We couldn’t sign you in
Select the account you want to use.

このトピックでは、数式で INDEX と MATCH 関数を組み合わせて使用したときに #VALUE! エラーが発生する一般的なシナリオについて説明します。 INDEX と MATCH を組み合わせて使用する最も一般的な理由の 1 つは、検索値が 255 文字を超える場合など、VLOOKUP が自動的に機能しないシナリオで値を検索するためです。

問題:数式が配列として入力されていない

値を取得するために配列数式として INDEX を MATCH と共に使用している場合は、数式を配列数式に変換する必要があります。それ以外の場合は、配列数式#VALUE。 エラーが表示されます。

解決策: INDEX と MATCH は配列数式として使用する必要があります。つまり、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押す必要があります。 これで、数式は自動的に中かっこ {} で囲まれます。 自分で入力すると、数式 Excel テキストとして表示されます。

255 文字よりも大きい参照値がある場合に INDEX/MATCH を使用する場合は、これを配列数式として入力する必要があります。  セル F3 の式は =INDEX(B2:B4,MATCH(TRUE,A2:A4=F2,0),0) で、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押して入力します。

注: 現在のバージョンの Microsoft 365 がある場合は、出力セルに数式を入力し、Enterキーを押して数式を動的配列数式として確認できます。 それ以外の場合は、最初に出力セルを選択し、出力セルに数式を入力し 、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押して確定することで、従来の配列数式として数式を入力する必要があります。 Excel によって、数式の先頭と末尾に中かっこが挿入されます。 配列数式の詳細については、「配列数式のガイドラインと例」を参照してください。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

エラー値 #VALUE! を修正する

INDEX 関数

MATCH 関数

VLOOKUP、INDEX、MATCH を使用して値を検索する

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

すべてのExcel関数 (アルファベット順)

全 Excel 関数 (機能別)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×