目次
×
共有と同期 - OneDrive (職場または学校)
共有と同期 - OneDrive (職場または学校)

ディスク領域を管理する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

Windows 10 ストレージ センサーは OneDrive と連携して、使用しなくなったローカルで使用可能な OneDrive ファイルを再びオンラインのみにすることで、容量を自動的に解放します。

お試しください!

重要: ストレージ センサーは、ごくわずかなセットアップでユーザーに代わって動作するサイレント アシスタントです。 ストレージ センサーは、Windows 10 バージョン 1809 以降で使用できます。

  1. [スタート] メニューを選択し、[記憶域の設定] を検索します。

  2. [記憶域] で、トグルを [オン] に切り替えることにより、ストレージ センサーをオンにします。

ストレージ センサーを有効にするための Windows 10 のストレージ トグル

デバイスの空き容量が少なくなると、過去 30 日間使用していないファイルはすべてオンライン専用になるように設定できます。 また、ストレージ センサーが実行される頻度を設定することもできます。 

さらに詳しく

Windows 10 で OneDrive とストレージ センサーを使用して、ディスク領域を管理する

OneDrive のファイルのオンデマンドについて

OneDrive クイック スタート

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×