[ドキュメント]、[ピクチャ]、[デスクトップ] フォルダーを OneDrive でバックアップする

重要なフォルダー (デスクトップ、ドキュメント、および画像フォルダー) は、 OneDrive PC フォルダーバックアップを使用してWindows PC にバックアップできるため、保護され、他のデバイスで使用できます。 コンピューターに OneDrive をまだ設定していない場合は、「WindowsでファイルをOneDriveと同期する」を参照してください。 PC フォルダーのバックアップ (サブスクリプションのない最大 5 GB のファイル) の追加コストは発生しません。 OneDriveプランを参照してください。

注: ファイルが OneDriveに保存されていることに驚いた場合は、Windows 10の既定のOneDriveに保存するファイルに関するページを参照してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

PC フォルダーのバックアップを設定する

  1. 重要なフォルダー (デスクトップ、ドキュメント、画像) のバックアップを求めるメッセージが表示されたら、プロンプトを選択してフォルダーのバックアップ ウィザードを開始します。

    プロンプトが表示されない場合、またはウィザードを既に終了している場合は、Windows通知領域で白または青のクラウド アイコンを選択し、> 設定 OneDrive のヘルプと設定のアイコン選択してから、バックアップ管理> Backupします。

    OneDriveのデスクトップ設定の [Backup] タブ

  2. [ フォルダーのバックアップ ] ダイアログで、バックアップするフォルダーが選択されていることを確認します。

    OneDriveの [重要なフォルダーの保護の設定] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

  3. [バックアップの開始] を選択します。

  4. ファイルが OneDriveに同期されている間は、ダイアログ ボックスを閉じてください。 または、ファイルの同期を確認するには、[ アップロードの進行状況の表示] を選択します。 ダイアログを既に閉じている場合は、 OneDrive アクティビティ センターを開くには、通知領域で白または青のクラウドを選択します。

任意のデバイス上のバックアップ フォルダーにアクセスする

ファイルの OneDriveへの同期が完了すると、ファイルはバックアップされ、ドキュメント、デスクトップ、または画像の任意の場所からアクセスできます。 デスクトップ フォルダーをバックアップすると、デスクトップ上のアイテムが、 OneDrive実行している他の PC デスクトップに移動します。

OneDrive では最大 5 GB のファイルを無料でバックアップでき、Microsoft 365 サブスクリプションでは最大 1 TB までバックアップできます。

無料でMicrosoft 365を試す

コンピューター上の OneDrive 同期アプリ にサインインしている場合は、エクスプローラーを使用して OneDriveにアクセスできます。 OneDrive モバイル アプリを使用して 、任意のデバイス上のフォルダーにアクセスすることもできます。

PC フォルダーのバックアップを管理または停止する

OneDriveでフォルダーのバックアップを停止または開始するには、 OneDrive 設定でフォルダーの選択を更新します。 

  1. OneDrive設定を開きます (通知領域で白または青のクラウド アイコンを選択し、> 設定OneDrive のヘルプと設定のアイコン選択します)。

    代替テキスト

  2. 設定で、バックアップの管理> Backupを選択します。

  3. フォルダーのバックアップを開始するには、バックアップされた ファイルとは言わないフォルダーを選択し、[ バックアップの開始] を選択します。

  4. フォルダーのバックアップを停止するには、[ バックアップの停止] を選択し、要求を確認します。  以下の重要な注意事項を参照してください。

OneDrive内のフォルダーの保護を停止した場合のスクリーンショット

  • フォルダーのバックアップを停止すると、OneDriveによって既にバックアップされたファイルはOneDrive フォルダーに残り、デバイス フォルダーには表示されなくなります。 

  • バックアップを停止したフォルダーに、OneDrive内のフォルダーへのショートカットである [ファイルの場所] というタイトルのアイコンが表示されます。 ファイルにアクセスするには、アイコンを選択してOneDriveフォルダーを開きます。 

  • これらのファイルをOneDriveではなくデバイス フォルダーに戻す場合は、OneDrive フォルダーからデバイス フォルダーに手動で移動します。 デバイス上のそのフォルダーに追加した新しいファイルは、バックアップを停止した後はOneDriveによってバックアップされないことに注意してください。

  • ファイルを移動します。 [ファイルの場所] を選択してフォルダーをOneDriveで開き、デバイス フォルダーに移動するファイルを選択し、その場所にドラッグします。

