定] ボタン をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

  • テキスト ファイルで使用される 10 進数と桁区切り記号の種類を指定します。 データが Excel にインポートされると、区切り記号は、[地域と言語のオプション] または [地域] 設定 (Windows コントロール パネル) で場所に指定されている区切り記号と一致します。

  • 1 つ以上の数値に末尾のマイナス記号を含め、指定します。

列データ形式    [データプレビュー] セクションで選択されている列のデータ形式 をクリック します。 選択した列をインポートしない場合は、[列をインポートしない ] (スキップ) をクリックします

選択した列のデータ形式オプションを選択すると、[データ プレビュー] の下の列見出し 形式が表示されます。 [日付] を 選択した場合は、[日付] ボックスで日付形式 を選択 します。

プレビュー データと密接に一致するデータ形式を選択し、インポートExcelデータを正しく変換できます。 次に例を示します。

  • すべての通貨番号の文字の列を通貨形式に変換Excel、[全般] を選択します

  • すべての数値文字の列を文字列形式に変換Excelテキスト] を選択します

  • すべての日付文字の列を変換するには、年、月、日の順に各日付を Excel Date 形式に変換し、[日付]を選択し、[日付] ボックスでYMDの日付の種類を選択します。

Excelが意図しない結果を生成する可能性がある場合は、列を [全般] としてインポートします。 次に例を示します。

  • 列にアルファベットや数字などの書式が混在している場合、列Excelに変換されます

  • 日付の列で、各日付が年、月、日付の順序であり、日付の種類がMDYである場合は、[日付] を選択すると、Excel は列を [全般] 形式に変換します。 日付文字を含む列は、組み込みの日付Excel形式と密接に一致する必要があります。

列Excel形式に変換しない場合は、インポート後にデータを変換できます。

必要なオプションを選択したら、[完了] をクリックして [データのインポート] ダイアログを開き、データの配置場所を選択します。

データのインポート

これらのオプションを設定して、使用するデータ接続プロパティ、インポートされたデータを設定するファイルと範囲など、データ インポート プロセスの実行方法を制御します。

  • [ブックでこのデータを表示する方法を選択する] のオプションは、データ モデルを準備し、そのモデルにこのインポートを追加するオプションを選択した場合にのみ使用できます (この一覧の 3 番目の項目を参照)。

  • ターゲット ブックを指定します。

    • [既存の ワークシート] を選択した場合は、シート内のセルをクリックしてインポートしたデータの最初のセルを配置するか、クリックしてドラッグして範囲を選択します。

    • [ 新しいワークシート] を選択して新しいワークシートにインポートする (セル A1 から開始)

  • データ モデルが配置されている場合は、[このデータをデータ モデルに追加] をクリックして、このインポートをモデルに含める必要があります。 詳細については、「Excel でデータ モデルを作成する」を参照してください。

    このオプションを選択すると、[ブックでこのデータを表示する方法を選択する] のオプション がロック解除されます

  • [プロパティ ] を クリックして、必要な外部データ範囲のプロパティを設定します。 詳細については、外部データ範囲 とそのプロパティの管理に関するページを参照してください

  • データのインポートを完了する準備ができたら 、[OK]をクリックします。

注: テキスト インポート ウィザードは従来の機能で、有効にする必要がある場合があります。 まだ行っていない場合は、次の方法を実行します。 

  1. [File > Options > Data ] をクリックします

  2. [ 従来のデータ インポート ウィザードを表示する] で、[テキスト (レガシ ) から] を選択します

有効にしたら、[データ] タブに移動し、[>データ&変換] >テキスト (レガシ) >データ>取得) に移動します。 次に、[テキスト ファイルの インポート] ダイアログ ボックスで、インポートするテキスト ファイルをダブルクリックすると、テキスト インポート ウィザードが開きます。

手順 1/3

元のデータ型    テキスト ファイル内の項目がタブ、コロン、セミコロン、スペース、その他の文字で区切られた場合は、[区切り記号付き] を 選択します。 各列のすべての項目の長さが同じ場合は、[固定幅] を選択します

行からインポートを開始する    行番号を入力または選択して、インポートするデータの最初の行を指定します。

ファイルの元のファイル    テキスト ファイルで使用される文字セットを選択します。 ほとんどの場合、この設定は既定のままにすることができます。 コンピューターで使用している文字セットとは異なる文字セットを使用してテキスト ファイルが作成された場合は、その文字セットに合わせてこの設定を変更する必要があります。 たとえば、コンピューターで文字セット 1251 (キリル文字、Windows) が使用されているが、文字セット 1252 (西ヨーロッパ、Windows) を使用してファイルが生成された場合は、[ファイルの起点] を 1252 に設定する必要があります。

ファイルのプレビュー    このボックスには、ワークシートの列に区切られたときに表示されるテキストが表示されます。

手順 2/3 (区切りデータ)

区切り記号    テキスト ファイル内の値を分離する文字を選択します。 文字が一覧に表示されない場合は、[その他] チェック ボックスをオンにし、カーソルを含むボックスに文字を入力します。 データ型が固定幅の場合、これらのオプションは使用できません。

