SharePoint ページに画像または画像ファイルを追加する

SharePoint のページに画像を挿入すると、長い文章で説明よりもわかりやすいページを作成できます。 画像は、ローカル コンピューター、SharePoint メディア ライブラリ、自分自身のサイトや Web 上の他の場所のリンクなどから追加できます。

SharePoint ページに画像を追加する

  1. まだ編集モードになっていない場合は、ページの右上にある [編集] をクリックします。

  2. 既存の web パーツの上または下、あるいはタイトル領域の下にマウスポインターを移動し、[ 最新の Web パーツをページに追加するために使用される丸付きプラス記号] をクリックして、画像の web パーツを選択します。

  3. 次のいずれかの方法で、最近使用した画像または画像を選択します。

    • Microsoft から提供されたストック画像

    • Web 検索

    • サイト

    • コンピューター

    • リンク

    • 組織が承認済みの画像のセットを指定している場合は、そのセットを [組織] から選択できます。

      ファイル ピッカー オプションの図。

      注: 

      • Web 検索では、クリエイティブ コモンズ ライセンスを利用する Bing 画像を使用します。 ページに画像を挿入する前に、ライセンスを確認する責任があります。

      • SharePoint 管理者が組織のメディアライブラリを作成する方法については、「組織リソースライブラリを作成する」を参照してください。

      • SharePoint 管理者の場合は、画像取得のパフォーマンスを向上させるために、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を有効にすることをお勧めします。 詳細については、「cdns」を参照してください。

  4. [開く] または [画像の追加] をクリックします (画像が表示されている場所によって異なります)。

  5. 必要に応じて、web パーツの画像の下にキャプションを入力します。

  6. [ Web パーツの編集 [Web パーツの編集] ボタン (左側) をクリックして、画像を変更したり、画像へのリンクを追加したり、画像の上にテキストを追加したり、代替テキスト (スクリーンリーダーを使用するユーザー向け) を追加または変更したりします。

    イメージ web パーツツールボックス

    自動代替テキスト 画像を挿入すると、代替テキスト (スクリーンリーダーを持つユーザー向け) が自動的に生成されます。 多くの場合、テキストは変更または削除しない限り、イメージと共に自動的に保存されます。 画像の代替テキストの信頼レベルが高くない場合、画像に通知が表示され、代替テキストを確認して変更するか、保持することができます。

    代替テキストプロンプトが表示された画像

注: 目的のスペースに収まるように、アップロード前に画像のサイズを変更することをお勧めします。 メディアまたは画像ライブラリに保存するイメージは、必要に応じてさまざまなサイズで保存できます。 詳しくは、「SharePoint モダンページでの画像のサイズ変更とスケーリング」をご覧ください。

SharePoint 2016、2013 または 2010 サイトに画像を追加する

  1. 画像を追加するページに移動します。

  2. [ページ] タブを選びます。 リボンの [編集] をクリックします。

  3. ページの編集可能な領域内をクリックします。

  4. [挿入] タブを選択し、リボンの [メディア] グループで [画像] をクリックします。

    ソースのオプション メニューが下に表示された [画像の挿入] ボタン。

  5. 次のオプションが表示されます。

コンピューター上からファイルをアップロードするには、次の手順に従います。

  1. [コンピューターから] をクリックします。

  2. ブラウザーでファイルの場所を確認してファイルを選び、[開く] をクリックします。

  3. ファイルを格納するライブラリを指定します。
    メディアライブラリをターゲットとして指定することをお勧めします。 イメージ ファイル用のメディア ライブラリを設定する方法の詳細については、「イメージ、オーディオ、またはビデオのファイルを保存するようにメディア ライブラリを設定する」を参照してください。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Web 上の別の場所から画像を追加するには、以下の手順を実行します。

  1. [アドレスから] をクリックします。

  2. 使用するファイルの URL を入力し、[OK] をクリックします。 URL はイメージ ファイルの場所を直接指し示す必要があります。 例: http://contoso.com/images/selfieImage1.jpg

SharePoint サイト上の場所から画像を追加するには、以下の手順を実行します。

  1. [SharePoint から] をクリックします。 メディアの選択画面が開くので、目的のフォルダーまたはライブラリを表示します。

  2. 画像、ビデオおよび音声ファイルが保存されている、[メディア ライブラリ] などの場所を開きます。

  3. 目的のファイルを選び、[挿入] をクリックします。

ページの先頭へ

ページにより適するように、またページをより目立たせるために、SharePoint のページをイメージを追加してカスタマイズできます。 たとえば、そのサイズや場所を変更したり、代替テキストを編集したり、境界線を作成できます。

