Microsoft Lens でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Microsoft Lens でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」を参照してください。

Microsoft Lens では、iOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、キャプチャ モードの選択、画像の撮影、画像の編集、ファイルのインポート、画像の保存など、すべての基本的なタスクをすばやく実行できます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

キャプチャ モードを選択する

  1. この Microsoft Lens、"カメラ モード" に続いて現在選択されているモードが聞こえるまで右にスワイプします。

  2. 上または下にスワイプして、キャプチャ モード間を切り替えます。

写真を撮影する

  1. "キャプチャ ボタン" と読み上されるまで右にスワイプします。

  2. 写真を撮影するターゲットにカメラを向け、画面をダブルタップします。 "処理が完了しました" と読み上されます。

画像を編集する

図をトリミングする

  1. 画像を撮影したら、"トリミング ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. 左または右にスワイプして、画像の周囲のトリミング ハンドルを切り替える。 画面をダブルタップしてドラッグし、トリミング ハンドルを移動します。

  3. "完了" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

図を回転する

  1. 画像を撮影したら、"回転ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 画像は時計回りに 90 度回転します。

  2. 画像をさらに 90 度ずつ回転するには、もう一度画面をダブルタップします。

ファイルをインポートする

  1. [ Microsoft Lensで、"ライブラリから写真を選択ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 [ フォト] ウィンドウが開きます。

  2. 正しいフォルダーの名前が聞こえるまで右にスワイプして、ファイルをインポートするフォルダーを選択し、画面をダブルタップします。

  3. 正しいファイル名が読み上されるまで右にスワイプして、インポートするファイルを選択し、画面をダブルタップします。 選択したファイルが新しいウィンドウで Microsoft Lens。

画像を保存する

  1. 画像を撮影したら、"完了ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. "タイトル" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. スクリーン キーボードを使用して、ファイルに名前を付きます。

  4. 画像を保存する場所を選択するには、目的の場所が聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして選択します。 複数の場所を選択できます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Lens を探して移動する

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Microsoft Lens では、Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、キャプチャ モードの選択、画像の撮影、画像の編集、ファイルのインポート、画像の保存など、すべての基本的なタスクをすばやく実行できます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

キャプチャ モードを選択する

  1. この Microsoft Lens、"キャプチャ モード" に続いて現在選択されているモードが聞こえるまで右にスワイプします。

  2. 2 本の指で上または下にスワイプして、キャプチャ モード間を切り替えます。

写真を撮影する

  1. "キャプチャ ボタン" と読み上されるまで右にスワイプします。

  2. 写真を撮影するターゲットにカメラを向け、画面をダブルタップします。

  3. "処理された画像" と聞こえ、その後に現在のバッチ内の画像の数が聞こえました。

画像を編集する

図をトリミングする

  1. 画像を撮影したら、"トリミング" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. 画像の周囲のトリミング ハンドルを切り替える場合は、左または右にスワイプします。 画面をダブルタップしてドラッグし、トリミング ハンドルを移動します。

  3. "完了ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

図を回転する

  1. 画像を撮影したら、"回転" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 画像は時計回りに 90 度回転します。

  2. 画像をさらに 90 度ずつ回転するには、もう一度画面をダブルタップします。

ファイルをインポートする

  1. この Microsoft Lens、"インポート ボタン" と読み上されるまで右にスワイプし、読み上がった後、画面をダブルタップします。 [最近使ったファイル] フォルダーが開き、最近追加した写真がデバイスに一覧されます。

  2. 表示されたルート フォルダーを変更するには、"ルートの表示ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップし、正しいフォルダーが聞こえるまで右にスワイプし、もう一度画面をダブルタップして選択して、新しいフォルダーを選択します。

  3. 選択したルート フォルダーのサブフォルダー間を移動するには、正しい名前が聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップしてそのフォルダーを開きます。

  4. 正しいファイルが読み上されるまで右にスワイプして、インポートするファイルを選択し、画面をダブルタップします。

  5. "完了" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 選択したファイルが新しいウィンドウで Microsoft Lens。

画像を保存する

  1. 画像を撮影したら、"画像の保存ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. 写真が撮影された日時に続いて、"Office Lens、編集ボックス" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. スクリーン キーボードを使用して、ファイルに名前を付きます。

  4. "保存先" と読み上こえるまで右にスワイプします。

  5. 画像を保存する場所を選択するには、目的の場所が聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして選択します。 複数の場所を選択できます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Lens を探して移動する

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

×