関連トピック
×
共有と共同編集
We couldn’t sign you in
Select the account you want to use.
共有と共同編集

変更履歴の記録

注: ドキュメントが確認のために共有されている場合は、変更の追跡をオフにできない場合があります。 変更を追跡せずにドキュメントを編集する場合は、コピーを保存するか、コピーを送信したユーザーにレビュー モードをオフにしてもう一度共有するように依頼する必要があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
[変更の追跡] ドロップダウン、[すべてのユーザー] の [Just Mine]

変更履歴の記録のオン/オフを切り替える

[レビュー] タブで、[変更履歴の記録] を選択します。

  • [変更の追跡] がオンの場合、セクションが強調表示されます。 削除には取り消し線が付き、追加には下線が付けられます。 別のユーザーによる変更内容は、異なる色で示されます。

  • [変更の追跡] がオフの場合、セクションは強調表示されません。 Word は変更のマークを停止しますが、色付きの下線と取り消し線はドキュメント内に残ります。

ヒント: 変更履歴インジケーターをステータス バーに追加することもできます。 ステータス バーを右クリックし、[変更の追跡] を選択します。

変更箇所を表示する 

注: ドキュメントが編集モードまたは校閲モードの場合は、記録された変更を選択して、コラボレーターの完全な提案された変更を表示するカードで表示できます。 [承諾] または [拒否] ボタンにマウス ポインターを合わせると、そのアクションが最終的なドキュメントに対して実行される内容のプレビューが表示されます。

追跡する変更を選択する

独自の変更のみを追跡するか、すべてのユーザーの変更を追跡するかを選択できます。

  • 独自の変更のみを追跡するには、 - [確認 ] タブで、[変更の 追跡 ] > [ マイニングのみ] を選択します。

  • すべてのユーザーの変更を追跡するには、[ 校閲 ] タブで、[変更の 追跡 ] > [すべてのユーザー] を選択します。

代替テキスト

ヒント: パスワードを使用して他のユーザーが [変更履歴の追跡] をオフにしないようにするには、[ 確認 ] タブで、[変更の 追跡 ] > [ロック追跡] を選択します。

ドキュメント内の変更を表示する方法を選択する

表示するマークアップの種類を選択できます。

  1. [校閲] タブで、[追跡] を選択します

  2. ドロップダウン リストに表示 する [すべてのマークアップ ] を選択します。

  3. 次のいずれかのオプションを選択します。

  • 単純なマークアップ では、追跡された変更が余白に赤い線で表示されます。

  • すべてのマークアップ には、校閲者ごとに異なる色のテキストと行を含む、追跡された変更が表示されます

  • [マークアップなし] では、変更が組み込まれたドキュメントを表示するマークアップが非表示になります

  • の文書は、変更履歴やコメントが表示されずに表示されます。 ただし、すべての承諾、拒否、または削除されていない変更履歴やコメントは文書内に残ります。

変更履歴の表示方法を選択する

 表示するリビジョンの種類と表示方法を選択できます。 変更履歴を吹き出しとして表示する場合は、文書の余白に表示されます。 ドキュメント内で直接行に表示することを選択した場合。 行のリビジョンでは、バルーン内ではなく取り消し線を含むすべての削除が表示されます。

  1. [校閲] タブで、[トラック >マークアップの表示] を選択します。

  2. [バルーン] を選択し、目的のディスプレイの種類を選択します。

  • バルーンにリビジョンを表示する

  • すべてのリビジョンをインラインで表示する

  • バルーンに書式設定のみを表示する

注: バルーンに変更履歴を表示するには、 印刷レイアウト表示 または Web レイアウト表示している必要があります。

編集の種類別に変更を表示する 

  1. [校閲] タブで、[変更履歴の追跡] > [マークアップの表示] を選択します。

  2. 編集の種類を選択します。

  • 挿入と削除

  • 書式設定

項目の横にあるチェック マークは、それが選択されていることを示します。  

注: [マークアップの 表示 ] メニューをオフにしてマークアップの種類を非表示にした場合でも、自分または校閲者がドキュメントを開くたびにマークアップが自動的に表示されます。

校閲者による変更の表示

  1. [校閲>追跡] で、[マークアップの表示] を選択します。

  2. [特定のユーザー] を選択します。

  3. 変更を表示する校閲者の名前の横にあるチェック ボックス以外のすべてのチェック ボックスをオフにします。

注: リスト内のすべての校閲者のすべてのチェック ボックスをオンまたはオフにするには、[ すべての校閲者] を選択します。

[変更] メニュー セクションで、追跡された変更を移動する

追跡された変更から別の変更に移動できます。

  1. [変更>確認] で、[次へ] を選択して、次に追跡される変更を表示します。

  2. [変更>確認] で、[前へ] を選択して、前の変更履歴を表示します。

代替テキスト

追跡された変更を承諾または拒否する

追跡された変更に対処するには、複数の方法があります。 最も熟練した方法は、コメントを識別し、追跡された変更に応答することです。マークされた変更をクリックすると、カードの表示が通ります。 カードには、コメントの名前と、提案を受け入れるか拒否するオプションが表示されます。

