数式と関数

SUM 関数

SUM 関数

SUM関数によって値が加算されます。 個々の値、セル参照、セル範囲、またはこれらすべての組み合わせを加算できます。

次に例を示します。

  • =SUM(A2:A10) セル A2:10 の値を合計します。

  • =SUM(A2:A10, C2:C10) セル A2:10 およびセル C2: C10 の値を合計します。

お知らせで大きなインパクトを与える

SUM(数値 1, [数値 2], ...)

引数名

説明

数値 1   

必須

加算する最初の数。 ここには 4 のような数値、B6 のようなセル参照、B2:B8 のようなセル範囲を指定できます。

数値 2 ~ 255   

省略可能

これは、加算する 2 番目の数値です。 この方法で最大 255 個の数値を指定することができます。

このセクションでは、SUM 関数を使用するためのいくつかのベスト プラクティスについて説明します。 この説明の多くは、他の関数を使用する際にも当てはまります。

=1+2 または =A+B メソッド – =1+2+3 または =A1+B1+C2 を入力して完全に正確な結果を得られますが、これらのメソッドは次の複数の理由によりエラーが発生しやすくなります。

  1. 入力ミス – さらに多くの値や、次のようなとても大きな値を入力する場合を想像してみてください。

    • =14598.93+65437.90+78496.23

    そして入力内容が正しいことを検証することも想像してみましょう。 これらの値を個別のセルに配置し、SUM 数式を使用する方がずっと簡単です。 また、値がセルにあれば、書式設定して、数式内の値をより見やすくすることができます。

    数式にはハード コーディング値ではなく、SUM 関数を使用します。  セル D5 の数式は =SUM(D2:D4)
  2. 数値ではなくテキストを参照すると、#VALUE! エラーが発生します。

    次のような数式を使用する場合:

    • =A1+B1+C1 または =A1+A2+A3

    数式構造が良くない例です。  セル D2 の数式は=A2+B2+C2

    参照先のセルに数値以外 (テキスト) の値がある場合、数式が破損し、#VALUE! エラーが返される場合があります。 SUM はテキスト値を無視して、数値だけを合計します。

    適切な式を構築します。  セル D2 の数式は、=A2+B2+C2 ではなく、=SUM(A2:C2)
  3. 行または列を削除したことによる #REF! エラー

    #REF! エラーは列の削除が原因です。  数式が =A2+#REF!+B2 に変更されている

    行または列を削除すると、SUM 関数は自動的に更新されますが、数式からは削除された行が除外されず、#REF! エラーを返します。

    SUM 関数によって、行および列の挿入または削除が自動的に調整されます。
  4. 行または列を挿入すると、数式は参照を更新しない

    数式 =A+B+C は、行を追加しても更新されません。

    行または列を挿入すると、SUM 関数は自動的に更新されます (数式で参照されている範囲外でない限り) が、数式は追加したセルを含めるように更新されません。 数式が更新されると想定していたのに更新されないと、不完全な結果になっているのに気付かない可能性があるため、これは非常に重要です。

    例は、列が挿入されると、数式 SUM が =SUM(A2:C2) から =SUM(A2:D2) に自動的に拡張することを示しています。
  5. 個々のセル参照による SUM と範囲による SUM の比較

    次のような数式を使用する:

    • =SUM(A1,A2,A3,B1,B2,B3)

    これも同じ理由で、参照先の範囲内の行を挿入または削除するときに、エラーが発生しやすくなります。 次のような個別の範囲を使用することをお勧めします。

    • =SUM(A1:A3,B1:B3)

    これは行を追加または削除すると更新されます。

  1. 数値の加算/減算/乗算/除算のみが必要 このビデオ シリーズの「Excel での基本的な計算」または「Excel を計算機として使用する」をご覧ください。

  2. 表示する小数点以下の桁数を増やす/減らす方法 数値の表示形式を変更できます。 対象のセルまたは範囲を選択し、Ctrl+1 キーを押して [セルの書式設定] ダイアログを表示し、[数値] タブをクリックして目的の表示形式を選択し、小数点以下の桁数が必要な値になっていることを確認します。

  3. 時刻を加算または減算する方法 複数の方法で、時刻を加算および減算できます。 たとえば、給与計算のために午前 8 時 0 分から午前 12 時 0 分 (正午) までの差を取得するには、=("12:00 PM"-"8:00 AM")*24 を使って、終了時刻から開始時刻を引いた値を取得します。 Excel では、時間を 1 日の分数として計算するので、合計時間を得るには、24 を乗算する必要があります。 最初の例では、=((B2-A2)+(D2-C2))*24 を使って、昼食休憩を除いた始業から終業までの合計時間数 (8.50 時間) を求めています。

    単純に時間と分の値を足してそのまま表示する場合は、加算を使用でき、24 を掛ける必要はありません。2 番目の例では、割り当てられたタスクの時間と分の合計の値が必要なだけなので、=SUM(A6:C6) を使っています (5:36、つまり 5 時間 36 分)。

    時間の計算

    詳細については、「時間を加算または減算する」を参照してください。

  4. 日付の差を求める方法 時間と同様、日付も加算および減算できます。 2 つの日付間の日数を計算するとても一般的な例を次に示します。 =B2-A2 するだけです。 日付と時刻の両方を計算する上で重要な点は、終了の日時を最初に指定して、そこから開始の日時を減算することです。

    日付の差の計算

    日付の計算方法の詳細については、「2 つの日付間の差分を計算する」を参照してください。

  5. 表示されているセルだけを合計する方法 手動で一部の行を非表示にしているとき、またはオートフィルターを使って特定のデータだけを表示しているときに、表示されているセルだけを合計したい場合があります。 そのような場合は、SUBTOTAL 関数を使うことができます。 Excel テーブルで集計行を使っている場合、[集計] のドロップダウンから選択した関数はすべて、小計として自動的に入力されます。 詳細な方法については、「Excel のテーブルのデータを集計する」を参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

SUM の詳細情報

1 つの条件を満たす値のみを加算する SUMIF 関数

複数の条件を満たす値のみを加算する SUMIFS 関数

1 つの条件を満たす値のみをカウントする COUNTIF 関数

複数の条件を満たす値のみをカウントする COUNTIFS 関数

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式エラーを見つけて修正する

数学/三角関数

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×