連続する区切り記号を 1 つとして扱う    データフィールド間に複数の文字の区切り記号がデータに含まれている場合、またはデータに複数のカスタム区切り記号が含まれている場合は、このチェック ボックスをオンにします。

テキスト修飾子    テキスト ファイル内の値を囲む文字を選択します。 テキストExcel文字が検出されると、その文字の後に続き、その文字が次に出現する前のすべてのテキストは、テキストに区切り文字が含まれている場合でも、1 つの値としてインポートされます。 たとえば、区切り記号がコンマ(、)で、テキスト区切り記号が引用符 (") である場合、"ダラス、テキサス" は 1 つのセルにテキサス州ダラスとしてインポートされます。 テキスト修飾子として文字またはアポストロフィ (') が指定されていない場合、"ダラス、テキサス" は隣接する 2 つのセルに "ダラス とテキサス" としてインポート されます

テキスト区切り記号の間に区切り文字が発生した場合、Excelの区切り文字は省略されます。 テキスト修飾子間に区切り文字が発生しない場合、Excel値に区切り文字が含まれます。 そのため、"ダラス テキサス" (引用符のテキスト修飾子を使用) は、"ダラス テキサス" として 1 つのセルにインポートされます

データのプレビュー    このボックスのテキストを確認して、必要に合ったテキストがワークシートの列に分割されるのを確認します。

手順 2/3 (固定幅データ)

データのプレビュー    このセクションでは、フィールドの幅を設定します。 プレビュー ウィンドウをクリックして、縦線で表される列の分割を設定します。 列の切り替えをダブルクリックして削除するか、列の切り替えをドラッグして移動します。

手順 3/3

[詳細設定] ボタン をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

  • テキスト ファイルで使用される 10 進数と桁区切り記号の種類を指定します。 データが Excel にインポートされると、区切り記号は、[地域と言語のオプション] または [地域] 設定 (Windows コントロール パネル) で場所に指定されている区切り記号と一致します。

  • 1 つ以上の数値に末尾のマイナス記号を含め、指定します。

列データ形式    [データプレビュー] セクションで選択されている列のデータ形式 をクリック します。 選択した列をインポートしない場合は、[列をインポートしない ] (スキップ) をクリックします

選択した列のデータ形式オプションを選択すると、[データ プレビュー] の下の列見出し 形式が表示されます。 [日付] を 選択した場合は、[日付] ボックスで日付形式 を選択 します。

プレビュー データと密接に一致するデータ形式を選択し、インポートExcelデータを正しく変換できます。 次に例を示します。

  • すべての通貨番号の文字の列を通貨形式に変換Excel、[全般] を選択します

  • すべての数値文字の列を文字列形式に変換Excelテキスト] を選択します

  • すべての日付文字の列を変換するには、年、月、日の順に各日付を Excel Date 形式に変換し、[日付]を選択し、[日付] ボックスでYMDの日付の種類を選択します。

Excelが意図しない結果を生成する可能性がある場合は、列を [全般] としてインポートします。 次に例を示します。

  • 列にアルファベットや数字などの書式が混在している場合、列Excelに変換されます

  • 日付の列で、各日付が年、月、日付の順序であり、日付の種類がMDYである場合は、[日付] を選択すると、Excel は列を [全般] 形式に変換します。 日付文字を含む列は、組み込みの日付Excel形式と密接に一致する必要があります。

列Excel形式に変換しない場合は、インポート後にデータを変換できます。

必要なオプションを選択したら、[完了] をクリックして [データのインポート] ダイアログを開き、データの配置場所を選択します。

データのインポート

これらのオプションを設定して、使用するデータ接続プロパティ、インポートされたデータを設定するファイルと範囲など、データ インポート プロセスの実行方法を制御します。

  • [ブックでこのデータを表示する方法を選択する] のオプションは、データ モデルを準備し、そのモデルにこのインポートを追加するオプションを選択した場合にのみ使用できます (この一覧の 3 番目の項目を参照)。

  • ターゲット ブックを指定します。

    • [既存の ワークシート] を選択した場合は、シート内のセルをクリックしてインポートしたデータの最初のセルを配置するか、クリックしてドラッグして範囲を選択します。

    • [ 新しいワークシート] を選択して新しいワークシートにインポートする (セル A1 から開始)

  • データ モデルが配置されている場合は、[このデータをデータ モデルに追加] をクリックして、このインポートをモデルに含める必要があります。 詳細については、「Excel でデータ モデルを作成する」を参照してください。

    このオプションを選択すると、[ブックでこのデータを表示する方法を選択する] のオプション がロック解除されます

  • [プロパティ ] を クリックして、必要な外部データ範囲のプロパティを設定します。 詳細については、外部データ範囲 とそのプロパティの管理に関するページを参照してください

  • データのインポートを完了する準備ができたら 、[OK]をクリックします。

注: データが Word 文書内にある場合は、最初にテキスト ファイルとして保存する必要があります。 [ファイル] >名前を付けて保存] をクリックし、ファイルの種類として [テキスト (.txt) を選択します。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

Microsoft Power Query for Excel の概要

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×