ページのイメージのプロパティを変更するには、以下の手順を実行します。

  1. イメージを含むページに移動します。

  2. [ページ] タブを選び、[編集] をクリックします。

  3. イメージの任意の場所をクリックし、[イメージ] タブとそのリボンを開きます。

    [編集] リボンの [メディア] タブ

  4. [画像] タブの [選択] グループで、[図の変更] をクリックして別の画像に変更します。 目的の画像ファイルを選びます。

  5. [プロパティ] グループでは、イメージの [代替テキスト] または [アドレス] を入力するか変更することが可能です。

  6. リボンの [スタイル] グループでは [イメージのスタイル] をポイントすると、図の境界のスタイルを選択できます。

    画像編集オプション
  7. [配置] グループで、[位置] をクリックして、画像が配置される場所を変更します。 ドロップ ダウンから、左右のいずれかの浮動位置、または他のオブジェクトに対して上、下、または中央のインライン位置を選択できます。

  8. リボンの [サイズ] グループでは、リボンのイメージのサイズを変更できます。 [縦横比を固定する] のチェックをオンのままにすると、[水平] と [垂直] のサイズがリンクされます。 いずれかを変更すると、もう片方も比例してサイズ変更されます。

    [縦横比を固定する] のチェックをオフにすると、イメージの水平方向および垂直方向のサイズは別に変更できます。なお、この場合、イメージに歪みが生ずる場合があります。

  9. ページに対する変更が完了したら、[ページ] タブを選び、[保存] をクリックします。 ページがチェックアウトされている場合は、警告のメッセージとリンクが表示されるので、チェックインします。

図に Web リンクを追加する

ページに画像を貼るのもいいですが、それを別のページで参照する方がより適切です。 以下にイメージを実際にリンクにする方法を説明します。

  1. イメージにハイパーリンクを追加して、ページに移動できるようにします。

  2. [ページ] タブをクリックし、[編集] をクリックします。

  3. リンクを追加する写真または画像をクリックして選択します。

  4. リボンの [挿入] をクリックし、[リンク] をクリックします。

    Web アドレスを使用してリンクを挿入する
  5. [ハイパーリンクの追加] ダイアログ ボックスに Web ページ、サイト、リンクするその他のメディアの [アドレス] を入力します。 [試す] をクリックして、リンクをテストします。

    Web アドレスと [OK] ボタンが強調表示されている [ハイパーリンク] ダイアログ
  6. [OK] をクリックします。

ページからの画像の削除

  1. ページで、リボンの [ページ] タブをクリックして、[編集] をクリックします。

    [編集] ボタンが強調表示されている [ページ] タブ

    注: [編集] が無効になっている場合、ページを編集する権限がない可能性があります。

  2. 削除するイメージを選択して、 Delete キーをキーボードで押します。

ページの先頭へ

SharePoint 2007 のページにイメージを追加する

[ページのイメージ] フィールド コントロールがある Web ページには、イメージをライブラリから選択して追加できます。 ライブラリに格納されているイメージが変更されると、そのイメージを使用するページは、自動的に新しいイメージを使用するようになります。

[ページ コンテンツ] フィールド コントロールがある Web ページには、HTML エディターを使用すると、イメージを追加することが可能です。 [ページ コンテンツ] フィールド コントロールへのイメージの追加に HTML エディターを使用する場合、イメージはライブラリにも保存されるので、ライブラリのイメージが更新されると、そのイメージを使用するページも自動的に新しいイメージを使用するようになります。

新しいページを作成する場合にイメージを含めるとき、[ページのイメージ] フィールド コントロールがあるページ レイアウトを使用してページを作成できます。

[ページのイメージ] フィールド コントロールを含むページのレイアウト

Microsoft Office SharePoint Server 2007 に含まれている以下のページ レイアウトには、[ページのイメージ] フィールド コントロールがあります。

  • 左側にイメージがあるアーティクル ページ

  • 右側にイメージがあるアーティクル ページ

  • イントラネット ホーム

  • 概要リンクのあるウェルカム ページ

  • 目次があるウェルカム ページ

  • ウェルカム スプラッシュ ページ

サイトには、[ページのイメージ] フィールド コントロールを含むページ レイアウトが他にもある場合があります。

ヒント: ページに [ページのイメージ] フィールド コントロールがあるかどうか判別する 1 つの方法は、ページを編集することです。 ページを編集すると、そのページのフィールド コントロールにはそれぞれラベルが表示されます。 Office SharePoint Server 2007 に含まれるページ レイアウトを使用して作成されたページの [ページのイメージ] フィールド コントロールには、"ページのイメージ" というラベルが付きます。 ただし、サイトのデザイン権限があるユーザーがデザインした、ユーザー作成のページ レイアウトが使用されているページでは、これが当てはまらない場合があります。 サイトで使用できるユーザー設定のページ レイアウトの詳細については、サイト コレクション管理者にお問い合わせください。

