PowerPoint でクローズドキャプションまたは字幕をメディアに追加する

Windows 版のPowerPointでは、プレゼンテーション内のビデオとオーディオファイルにクローズドキャプションまたは字幕を追加できます。 クローズドキャプションを追加すると、聴覚障碍のある方やビデオの言語以外の言語を話すユーザーを含め、プレゼンテーションをより多くの人にとってアクセシビリティを高めることができます。

アクセシビリティに関するベストプラクティスについては、「アクセシビリティの高いPowerPoint プレゼンテーションを作成する」を参照してください。

バージョン2016以降では、 PowerPoint は、"WebVTT" と呼ばれる、キャプションファイル用の新しいよりシンプルな形式で表示されています。 次のバージョンの PowerPoint のビデオプレーヤーは、ビデオの再生時にこれらのキャプションを表示できます。

  • PowerPoint 2016

  • PowerPoint 2019

  • PowerPoint for Microsoft 365

クローズドキャプションは、テキストベースのファイルに保存されます。これには、ファイル拡張子が付きます。 自分でクローズド キャプション ファイルを作成することも、キャプション作成ツールを使用することもできます。 使用可能なツールと詳細な手順をオンライン検索するには、検索エンジンで「vtt ファイルの作成」と入力します。

これらのバージョンの PowerPointでビデオを視聴しているときにキャプションを表示する方法については、「クローズドキャプションまたは字幕を有効にする」を参照してください。

この機能の要件

Office 2016では、クローズドキャプション機能が利用可能になるかどうかは、 Office のインストール方法によって異なります。 クローズドキャプションは Office 2016クイック実行インストールの場合にのみ使用できます。MSI ベースのインストールには、クローズドキャプション機能がありません。 この機能が PowerPoint 2016のインストールで利用できるかどうかを確認するには、次のセクションを参照してください。

  1. Office 2016 アプリケーションを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [アカウント] を選択します。

  3. クイック実行インストール Office 2016 の場合は、[更新オプション] ボタンがあります。

    MSI ベースのインストールには、[更新オプション] ボタンがありません。 [ <のアプリケーション名> ] ボタンのみが表示されます。

    クイック実行でインストールした場合は、[アカウント] ページに [更新オプション] ボタンがあります。 MSI ベースでインストールした場合は、このボタンがありません。

Office 2016の MSI ベースのインストールを使用している場合は、この記事の2013セクションに記載されている手順を参照して、どのようなキャプション機能が利用できるかを確認してください。

字幕を作成する

キャプションを追加する前に、ファイル名拡張子 .vtt を付けたテキストベースのキャプション ファイルを準備します。 キャプションファイルの作成方法については、「ビデオのクローズドキャプションを作成する」を参照してください。

クローズド キャプションをビデオに追加する

録画したプレゼンテーションにキャプションを追加するには、ビデオナレーション、画面録画、 PowerPointに挿入したその他のビデオ (オンラインビデオを除く) を使用します。 現時点では、オーディオのみレコーディングへのキャプションの追加はサポートされていません。

  1. PowerPointの標準表示で、キャプションを追加するビデオを含むスライドを開きます。

  2. スライドでビデオを選びます。

  3. [再生] タブで、[キャプションの挿入] ボタンをクリックして、[キャプションの挿入] を選択します。

    PowerPoint のビデオのキャプションを挿入または削除する
  4. [キャプションの挿入] ダイアログで、キャプション ファイルを参照します。 ファイルを選び、[挿入] をクリックします。

  5. 別のキャプション ファイルを追加する必要がある場合は、このプロセスを繰り返します。

  6. ビデオを再生し、キャプションが正しく表示されることを確認します。

ビデオからクローズド キャプションを削除する

PowerPointのビデオに挿入されているクローズドキャプションファイルを編集する必要がある場合は、最初にファイルを削除し、変更してから、ビデオに追加し直すことができます。 PowerPoint ビデオからファイルを削除する前に、コンピューターに保存されているクローズドキャプションファイルの元のコピーがあることを確認してください。

複数のキャプション ファイルをビデオに追加している場合は、次のプロセスを実行して、ビデオに割り当てられたすべてのキャプション ファイルを削除します。

  1. PowerPointの [標準] ビューで、キャプションが含まれているビデオを含むスライドを開きます。

  2. スライドでビデオを選びます。

  3. [再生] タブで、[キャプションの挿入] ボタンをクリックして、[すべてのキャプションの削除] を選択します。

    PowerPoint のビデオのキャプションを挿入または削除する

ヒント: Microsoft 365 を使用している場合は、自分の音声が表示されている場合に、別の言語へのライブ翻訳などのライブ字幕を表示することもできます。 詳細については、「PowerPoint でのリアルタイムの自動キャプションまたは字幕の表示」を参照してください。

