目次
×
最近の OneDrive の問題に関する修正プログラムと回避策

最終更新日: 2021 年 11 月 24 日

最近の問題

OneDrive へのオンライン アクセスで問題がある場合は、サービス正常性ポータルで Microsoft Office Online サービスの状態を確認できます。

最終更新日: 2021 年 11 月 24 日

問題

一部のお客様は、共有ファイルまたは共有フォルダーへのリンクをクリックすると、正しくサインインできません。

回避策

共有リンクをクリックする前に、onedrive.com にサインインしてください。

最終更新日: 2021 年 11 月 22 日

問題

一部のお客様は、次のエラーとともに保存した電子メールの .msg ファイルをプレビューできない可能性があります:

  • ファイルは開かれませんでした

  • プレビューするファイルがありません

  • ふーむ...このファイルには表示できるプレビューが存在しないように思われます。

状態

現在、その問題について取り組んでいます。ご不便をおかけして申し訳ありません。

最終更新日: 2021 年 11 月 22 日

問題

共有されているアルバムにアイテムを追加しようとしたとき、"アイテムが追加されなかった" というエラーが表示されるお客様もいます。

状態

他のユーザーのアルバムに画像を追加することはできません。共有フォルダーにのみ追加できます。 そこに存在すべきではない、[アイテムの追加] ボタンの削除に懸命に取り組んでいます。

問題

macOS Monterey への更新後にオンプレミスの SharePoint Server にサインインした場合に、OneDrive がハングまたはクラッシュしたと表示されます。

SharePoint Online は影響を受けません。

回避策

Microsoft ではこの問題に取り組んでいますが、それまでは以下の手順に従います。

  1. macOS Monterey に更新していない場合は、この問題が解決されるまで更新プログラムを延期することを検討してください。

  2. macOS Monterey に既に更新している場合は、引き続き Web から SharePoint および OneDrive のコンテンツにアクセスできます。

問題

ユーザーの中には、OneDrive ストア アプリを起動したときにエラー コード 0x80049d61 が表示される場合があります。 当社ではこの問題を確認しており、修正プログラムをできるだけ早くリリースできるよう作業を進めています。

回避策

OneDrive デスクトップ アプリを使用するか、または Onedrive.com に移動します。

最終更新日: 2020 年 11 月 19 日

問題

MacOS Big Sur に更新した後しばらくの間、一部の Mac ユーザーに "変更処理中" と表示されることがあります。

推奨アクション 

これは、OS アップグレードの一環で発生した VolumeID の変更によるものです。

操作は必要ありません。変更が完了するまでお待ちください。

問題

一部の顧客は、Personal Vault フォルダーで間違った言語のテキストが表示されていることを確認する場合があります。

これは、OneDrive の言語設定と PC の言語設定が異なるためです。

推奨アクション 

修正を展開し始めましたが、すぐに使用できる 2 つの回避策を用意しています:

  1. PC の言語設定に合わせて Microsoft アカウントのプロフィールの言語設定 を変更します ([スタート]、[設定]、[表示言語] の順に選択します)。

  2. サインアウトして、すべてのブラウザー ウィンドウを閉じます。

  3. Personal Vault フォルダーの名前を変更する:

    1. OneDrive.com にサインインします。

    2. Personal Vault フォルダーのロックを解除します。

    3. トップ メニュー バーから [名前の変更] を選択します。 これで、言語設定が同期します。

問題

BT Web Protect が有効になっているルーターを使用しているお客様は、OneDrive にアクセスできません。 BT Web Protect はネットワーク レベルで動作し、BT ID を使用してログインした際に、自宅の BT ブロードバンド接続または BT Wi-Fi を使用しているすべてのデバイスにこの保護が適用されるためです。

状態: 回避策

OneDrive へのアクセスを許可するには、BT Web Protect を無効にします。

  1. BT アカウントにサインインします

  2. [個人用セキュリティ設定] ページに移動します。

  3. [BT Web Protect] をオフに切り替えます。

    [BT セキュリティの設定] ページ

注: BT 以外のルーターを使用している場合、BT Web Protect との互換性を持たせるには他の設定も変更する必要がある場合があります。

一般的な問題

OneDrive バックアップ設定に、お使いのデスクトップが含まれるようになりました。 PC のデスクトップ、または OneDrive デスクトップ フォルダーのいずれかを表示できます。

多数の対象ユーザー向け Windows 10 の新規インストールでは、既定でファイルは PC ではなく OneDrive に保存されます。 お使いの OneDrive バックアップ設定を変更する方法は、「Windows 10 の既定ではファイルがどのように OneDrive に保存されるか」を参照してください。

問題

OneDrive.com web サイトを使用してファイルをアップロードする場合、表示される日付は、アップロードした時刻と日付であり、予期したファイルの日付ではありません。

