You have multiple accounts
Choose the account you want to sign in with.
Microsoft Plannerのキーボード ショートカット

多くのユーザーは、 Microsoft Planner のキーボード ショートカットで外部キーボードを使用すると、より効率的に作業できることがわかります。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 その他のレイアウトでのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない可能性があります。

  • ショートカットのプラス記号 (+) は、複数のキーを同時に押す必要があることを意味しています。

  • ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味しています。

  • Planner を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Planner は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Planner には適用されません。

Plannerのキーボード ショートカット

次の表では、 Planner移動、アイテムのアクティブ化、アイテムの移動に使用できるキーボード ショートカットについて説明します。 この表には、ほとんどのブラウザーでサポートされているショートカットと、 Plannerに固有のショートカットが含まれています。

目的

キー

次の領域または項目に進みます。

たとえば、左側のナビゲーション ウィンドウで次のプランに移動したり、1 つのタスク バケットから次のタスク バケットに移動したり、タスク バケット内の 1 つの要素から次の要素に移動したりします。

Tab キー

前の領域または項目に戻ります。

Shift キー + Tab キー

アイテムをアクティブ化または開きます。

たとえば、プランでボードを開いたり、[ 新しいプラン ] ボタンをアクティブにして新しいプランを作成したり、 ピン留めされたプランの一覧または [すべてのプラン] リストを折りたたんだり展開したりできます。

Enter

メニュー、ダイアログ ボックス、またはモードを終了します。

たとえば、[新しいプラン] ダイアログ ボックスやタスクの詳細ダイアログ ボックスを終了します。

Esc

左側のナビゲーション ウィンドウでスクロール バーを使用できる場合は、下にスクロールします。 または、ダイアログ ボックスが画面に対して長すぎるとき、ダイアログ ボックス内を下に移動する。

下方向キー

左側のナビゲーション ウィンドウでスクロール バーを使用できる場合は、上にスクロールします。 または、ダイアログ ボックスが画面に対して長すぎるとき、ダイアログ ボックス内を上に移動する。

上方向キー

Web ブラウザーで 1 つのページを戻るします。

Alt + 左方向キーまたは Backspace

Web ブラウザーで 1 ページ進みます。

Alt キー + →キー

開いているタスクで、チェックリスト アイテムの場合は、[このタスクを 新しいタスクにする ] オプションと [ チェックリスト アイテムの削除] オプションの間を移動します。

左右の方向キー

関連項目

スクリーン リーダーを使用してプランを作成し、Microsoft Plannerにバケットを追加する

スクリーン リーダーを使用して、ボード上のタスクをグループ化してフィルター処理するMicrosoft Planner

Microsoft Plannerのスクリーン リーダーのサポート

スクリーン リーダーを使用して、Microsoft Plannerを探索して移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×