Commentor カード情報と拒否または承認の選択

 メイン メニューを使用して、追跡された変更を順番に受け入れるか拒否する

ドキュメントの先頭から文書の末尾まで、追跡された変更を順番に解決できます。 

  1. [変更>確認 ]> [次へ] を選択します。

  2. [ 承諾] または [拒否] を選択します。 次の順番に追跡される変更は、レビューとアクションで強調表示されます。

注: また、メイン メニューのドロップダウン メニューを使用して、追跡された個々の変更を受け入れるか拒否することもできます。 このメソッドは、多くの場合、追跡された変更を確認するための方法的なアプローチとして使用されます。

メイン メニューを使用して変更を受け入れる

  1. [変更>確認 ] で、[承諾] を選択します。

  2. いずれかのオプションを選択します。

  • 承諾 して次に移動する

  • この変更を受け入れる

  • すべての変更を受け入れる

  • すべての変更を受け入れ、追跡を停止する

メイン メニューを使用して変更を拒否する

  1. [変更>確認 ] で、[拒否] >選択します

  2. いずれかのオプションを選択します。

  • 拒否して次に移動する 

  • この変更を拒否する

  • すべての変更を拒否する

  • すべての変更を拒否し、追跡を停止する

右クリックでドキュメント内の変更を承諾または拒否する

ドキュメント内で作業している場合は、変更履歴を右クリックして変更を受け入れるか拒否することができます。 右クリック方法を使用すると、バナー メニュー オプションとドロップダウン メニュー オプションが表示されます。

右クリック バナー オプションを使用してインラインで変更を受け入れる

  1. ドキュメント内の変更履歴を右クリックして、1 つの候補を確認します。

  2. バナーで、次のいずれかを選択します。

  • 同意 >承諾して次に移動する

  • この変更を承諾>受け入れる

  • すべての変更を受け入れる>受け入れる

  • 同意 >すべての変更を受け入れ、追跡を停止する

  • 承諾して次に移動する

代替テキスト

右クリック ドロップダウン メニュー オプションを使用して、インラインで変更を受け入れる

  1. ドキュメント内の変更履歴を右クリックして、1 つの候補を確認します。

  2. ドロップダウン メニューで、次のいずれかを選択します。

  • 挿入を受け入れる (または 削除を受け入れる)

  • 挿入を拒否 する (または 削除を拒否する)

代替テキスト 代替テキスト

メイン メニューで、追跡されたすべての変更を一度に承諾または拒否する

追跡されたすべての変更を受け入れる 

  1. [変更>確認 ] で、[承諾] を選択します。

  2. いずれかのオプションを選択します。

  • 表示されているすべての変更を 受け入れる 

  • すべての変更を受け入れる

  • すべての変更を受け入れ、追跡を停止する 

追跡されたすべての変更を拒否する 

  1. [変更>確認 ] で、[拒否] を選択します

  2. いずれかのオプションを選択します。

  • 表示されているすべての変更を 拒否する 

  • すべての変更を拒否する

  • すべての変更を拒否し、追跡を停止する 

注:  [校閲>追跡]>[すべての校閲者>特定のユーザーに>マークアップを表示する] が選択されている場合、[表示されたすべての変更を受け入れる] オプションと [表示されたすべての変更を拒否] オプションは表示されません。

印刷時に変更履歴とコメントを非表示にする

変更を非表示にしても、ドキュメントから削除されることはありません。 文書から変更履歴とコメントを削除するには、[変更] グループで [承諾] と [元に戻す] コマンドを使用する必要があります。

  1. [ファイル> 印刷> 設定] > [すべてのページの印刷] に移動します。

  2. [ ドキュメント情報] で、[ 印刷マークアップ ] を選択してチェック マークをオフにします。

    [印刷マークアップ] オプション

[校閲] ウィンドウの概要一覧ですべての変更を表示する

  1. [校閲 >追跡] で、[ 校閲ウィンドウ] を選択します。

  2. ドキュメントの横または下に [校閲] ウィンドウを表示するかどうかを選択します。

  • [ 校閲ウィンドウの垂直方向 ] を選択すると、ドキュメントの横にあるすべての変更の一覧が表示されます。

  • [ 校閲ウィンドウの横] を選択すると、ドキュメントの下にあるすべての変更の一覧が表示されます。

[校閲] ウィンドウを便利なツールとして使用すると、記録されたすべての変更がドキュメントから削除されたことを確認して、ドキュメントを表示する可能性のある他のユーザーに表示されるようにすることができます。 [変更履歴] ウィンドウの上部の概要セクションには、文書内に残っている変更履歴およびコメントの正確な数が表示されます。

