SUMPRODUCT 関数

SUMPRODUCT 関数は、対応する範囲または配列の製品の合計を返します。 既定の操作は乗算ですが、加算、減算、除算も可能です。

この例では、SUMPRODUCT を使用して、特定のアイテムとサイズの売上合計を返します。

SUMPRODUCT 関数を使用して、各製品名、サイズ、個々の売上値を指定した場合に売上合計を返す例。

SUMPRODUCT は、Item Y/Size M のすべてのインスタンスを一致して合計します。したがって、この例の 21 + 41 は 62 になります。

構文

既定の操作 (乗算) を使用するには:

=SUMPRODUCT(配列 1, [配列 2], [配列 3], ...)

SUMPRODUCT 関数の書式には、次の引数があります。

引数

説明

配列 1   

必須

計算の対象となる要素を含む最初の配列引数を指定します。

[配列 2], [配列 3],...    

任意

計算の対象となる要素を含む、2 から 255 個までの配列引数を指定します。

その他の算術演算を実行する方法

通常どおり SUMPRODUCT を使用しますが、配列引数を区切るコンマを、必要な算術演算子 (*、/、+、-) で置き換えます。 すべての操作を実行すると、通常どおり結果が合計されます。

注: 算術演算子を使用する場合は、配列引数をかっこで囲み、かっこを使用して配列引数をグループ化し、算術演算の順序を制御します。

解説

  • 引数となる配列は、行数と列数が等しい配列である必要があります。 行数と列数が等しくない場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。 たとえば、=SUMPRODUCT(C2:C10,D2:D5) は範囲が同じサイズではなかからエラーを返します。

  • SUMPRODUCT 関数は、数値以外の配列エントリをゼロと見なします。

  • 最適なパフォーマンスを得る場合は、列全体参照と一緒に SUMPRODUCT を使用する必要があります。 この関数は、列 A の 1,048,576 セルに列 B の 1,048,576 セルを乗算してから加算します。 

使用例 1

単位コストと数量が指定された場合に販売された商品の合計を返す SUMPRODUCT 関数の例。

上記のサンプル リストを使用して数式を作成するには、「=SUMPRODUCT(C2:C5,D2:D5)」と入力し、Enter キーを 押します。 列 C の各セルに、列 D の同じ行の対応するセルが乗算され、結果が追加されます。 食料品の合計金額は $78.97 です。

同じ結果を得る長い数式を作成するには、「=C2*D2+C3*D3+C4*D4+C5*D5」と入力し 、Enterキーを押します。 Enter キーを押すと、結果は $78.97 と同じになります。 セル C2 に D2 が乗算され、その結果がセル C3 のセル D3 の結果に追加されます。

使用例 2

次の例では、SUMPRODUCT を使用して、エージェント別の売上と経費の両方を持つ、販売担当者別の合計売上高を返します。 この例では、標準の Excel範囲ではなく構造化参照を 使用する Excel テーブルを使用しています。 ここでは、売上、経費、およびエージェントの範囲が名前で参照されているのが表示されます。

各営業担当者に売上と経費を提供した場合に売上合計を返す SUMPRODUCT 関数の例。

数式: =SUMPRODUCT(((Table1[Sales])+(Table1[Expenses]))*(Table1[Agent]=B8)) で、セル B8 に表示されているエージェントのすべての売上と経費の合計を返します。

使用例 3

この例では、特定の地域で販売された特定の商品の合計を返します。 この場合、東地域で販売されたサクランボは何件でしたか?

SUMPRODUCT を使用して、地域別の項目の合計を返す方法を示します。 この場合、東部地域で販売されたサクランボの数。

数式は=SUMPRODUCT((B2:B9=B12)*(C2:C9=C12)*D2:D9) です。 最初に、東の発生回数に、一致するサクランボの回数を乗算します。 最後に、Sales 列の対応する行の値を合計します。 Excel で計算方法を確認するには、数式セルを選択し、[数式の評価>に移動>します

補足説明

xcel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

セル範囲に対して条件付き計算を実行する

SUMIFS を使用して複数の条件に基づいて合計する

COUNTIFS を使用して複数の条件に基づいてカウントする

AVERAGEIFS を使用した複数の条件に基づく平均

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×