会議を作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウの一番下にある [予定表] をクリックします。

    [予定表] ボタンが強調表示されたサイドバー ボタン

  2. [ホーム] タブの [会議] をクリックします。

    [ホーム] タブの [会議] オプションが強調表示されています。

  3. 既定のアカウントではないアカウントから招待を送信するには、[From] リストからアカウントを 選択 します。 

  4. [宛先] ボックスに、会議に含めるユーザーまたはリソースの名前を入力します。 名前を選択すると、電話番号、メール アドレス、オフィスの場所など、そのユーザーに関する詳細が表示されます。

    予定表の連絡先Outlook

  5. [件名] ボックスに、会議の説明を入力します。

  6. 会議室の情報がわかっている場合は、[場所] ボックスに 入力 します。それ以外の場合は、 リボンの [Room Finder] ボタンをクリックします。 (会議室 の検索の詳細については、「 会議室を検索する」を参照してください)。

    [会議室の検索] ボタンが強調表示されている Outlook リボン

  7. イベントの詳細を入力し、次の操作を行います。

    目的

    操作

    イベントの [タイム ゾーン] メニューを表示する

    [会議の開催者] タブで、[タイム ゾーン] をクリックします。

    [会議の開催者] タブで [タイムゾーン] オプションが強調表示されている。

    会議に添付ファイルを追加する

    [会議]メニューの[添付ファイル]をクリック>追加します

    会議を定期的なイベントにする

    [会議の開催者] タブで、[定期的なアイテム] をクリックし、定期的なパターンを選びます。

    [会議の開催者] タブで [定期的なイベント] オプションが強調表示されている。

    招待者の空き時間情報を確認する (Exchange アカウントのみ)

    [会議の開催者] タブの [スケジュール] をクリックします。

    [会議の開催者] タブに [スケジューリング] アイコンが表示されています。

    [スケジュール]ボタンをクリックすると、[スケジュール]ウィンドウスケジュール アシスタント表示されます。 スケジュール アシスタントウィンドウに空き時間情報が表示されていない場合は、招待の上部にある [From] フィールドで Exchange アカウントが選択されていないことを確認します。

  8. [送信] をクリックします。

予定を作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウの一番下にある [予定表] をクリックします。

    [予定表] ボタンが強調表示されたサイドバー ボタン

  2. [ホーム] タブの [予定] をクリックします。

    [ホーム] タブの [予定] オプションが強調表示されています。

    ヒント: 予定表内で、日、週、または月のビューで期間をダブルクリックして予定を作成することもできます。 選んだ日付と時間は、自動的に新しいイベント ウィンドウに入力されます。

  3. [件名] と [場所] に入力し、次のいずれかの操作を行います。

    目的

    操作

    イベントの [タイム ゾーン] メニューを表示する

    [予定] タブで [タイム ゾーン] をクリックします。

    [会議の開催者] タブで [タイムゾーン] オプションが強調表示されている。

    予定を定期的な予定にする

    [予定] タブで [定期的なアイテム] をクリックし、定期的なパターンを選びます。

    [会議の開催者] タブで [定期的なイベント] オプションが強調表示されている。

    他のユーザーを招待して予定を会議に変更する

    [予定] タブの [出席依頼] をクリックします。

    [会議の開催者] タブに [招待] アイコンが表示されています。

  4. [予定] タブで 、[保存] をクリック&閉じます

会議を作成する

  1. [予定表] の下部にある [ ナビゲーション ウィンドウ] をクリック[予定表ビュー] ボタン

  2. [ホーム] タブの [会議] をクリックします。

    [予定表] の [ホーム] タブのグループ 1

    ヒント: 日、週、または月のビューで期間をダブルクリックすることもできます。 選んだ日付と時間は、自動的に新しい予定ウィンドウに入力されます。 その後、予定を会議に変換するには、[予定] タブで [出席依頼] をクリックします。

  3. 既定のアカウント以外のアカウントから出席依頼を送信するには、[差出人] ポップアップ メニューでアカウントをクリックします。

  4. [宛先] ボックスに、会議に含めるユーザーまたはリソースの名前を入力します。

    その他の連絡先を検索するには、[リンク先]ボックスの右側にある [連絡先] をクリック 連絡先検索を開く

  5. [場所] ボックスに、説明または場所を入力します。

    ヒント: 

    • 最近使用した会議室の一覧から選択するには、[場所] 最近使った会議室 右側にある [会議室] を クリック します。

    • [場所] が Microsoft Exchange アカウント、組織のディレクトリ内の会議室を検索する場合は、[場所] ボックスの右側にある[ 連絡先検索を開く] をクリックします。

  6. イベントの詳細を入力し、次のいずれかを実行します。

目的

操作

イベントの [タイム ゾーン] メニューを表示する

[会議] タブで、[タイム ゾーン] をクリックします。

[会議] タブ、グループ 5

会議に添付ファイルを追加する

[会議] メニューで [添付ファイル] をクリックし、[追加] をクリックします。

会議を定期的なイベントにする

[会議] タブで、[定期的なアイテム] をクリックし、定期的なパターンを選びます。

[会議] タブ、グループ 5

招待者の空き時間情報を確認する (Exchange アカウントのみ)

[会議] タブの [スケジュール] をクリックします。

[会議] タブ、スケジュール

[スケジュール] をクリックすると、出席依頼の下部に [スケジュール アシスタント] ウィンドウが表示されます。 [スケジュール アシスタント] ウィンドウに空き時間情報が表示されない場合は、出席依頼の上部にある [差出人] ポップアップ メニューで Exchange アカウントが選ばれていることを確認します。

  1. 出席依頼が完成したら、[会議] タブで [送信] をクリックします。

    [送信] グループ

    注: 

    • 既定で、新しい会議では [返信の依頼] 機能が有効になっています。 Microsoft Exchange アカウントをお持ちの場合、出席者からの返信は、予定表で会議を開き、[スケジュール アシスタント] 情報を表示した時点で集計されます。

    • Microsoft Exchange アカウントを使用している場合は、イベントに対して選んだ状態によって、予定表を表示したときに他のユーザーにイベントが表示される方法が異なります。 状態を変更しない場合は、イベントの間、Outlook には "予定あり" と表示されます。 [会議] タブで "空き時間"、"外出中" などの状態を選ぶには、[状態] ポップアップ メニューをクリックします。

予定を作成する

  1. [予定表] の下部にある [ ナビゲーション ウィンドウ] をクリック[予定表ビュー] ボタン

  2. [ホーム] タブの [予定] をクリックします。

    [予定表] の [ホーム] タブのグループ 1

    ヒント: 予定表内で、日、週、または月のビューで期間をダブルクリックして予定を作成することもできます。 選んだ日付と時間は、自動的に新しいイベント ウィンドウに入力されます。

  3. イベントの詳細を入力し、次のいずれかを実行します。

目的

操作

イベントの [タイム ゾーン] メニューを表示する

[予定] タブで [タイム ゾーン] をクリックします。

[予定] タブ、グループ 4

予定を定期的な予定にする

[予定] タブで [定期的なアイテム] をクリックし、定期的なパターンを選びます。

[予定] タブ、グループ 4

他のユーザーを招待して予定を会議に変更する

[予定] タブの [出席依頼] をクリックします。

[予定] タブの [招待]

  1. [予定] タブで、[保存して閉じる] をクリックします。

    [予定] タブ、[保存して閉じる]

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×