組織が第一言語として英語を使用していない場合は、Web 用 ProjectPower BI テンプレートをローカライズして、好みの言語で動作するようにします。 この記事では、Web 用 ProjectPower BI テンプレートをポルトガル語 (ブラジル)でローカライズする例を使用して、これを実現するために必要な手順について説明します。

作業を開始する前に、Web 用 ProjectPower BI テンプレートが展開されていることを確認してください。 詳細については、「Power BI Desktop を介してプロジェクト データに接続する方法 」を参照してください。

ローカライズする内容

Web 用 ProjectPower BI テンプレート内の多くの項目をローカライズできます。 これには、ビジュアル要素 (グラフ、テーブル、カードなど)、日付と数値の形式、フィールド名、レポート言語、条件付き列、カスタム列などが含まれます。 この記事では、これらすべての要素のローカライズについて説明します。 ただし、ビジネス ニーズに適した項目のみをローカライズすることを選択できます。

さらに、レポート内の各ページで、使用可能な 1 つ以上のクエリのデータを消費することに注意することが重要です。 この記事では、Portfolio ダッシュボード ページで利用可能なすべての項目をローカライズする方法のみを示します。 同じ手順を使用して、ニーズに合わせて他のすべてのページをローカライズします。

ビジュアル タイトル

レポート内のビジュアルのタイトルを変更するには、調整するビジュアルを選択し、[視覚エフェクト] ウィンドウ を選択します。 [形式 ] コマンドを選択し、[タイトル ]オプションを展開します。

図 1 - ビジュアル タイトルの変更
図 1 – ビジュアルのタイトルを編集する

調整するすべてのビジュアルに対して同じ手順を繰り返します。

列名

レポートで使用される列の名前を独自の言語に翻訳するには、Power BI でPower Query エディター を使用して、ファイルで構成されている手順を編集する必要があります。 プロジェクトのテーブルに関連する列は、[ポートフォリオ ダッシュボード] ページのすべてのビジュアルで主に使用されるため、この操作を最初に行います。 [ホーム ] タブPower BI Desktop から、[クエリの編集] を選択します。

図 2 – クエリの編集
図 2 – クエリの編集

クエリ エディターには、レポートで使用されているすべてのクエリが表示され、それらを形作り変形できます。 クエリ エディターを使用する際の操作性を向上させるために、[ビュー] タブを選択し、[数式バー] オプションをオンにして、数式バーを表示していることを確認します。

クエリ エディターで、テーブルに適用されている手順を選択して確認できます。 開始するには、Project Service グループの下にある [Projects ] テーブルを選択します。 クエリ設定 ウィンドウには、クエリのプロパティと適用されたステップが表示されます。 名前が変更された列手順を選択します。

図 3 – Power Query エディター
図 3 – Power Query – エディター

表示されるステップを選択すると、数式バーで、既定の列の一部の名前が変更されたことがわかります。

図 4 – 名前が変更された列 図 4 – 名前が変更された列

この時点で、列の名前を組織内で使用されている言語に変更できます。 たとえば、名前が “Duration” に変更された “mysdyn_duration” という既定の列は、ポルトガル語 (ブラジル) の対応する用語である “Duração” に変換されます。 翻訳された列の結果を次に示します。

図 5 – 数式バーの名前が変更された列の一覧 図 5 – 数式バーの名前が変更された列の一覧

これらの手順を完了後、ホーム タブの [閉じて適用する] コマンドを選択すると、レポートが更新され、結果が表示されます。

図 6 – 列の名前を変更した後のレポート
図 6 – 列の名前を変更した後のレポート

カスタム列と条件付き列

Web 用 ProjectPower BI テンプレートは、カスタム列と条件付き列で構成されます。これは主に、特定のルールに基づいてプロジェクトとタスクの状態を計算するために使用されます。 これらはデータベースから取得される既定の列セットの一部ではないため、カスタム列と条件付き列の両方が [名前の変更された列] ステップに含まれず、クエリ エディターで個別に構成する必要があります。

