LAMBDA を各行に適用し、結果の配列を返します。 たとえば、元の配列が 3 列 x 2 行の場合、返される配列は 1 列 x 2 行です。       

Office Insider のみが利用できる機能 この機能は現在 Office Insider のみが利用できます。

構文

=BYROW(array, lambda(row))

BYROW 関数の構文には、次の引数があります:

  • 配列      行で区切られる配列。

  • lambda      行を 1 つのパラメーターとして受け取り、1 つの結果を計算する LAMBDA。 LAMBDA は以下のシングル パラメーターを取ります:

  • row   配列からの行。

エラー

無効な LAMBDA 関数または誤った数のパラメーターを指定すると、#VALUE! が返されます 「不正なパラメーター」と呼ばれるエラー。

LAMBDA 関数を提供しないと、LAMBDA 関数から返される単一の値以外は #CALC エラーを返します。

例 1:データの各行の最大値を返します

サンプル データをセル A1:C2 に入力し、数式をセル D4 にコピーします。

=BYROW(A1:C2, LAMBDA(array, MAX(array)))

最初の BYROW 関数の例

例 2: SUMSQ 関数を使用して、配列の各 2 乗値の最大値を返します。

サンプル データをセル A1:C2 に入力し、数式をセル D4 にコピーします。

=BYROW(A1:C2, LAMBDA(array, SUMSQ(array)))

2 番目の BYROW 関数の例

関連項目

MAP 関数

REDUCE 関数

SCAN 関数

MAKEARRAY 関数

BYCOL 関数

ISOMITTED 関数

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×