ページの先頭へ

[ページ コンテンツ] フィールド コントロールを含むページのレイアウト

Office SharePoint Server 2007 に含まれる以下のページ レイアウトには、[ページ コンテンツ] フィールド コントロールがあります。

  • イントラネット ホーム

  • 概要リンクのあるウェルカム ページ

  • 目次があるウェルカム ページ

サイトには、[ページ コンテンツ] フィールド コントロールを含むページ レイアウトが他にもある場合があります。

ヒント: ページに [ページ コンテンツ] フィールド コントロールがあるかどうか判別する 1 つの方法は、ページを編集することです。 ページを編集すると、そのページのフィールド コントロールにはそれぞれラベルが表示されます。 Office SharePoint Server 2007 に含まれるページ レイアウトを使用して作成されたページの [ページ コンテンツ] フィールド コントロールには、"ページのコンテンツ" というラベルが付きます。 ただし、サイトのデザイン権限があるユーザーがデザインした、ユーザー作成のページ レイアウトが使用されているページでは、これが当てはまらない場合があります。 サイトで使用できるユーザー設定のページ レイアウトの詳細については、サイト コレクション管理者にお問い合わせください。

ページの先頭へ

[ページのイメージ] フィールド コントロールを使用してイメージを追加する

  1. イメージを追加するページに移動し、[ページの編集] のページ編集 ツールバーをクリックします。

    注:  ページ編集ツールバーが表示されない場合、[サイト操作] メニューの [ページ編集ツールバーの表示] をクリックします。

  2. [ページのイメージ] フィールド コントロールの [画像の編集] をクリックします。 [イメージ プロパティの編集] Web ページ ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [イメージ プロパティの編集] Web ページ ダイアログ ボックスの [全般] セクションで、[選択したイメージ] ボックスの横の [参照] ボタンをクリックします。 イメージ ライブラリが新しいウィンドウに開きます。

  4. 使用するイメージをクリックし、[OK] をクリックします。 イメージ ライブラリが閉じられ、選択したイメージのアドレスが [選択したイメージ] ボックスに表示されます。

  5. 必要に応じてイメージの残りのプロパティを設定します。

    • 代替テキスト      イメージの簡単な説明を入力します。 ページの閲覧者のブラウザーでイメージを表示できない場合、イメージの代わりにこのテキストが表示されます。 代替テキストは、スクリーン リーダーでも読み上げられます。

    • ハイパーリンク      オプションでイメージをハイパーリンクにできます。 このボックスに希望のハイパーリンク先を入力します。 ハイパーリンク先に移動するのに、[参照] ボタンを使用することも可能です。 ハイパーリンクを新しいブラウザー ウィンドウで開くには、[このリンク新しいウィンドウで開く] チェック ボックスをオンにします。

      [レイアウト] セクションでは、以下のプロパティを設定できます。

    • 配置      フィールド コントロール内のイメージの位置を変更するには、それを [配置] リストから選択します。 [ページのイメージ] フィールド コントロールはイメージに合うサイズになっているため、このオプションは、[ページのイメージ] フィールド コントロール内のイメージに使用しても、顕著な効果はありません。

    • 外枠の太さ      イメージに枠の太さを指定すると、枠を付けることができます。 枠の太さはピクセルで測定されます。

    • 左右の間隔      イメージの両側に空白のサイズを指定するには、空白の値をピクセルで指定します。

    • 上下の間隔      イメージの上下に空白のサイズを指定するには、空白の値をピクセルで指定します。

      [サイズ] セクションには、以下のプロパティを設定できます。

    • 既定のイメージ サイズを使用する      イメージ ファイルのプロパティに指定されている既定のサイズでイメージを表示する場合は、このオプションを選択します。

    • サイズを指定する      発行するページのイメージをサイズ指定する場合は、このオプションを選択します。 これは、イメージ ファイルのサイズのプロパティに優先されます。 このオプションを選択する場合、イメージの幅または高さ、またはこの両方を、[] と [高さ] プロパティを使用して設定する必要があります。

    • 幅 (ピクセル)      [サイズを指定する] を選択した場合、[幅 (ピクセル)] を使用して、イメージの幅をピクセル単位で指定します。

    • 高さ (ピクセル)      [サイズを指定する] を選択した場合、[高さ (ピクセル)] を使用して、イメージの高さをピクセル単位で指定します。

    • 縦横比を維持する      このオプションを使うと、画像の幅と高さの比率を保つことができます。 このオプションを選択した場合、画像の幅または高さに対して選択した値によって、元の画像の幅と高さの比率に基づいて、他の次元の値が決定されるため、画像の幅または高さのいずれかを設定できます。