オーディオファイルにキャプションを追加する

オーディオファイルにキャプションを追加するには、スタンプアドインを使用する必要があります。

PowerPoint 2013 と PowerPoint 2010、および PowerPoint 2016の MSI ベースのバージョン (Microsoft PowerPoint 用の字幕 text アドイン) では、ビデオファイルとオーディオファイルにクローズドキャプションを追加できます。 キャプション付きのテキストマークアップ (TTML) ファイルが既に関連付けられているキャプション付きのビデオとオーディオファイルを使用している場合は、このアドインを使用してプレゼンテーションに直接インポートできます。 TTML ファイルがない場合は、スタンプキャプションエディターを使用して、プレゼンテーションに直接キャプションを追加できます。

このスタンプアドインでは、次のことができます。

  • テキストマークアップ (TTML) ファイルからキャプションをインポートして、プレゼンテーション内のオーディオまたはビデオにキャプションを作成します。

  • PowerPoint 2010、2013、または2016でクローズドキャプションを作成して編集します。

  • クローズドキャプションを削除します。

  • キャプションを TTML ファイルにエクスポートします。

  • プレゼンテーションモードの場合は、キャプションのオンとオフを切り替えます。 このアドインがインストールされている閲覧者は、この操作を行うこともできます。

  • タイミングが設定したテキストキャプションを編集しているときに、ビデオまたはオーディオの再生を使用します。

  • キャプションを移動したとき、またはビデオのサイズを変更したときに、キャプションを配置します。

  • スタイル、色、配置などの TTML ファイルからテキストの書式設定情報をインポート communicative ます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ダウンロードしてインストールするためのスタンプ

手順 1: Microsoft Office のバージョンを確認する

手順 2: スタンプをダウンロードする

手順 3: スタンプをインストールする

ショートカット キー

図表番号エディターを使って新しい図表番号を作成する

TTML ファイルとしてキャプションをインポートする

キャプションエディターでキャプションを編集または削除する

キャプションの配置、表示、非表示、または削除

ビデオを移動またはサイズ変更した場合のキャプションの配置

プレゼンテーションのキャプションの表示と非表示を切り替える

プレゼンテーションから図表番号を削除する

ダウンロードしてインストールするためのスタンプ

このアドインは、PowerPoint 2010、2013、または2016用に設計されており、Office のバージョン (32 ビットまたは64ビット) 用の適切なアドインをインストールする必要があります。

手順 1: Microsoft Office のバージョンを確認する

使用している Office のバージョン、およびダウンロードする必要があるインストーラーを確認するには、次の操作を行います。

  1. PowerPoint で、[ファイル] タブをクリックします。

  2. [ヘルプ] をクリックします。

  3. [ Microsoft PowerPointのバージョン情報] には、インストールされている Office のバージョン (32 ビット版か64ビット版かなど) が表示されます。

手順 2: スタンプをダウンロードする

必要なバージョンが確認できたら、次の操作を行ってアドインをダウンロードします。

  1. Microsoft PowerPoint (スタンプ) の字幕 Text アドインに移動します。

  2. 使用しているコンピューターの正しいバージョンを選び、.zip ファイルをコンピューターに保存します。

  3. コンピューター上のフォルダーにファイルを抽出します。

手順 3: スタンプをインストールする

適切なスタンプファイルをダウンロードしたら、次の手順に従ってインストールします。

  1. インストールファイルを展開したフォルダーに移動して、スタンプセットアップ (32 ビットまたは64ビット) .msi を実行します。

  2. インストールウィザードの手順に従います。

アドインが正しくインストールされていることを確認するには、次の操作を行います。

  1. PowerPoint を開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

  3. [アドイン] をクリックし、[ Microsoft PowerPoint 用のサブタイトルテキスト] アドインが [アクティブなアプリケーションアドイン] の下に一覧表示されていることを確認します。

    PowerPoint オプション、STAMP アドインが強調表示されているアドイン画面

スタンプアドインをインストールすると、プレゼンテーションでオーディオまたはビデオの項目を選んだときに、[オーディオツール] または [ビデオツール] の [再生] タブに新しいオプションが表示されます。 リボンのコマンドは、選択したメディア項目と既に添付されているキャプションに基づいて有効または無効になります。