自分のファイルの場所を示すアイコン

PC フォルダーのバックアップに関する問題を修正する

PC フォルダーのバックアップを設定するときに発生する可能性があるエラーの一覧と、それらを解決する方法を次に示します。

  • 次の種類のファイルを保護することはできません。データベース ファイル (.pst) Outlook。

  • フォルダー保護が利用できない: このエラーの一般的な理由は、ドメインに接続されている PC 上の重要なフォルダーを個人用 OneDrive アカウントで保護できないことです (Microsoft アカウントでサインインしている場合)。 データ保護ソリューションの詳細については、IT 管理者にお問い合わせください。 職場または学校のアカウントでは、この問題は発生しません。

  • ファイルが最大パス長を超えています。ファイル名を含むファイル パス全体に含まれる文字数が 260 文字未満であることを確認します。 ファイル パスの例は次のとおりです:
    C:\Users\<UserName>\Pictures\Saved\2017\decembe2\Holiday\NewYears\Family...
    これを解決するには、ファイルの名前または OneDrive内のサブフォルダーの名前を短くするか、最上位フォルダーに近いサブフォルダーを選択します。

  • ファイルが最大ファイル サイズを超えています。 OneDrive250 GB経由でファイルを同期できません。 保護するフォルダーからこれらのファイルを削除してから、もう一度やり直してください。

  • ファイル名は OneDriveでは 使用できません 。ファイル名はスペースで始めたり、次の文字を含めたりできません : \ : / * ? < > " |. 続行するには、ファイルを移動するか名前を変更してください。

  • フォルダーが同期用に選択されていません。エラーが発生したフォルダーが PC と同期されていません。 このエラーを解決するには、 OneDrive 設定を開き (通知領域で白または青のクラウド アイコンを右クリックし、設定を選択)、[フォルダーの選択] を選択し、保護するフォルダーが選択されていることを確認します。 画像にこのエラーが表示されている場合は、ピクチャ、スクリーンショット、カメラ ロールがすべて選択されていることを確認します (または存在しません)。 OneDrive フォルダーの名前が、Windows重要なフォルダーとは異なる場合もあります。

  • 重要なフォルダーは既定の場所にありません。エラーが発生したフォルダーには別の重要なフォルダーが含まれており、含まれているフォルダーが移動されるまで保護できません。 フォルダー内に含まれる可能性のある重要なフォルダーには、ドキュメント、デスクトップ、画像、スクリーンショット、カメラ ロール、 OneDrive フォルダーなどがあります。

  • エラー コード0x80070005で不明なエラーが発生しました。エラー コード 0x80070005を受け取った場合は、[ユーザーによるプロファイル フォルダーのリダイレクトを禁止する] グループ ポリシーが有効になります。 選択したフォルダーのファイルが、 OneDrive フォルダー内の同じ名前のフォルダーに移動され、元の場所が空である場合があります。 フォルダーの内容を元の場所に戻し、ポリシーを変更できるかどうかを管理者に確認します。

  • フォルダーには再解析ポイント (ジャンクション ポイントまたはシンボリック リンク) が含まれています:保護するフォルダーには、ファイル システムの一部をリンクする特殊なファイルの種類が含まれています。 これらの項目は保護できません。 フォルダーを保護するには、問題の原因となっているファイルを削除します。 

  • PC フォルダーのバックアップ後: OneDriveは、以前に開いていたノートブックを自動的に再度開こうとします。 まれに、PC フォルダーのバックアップ後に、一部のノートブックがOneNoteデスクトップ アプリに自動的に読み込まれない場合があります。 この問題の回避策は、ファイル >開くを使用して、OneNote アプリでノートブックを再度開く方法です。

    注意: アプリケーションによっては、これらのリンクが正しく機能するように依存している場合があります。 安全に変更できることがわかっているリンクのみを削除します。

詳細情報

補足説明

サポートへのお問い合わせアイコン

サポートに問い合わせ
Microsoft アカウントとサブスクリプションに関するヘルプについては、「Account & Billing Help 」を参照してください

テクニカル サポートについては、「Microsoft サポートに問い合わせ」 にアクセスし、問題を入力し、[ヘルプ]を選択します。 それでもサポートが必要な場合は、[サポートに問い合わせ] を選択して、最適なサポート オプションに導きます。

職場または学校のバッジ

管理者
管理者は、管理者、OneDriveのヘルプを表示するか、OneDrive 技術Community、Microsoft 365のサポートにお問い合わせください

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×