ヒント: 

  • 写真のタイム ゾーンが誤っているように思われる場合、それは画像の EXIF メタデータにタイム ゾーン情報がないためです。 OneDrive では、"撮影日" フィールドのタイム スタンプは常に UTC で表示されます。

  • ビデオ ファイルにはタイム ゾーン データが含まれているため、正しい時刻が表示されます。

回避策

正しい日付が表示されるようにするには、お使いの PC 上でファイルまたはフォルダーを右クリックし、[このデバイス上で常に保持する] を選択して、ファイルやフォルダーが利用可能であることを確認します。

Windows 10 用 OneDrive ファイル オンデマンドでディスク領域を節約します

ファイル、フォルダー、またはドライブのプロパティを表示すると、[サイズ] と [ディスク上のサイズ] に違いが見られる場合があります。 これは、次の理由が原因である可能性があります。

  1. OneDrive ファイル オンデマンドの機能は、ファイルをコンピューターにダウンロードせず、プレースホルダーまたはリンクのみをダウンロードします。

  2. ストレージ ユーティリティは、実際のファイルではなく、ファイル カテゴリを表示します。

詳細については、「OneDrive のディスク容量とファイル サイズが一致しない」理由をご覧ください。

同期するフォルダーの一覧からフォルダーの選択を解除した後に次のエラーが表示される場合があります。"OneDrive にファイルまたはフォルダーが既に存在します。"

回避策のオプション:

オプション 1: フォルダーを PC から削除する。

注: フォルダーは引き続き OneDrive に保存されているため、削除しても大丈夫です。 フォルダーを OneDrive には保存せずに PC のみに保存する場合は、そのフォルダーを PC の OneDrive フォルダー以外の場所へ移動させます (オプション 2 を参照)。

オプション 2: OneDrive からファイルまたはフォルダーを削除する。

注: 選択的同期に含まれているファイルいついては、フォルダーをOneDrive フォルダー以外の場所に移動させます。 これにより、ファイルおよびフォルダーが OneDrive.com から削除され、PC 上でのみ利用できるようになります。

問題

コンピューター名がファイル名に追加されたファイルが重複して作成される。例:

  • book1.xlsx

  • book1-desktop-computer.xlsx

回避策

Windows:

  1. [スタート] を選択して、"資格情報" と入力し、[資格情報マネージャー] を選択します。

  2. [Windows 資格情報] タブを選択します。

  3. [汎用資格情報] で、"OneDrive Cached Credentials" を含む任意のエントリを見つけて、削除します。

  4. OneDrive を再起動します。

Mac:

  1. [スポットライト] 検索で「キーチェーン」と入力し、[キーチェーン アクセス] を選択します。 スポットライトが表示されない場合は、[ユーティリティ] フォルダーに移動して、そこから [キーチェーン アクセス] を開きます。

  2. 「OneDrive」を検索します。

  3. [OneDrive Cached Credential] を削除します。

  4. OneDrive を実行します。

これらの回避策を行っても問題が解決しない場合は、OneDrive をアンインストールして、再インストールしてください。

: お使いのコンピューターで OneDrive を無効化またはアンインストールしても、ファイルやデータが失われることはありません。 OneDrive.com にサインインすればいつでもファイルにアクセスできます。

問題

Mac 向け OneDrive にアカウントを追加しようとすると、次のエラーが表示される場合があります。"このアカウントを既に同期しています。"

回避策

  1. [Spotlight] 検索で「キーチェーン」と入力し、[キーチェーン アクセス] を選択します。 スポットライトが表示されない場合は、[ユーティリティ] フォルダーに移動して、そこから [キーチェーン アクセス] を開きます。

  2. 「OneDrive」を検索します。

  3. [OneDrive Cached Credential] を削除します。

  4. /ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Group Containers/ に移動します。

  5. UBF8T346G9.OneDriveSyncClientSuite.plist および UBF8T346G9.OfficeOneDriveSyncIntegration.plist を見つけて削除します。

  6. OneDrive を再起動します。

ヒント

補足説明

サポートへのお問い合わせアイコン

サポートに問い合わせ
Microsoft アカウントとサブスクリプションに関するヘルプについては、「Account & Billing Help 」を参照してください

テクニカル サポートについては、「Microsoft サポートに問い合わせ」 にアクセスし、問題を入力し、[ヘルプ]を選択します。 それでもサポートが必要な場合は、[サポートに問い合わせ] を選択して、最適なサポート オプションに導きます。

職場または学校のバッジ

管理者
管理者は、管理者、OneDriveのヘルプを表示するか、OneDrive 技術Community、Microsoft 365のサポートにお問い合わせください

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×