ショートカット キー

キャプションエディターのボタンには、標準の Microsoft Windows Alt + キーアクセラレータを使用してアクセスできます。

次のキーは、キャプションエディターの関数にも割り当てられています。

キー

関数

F2

再生の2秒前に戻る

F3

現在のキャプションの開始時刻を設定する

F4

現在のキャプションの終了時刻を設定する

F5

編集用のキャプションテキストにフォーカスを設定する

F6 または Insert

グリッドの下部に新しい図表番号を挿入し、開始時刻を設定する

Delete キー

現在のキャプションを削除する

Ctrl + P

再生を開始または一時停止する

Ctrl + Shift + S

再生速度が遅くなる

Ctrl + Shift + N

通常の再生速度を再開します

Ctrl + Shift + G

再生速度を上げる

図表番号エディターを使って新しい図表番号を作成する

吹き出しが示されているキャプション エディター

1 再生

2 図表番号を追加する

3 開始時刻と終了時刻を設定する

4 キャプションテキストを追加または変更する

5 図表番号を更新する

6 プレゼンテーションのオーディオまたはビデオに新しいキャプションを追加するには、次の操作を行います。

  1. [挿入] タブで、[ビデオ] メニューまたは [オーディオ] メニューをクリックし、プレゼンテーションに挿入するメディアの種類と場所を選択します。

    注: 詳細については、「プレゼンテーションにサウンドを追加して再生する」を参照してください。

  2. [オーディオツール] または [ビデオツール] で、[再生] タブをクリックし、[キャプションの追加] メニューをクリックします。

  3. [図表番号の作成] をクリックします。
    [キャプションの追加] メニューが選ばれた [再生] タブ

  4. キャプションエディターで、[再生] ボタンをクリックして、音声またはビデオの再生を開始します。

  5. メディアの再生中に、キャプションを追加するダイアログを聞き、[新しいキャプション [新しいキャプション] ボタン をクリックしてキャプションを追加します。 キャプションは、現在のメディア再生時間でキャプションの開始時刻として作成されます。

    [開始時刻] をクリックすると、アクティブなキャプションの開始位置がリセットされます。

  6. 次のいずれかの操作を行うことができます。

    • [標題テキスト] フィールドをクリックし、キャプションに表示するテキストを入力します。/

    • [終了 [終了時間の設定] ボタン 時刻の設定] をクリックして、現在のメディアの再生位置と一致するようにキャプションの終了時刻を設定します。 各キャプションの端を手動で入力することもできます。 終了時刻を空白のままにした場合は、次のキャプションの開始時刻に調整されます。

  7. 追加のキャプションを作成するには、手順4と5を繰り返します。

    図表番号を順番に作成する必要はありません。 既存の2つのキャプションの間に新しい図表番号を追加するには、[並べ替え] をクリックして、それらの図表番号を時間順に配置します。

TTML ファイルとしてキャプションをインポートする

メディアのキャプションが既に作成されていて、TTML ファイルとして保存されている場合は、次の手順に従って PowerPoint にインポートできます。

  1. [挿入] タブで、[ビデオ] メニューまたは [オーディオ] メニューをクリックし、プレゼンテーションに挿入するメディアの種類と場所を選択します。

    詳細については、「プレゼンテーションにサウンドを追加して再生する」を参照するか、 PC または OneDrive からビデオファイルを挿入して再生してください。

  2. [オーディオツール] または [ビデオツール] で、[再生] タブをクリックし、[キャプションの追加] メニューをクリックします。

  3. [ファイルからのキャプション] をクリックします。
    [キャプションの追加] が選択されている [再生] タブ

  4. TTML ファイルの場所を参照し、インポートするファイルを選択して、[開く] をクリックします。

  5. プレゼンテーションにインポートした後で図表番号を編集するには、[図表番号の編集] チェックボックスをオンにします。

  6. [OK] をクリックします。

キャプションエディターでキャプションを編集または削除する

既に図表番号が追加されているメディアを選択すると、次の操作を行って図表番号を編集できます。

  1. [再生] タブで、[キャプションの編集] をクリックします。

    編集キャプションが強調表示された [ビデオ ツール再生] タブ

  2. 編集するキャプションのテキスト領域をクリックし、必要な変更を加えます。

  3. [図表番号の更新] をクリックします。

図表番号を削除するには、次の操作を行います。

  1. [再生] タブで、[編集オプション] をクリックします。

  2. 削除する図表番号の行を選択し、[図表番号の削除] をクリックします。

入力または変更した図表番号を表示するには、プレゼンテーションのスライドショー表示に切り替えてから、オーディオまたはビデオをクリックして開始します。

キャプションの配置、表示、非表示、または削除

ビデオを移動またはサイズ変更した場合のキャプションの配置

プレゼンテーション内のビデオのサイズを移動または変更する場合は、ビデオを選択し、[再生] タブの [キャプションの配置] をクリックして、クローズドキャプションを再配置できます。

プレゼンテーションのキャプションの表示と非表示を切り替える

プレゼンテーションのキャプションを非表示にするには、メディアを選択し、[再生] タブで [非表示] をクリックします。

キャプションを非表示にしても、プレゼンテーションから削除されることはありません。

以前に非表示にしたキャプションを表示するには、メディアを選択し、[再生] タブの [表示] をクリックします。

プレゼンテーションから図表番号を削除する

プレゼンテーションのメディアから図表番号を完全に削除するには、メディアを選択し、[再生] タブで [削除] をクリックします。

関連トピック

アクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×