ページの先頭へ

HTML エディターを使用して [ページ コンテンツ] フィールド コントロールにイメージを追加する

  1. イメージを追加するページに移動し、[ページの編集] のページ編集 ツールバーをクリックします。

    注:  ページ編集ツールバーが表示されない場合、[サイト操作] メニューの [ページ編集ツールバーの表示] をクリックします。

  2. [ページ コンテンツ] フィールド コントロールで [コンテンツの編集] をクリックして、HTML エディターを起動します。 HTML エディターはインラインで表示されるか、新しいウィンドウの [Web ページ] ダイアログ ボックスに表示されます。

  3. [ページ コンテンツ] フィールド コントロールのイメージを追加する位置に、カーソルを配置します。

  4. [HTML エディター] ツールバーで、[イメージ ボタンの画像挿入] ツールバーボタンをクリックします。

    キーボード ショートカット  イメージを挿入するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら G キーを押します。

    [イメージ プロパティの編集] Web ページ ダイアログ ボックスが開きます。

  5. [イメージ プロパティの編集] Web ページ ダイアログ ボックスの [全般] セクションで、[選択したイメージ] ボックスの横の [参照] ボタンをクリックします。 イメージ ライブラリが新しいウィンドウに開きます。

  6. 使用するイメージをクリックし、[OK] をクリックします。 イメージ ライブラリが閉じられ、選択したイメージのアドレスが [選択したイメージ] ボックスに表示されます。

  7. 必要に応じてイメージの残りのプロパティを設定します。

    • 代替テキスト      イメージの簡単な説明を入力します。 ページの閲覧者のブラウザーでイメージを表示できない場合、イメージの代わりにこのテキストが表示されます。 代替テキストは、スクリーン リーダーでも読み上げられます。

    • ハイパーリンク      オプションでイメージをハイパーリンクにできます。 このボックスに希望のハイパーリンク先を入力します。 ハイパーリンク先に移動するのに、[参照] ボタンを使用することも可能です。 ハイパーリンクを新しいブラウザー ウィンドウで開くには、[このリンク新しいウィンドウで開く] チェック ボックスをオンにします。

      [レイアウト] セクションでは、以下のプロパティを設定できます。

    • 配置      フィールド コントロール内のイメージの位置を変更するには、それを [配置] リストから選択します。

    • 外枠の太さ      イメージに枠の太さを指定すると、枠を付けることができます。 枠の太さはピクセルで測定されます。

    • 左右の間隔      イメージの両側に空白のサイズを指定するには、空白の値をピクセルで指定します。

    • 上下の間隔      イメージの上下に空白のサイズを指定するには、空白の値をピクセルで指定します。

      [サイズ] セクションには、以下のプロパティを設定できます。

    • 既定のイメージ サイズを使用する      イメージ ファイルのプロパティに指定されている既定のサイズでイメージを表示する場合は、このオプションを選択します。

    • サイズを指定する      発行するページのイメージをサイズ指定する場合は、このオプションを選択します。 これは、イメージ ファイルのサイズのプロパティに優先されます。 このオプションを選択する場合、イメージの幅または高さ、またはこの両方を、[] と [高さ] プロパティを使用して設定する必要があります。

    • 幅 (ピクセル)      [サイズを指定する] を選択した場合、[幅 (ピクセル)] を使用して、イメージの幅をピクセル単位で指定します。

    • 高さ (ピクセル)      [サイズを指定する] を選択した場合、[高さ (ピクセル)] を使用して、イメージの高さをピクセル単位で指定します。

    • 縦横比を維持する      このオプションを使うと、画像の幅と高さの比率を保つことができます。 このオプションを選択した場合、画像の幅または高さに対して選択した値によって、元の画像の幅と高さの比率に基づいて、他の寸法の値が決定されるため、画像の幅または高さのいずれかを設定できます。

      注: 

      • イメージを追加するページが Web パーツ ページの場合、イメージはイメージ Web パーツを使用して追加できます。 イメージ Web パーツの使用方法の詳細については、「イメージ Web パーツ」の記事を参照してください。

      • ページに挿入するイメージがイメージ ライブラリにない場合、投稿権限があれば追加が可能です。 ライブラリにイメージ ファイルを追加する方法の詳細については、「ライブラリにファイルを追加する」の記事を参照してください。

ページの先頭へ

ご意見を寄せてください。

この記事はお役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や足りない点をお知らせください。 検索によってここに移動してきて、意図した情報ではなかった場合は、お探しになっていた情報をお知らせください。 SharePoint、OS、およびブラウザーのバージョンを含めてください。 その内容を反映してこちらの手順を見直し、記事を更新します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×