COUNTBLANK 関数

COUNTBLANK関数 (統計関数の 1 つ) を使用して、セル範囲内の空白セルの数をカウントします。

構文

COUNTBLANK(範囲)

COUNTBLANK 関数の構文には、次の引数があります。

  • 範囲    必ず指定します。 空白セルの個数を求めるセル範囲を指定します。

解説

空白文字列 ("") を返す数式が入力されているセルも計算の対象となります。 ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となりません。

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。

データ

データ

6

27

4

34

数式

説明

結果

=COUNTBLANK(A2:B5)

上記のセル範囲に含まれる空白セルの個数を返します。

2

注: Excel で貼り付け時に、一部のブラウザーからコピーすると、数式の先頭にアポストロフィが追加される場合があります。 数式に結果が表示されない場合は、そのセルを選択し 、F2キーを押してアポストロフィを削除し 、Enterキーを押します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式エラーを見つけて修正する

Excel キーボード ショートカットとファンクション キー

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×