Power BI Desktopの[ホーム] タブから、[クエリ編集] を選択します。 Projects テーブルを選択するときに、[追加されたプロジェクト進行状況列] を見つけます。

図 7 – カスタム列と条件列
図 7 – カスタム列と条件列

列を調整するには、追加されたプロジェクト進行状況列 の右側にある歯車をクリックします。 クエリ エディターには、列が最初にどういう構成だったかを確認できる新しいウィンドウが表示されます。

図 8 – 条件付き列を追加
図 8 – 条件付き列を追加

そこで、条件付き列の出力を調整できます。

図 9 – プロジェクトの進行状況列の編集
図 9 – プロジェクトの進行状況列の編集

重要: Project Progress 条件付き列の出力を調整するときは、列の名前を変更しないでください。さもないと、一部のビジュアルが正しく表示されなくなります。 代わりに、Project Progress という用語を使用するビジュアルで直接名前を変更することをお勧めします。 詳細については、次を参照してください。

これらの手順を完了したらホーム タブ の[閉じて適用する] コマンドを選択すると、レポートが更新され、結果が表示されます。 視覚エフェクトウィンドウを使用して、新しい用語 (進行状況別のプロジェクト) で調整されたビジュアルの各データに色を再適用できます。

図 10 – ビジュアル データの色の構成
図 10 – ビジュアル データの色の構成

最終クリーンアップ

ポートフォリオ ダッシュボード ページで調整を完了するには、既定言語の英語で情報を引き続き表示するいくつかのビジュアルの名前を変更することを望むかもしれません。 調整する必要があるのはほんの一部です。

  • ページの上部にあるプロジェクト進行状況スライサー。

  • プロジェクト ポートフォリオに関する詳細情報を表示するテーブルの画像。

  • 努力を表示するカード。カテゴリ ラベルに関連付けられた「時間」の指定が尽きます。ます。

図 11 – ポートフォリオ ダッシュボード ページのビジュアル要素の名前変更
図 11 – ポートフォリオ ダッシュボード ページのビジュアル要素の名前変更

項目を調整するには、まず適切なビジュアルを選択する必要があります。 [視覚エフェクト] ページで、フィールドセクションまたは価値 セクション (コンテキストに応じて) を使用して、項目を右クリックし、名前を変更します。

図 12 – フィールドの名前を変更する
図 12 – フィールドの名前を変更する

完了すると、[ポートフォリオ ダッシュボード] ページがお使いの言語に完全にローカライズされます。

図 13 – ポートフォリオ ダッシュボード ページ
図 13 – ポートフォリオ ダッシュボード ページ

次のステップ

ポートフォリオ ダッシュボード ページをローカライズしたので、レポートのローカライズを改善するために、他にもいくつか行える作業があります。

  • 日付型の書式設定:レポートで日付を表示する方法を変更する場合は、[フィールド] ウィンドウで調整する日付を選択し、リボンの [モデリング]タブを選択します。 そこで、お使いの言語により適切な日付形式を定義できます。

  • レポート ページの名前を変更:ページ名の名前を変更する必要がある場合は、ページ名をダブルクリックして名前を変更できます。

  • ページ タイトルの名前を変更:レポート内の各ページは、ページのタイトルを表すテキスト ボックスで構成されます。 名前を変更する必要がある場合は、各ページのテキスト ボックスを選択して変更できます。

  • 凡例の構成:レポートの中には、KPI として使用される各アイコンの意味を理解するのに役立つ凡例を使用する(たとえば、Portfolio マイルストーン ページのような) ページがあります。 (言語に基づいて) 独自の凡例をカスタマイズし、それらを使用して既定の凡例を置き換えることができます。

  • 加のページをローカライズ:また、レポートの作業をさらに続けて、追加のページのアイテムとコンテンツを、ユーザーが好みの言語を使用できるように完全に構成して、ローカライズすることもできます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×