[校閲] ウィンドウでは、コメント バブル内に収まらない長いコメントを確認することもできます。

注: [校閲] ウィンドウは、ドキュメントやコメント の吹き出しとは異なり、ドキュメントを変更するための最適なツールではありません。 [変更履歴] ウィンドウで文字列やコメントの削除または他の変更を行うのではなく、すべての編集上の変更を文書で行います。 変更は、[変更履歴] ウィンドウに表示されます。

重要: コメントは変更履歴関数の一部ではなくなりました。

変更履歴の記録をオンにする

文書で共同作業を行っているすべてのユーザーの変更を追跡したり、変更のみを追跡したりするように Word for the Web を設定できます。 

[変更の追跡] ドロップダウン、[すべてのユーザー] の [Just Mine]

  1. [レビュー] タブで、[変更履歴の記録] を選択します。

  2. [ 変更 履歴] ドロップダウン リストで、次のいずれかを選択します。

    • ドキュメントに加えた変更のみを追跡するには、[マイニングのみ] を選択します。

    • すべてのユーザーが行ったドキュメントに対する変更を追跡するには、[ すべてのユーザー] を選択します。
       

[変更履歴の記録] をクリックし、[変更履歴のロック] をクリックします。

  1. [レビュー] タブで、[変更履歴の記録] を選択します。

  2. [変更履歴] ドロップダウン リストで、[オフ] を選択します。

[マークアップ] ビューを選択する

  1. [ 校閲 ] タブで、[ マークアップ] ビューを選択します。

  2. マークアップ オプションのいずれかを選択します。

  • 余白のマークアップ (単純なマークアップ) - 余白の候補を表示する

  • ページ上のマークアップ (すべてのマークアップ) - ページの候補を表示する

変更を確認、承諾、または拒否する

追跡された変更を順番に受け入れるか拒否する

追跡された各変更を順番に確認し、変更を受け入れるか拒否するかを決定できます。

  1. ドキュメントの先頭をクリックまたはタップします。

  2. [レビュー] タブで、[変更履歴の記録] を選択します。

  3. [ 承諾] または [拒否] を選択します。 変更を承諾または拒否すると、Word は次の変更に移行します。

    ヒント: ドキュメント内の変更を承諾または拒否せずに移動するには、[ 次へ ] または [ へ] を選択します。

  4. ドキュメント内のすべての変更を確認するまで繰り返します。

1 つの変更を承諾または拒否する

変更を順番に移動するのではなく、1 つの変更を受け入れるか拒否することができます。 変更を承諾または拒否すると、Word は文書内の次の変更に移動しません。

  1. 変更をクリックします。

  2. 受け入れるか拒否するかを選択します。


    Commentor カード情報と拒否または承認の選択

記録された変更がオンになっていると、文書の作成者が行った変更がマークされます。 これは、特定の変更を加えた作成者を確認できるため、他の作成者と共同作業している場合に便利です。

変更の追跡をオンにする

代替テキスト
  1. [レビュー] タブで、[変更履歴の記録] を選択します。

  2. 自分の変更またはすべてのユーザーの変更のみを追跡する場合に選択します。

  • 独自の変更のみを追跡するには、 - [確認 ] タブで、[変更の 追跡 ] > [ マイニングのみ] を選択します。

  • すべてのユーザーの変更を追跡するには、[ 校閲 ] タブで、[変更の 追跡 ] > [すべてのユーザー] を選択します。

    注: 変更の追跡をオフにするには、もう一度 [変更の追跡 ] を選択します。

メイン メニューで、追跡されたすべての変更を一度に承諾または拒否する

追跡されたすべての変更を受け入れる 

  1. [確認中 ]> [同意する] を選択します

  2. いずれかのオプションを選択します。

  • 表示されているすべての変更を 受け入れる 

  • すべての変更を受け入れる

  • すべての変更を受け入れ、追跡を停止する 

追跡されたすべての変更を拒否する 

  1. [校閲> 拒否] を選択します。

  2. いずれかのオプションを選択します。

  • 表示されているすべての変更を 拒否する 

  • すべての変更を拒否する

  • すべての変更を拒否し、追跡を停止する      

変更のマークアップ オプションを追跡する

Word では、余白に行を表示することで、文書内の変更が表示されます。 [最終版 (変更箇所/コメントの表示)] ビューに切り替えると、本文中または吹き出しに変更が表示されます。

余白の近くの変更履歴を示す線が強調表示されている

誰かがコメントを追加するたびに、バルーンに表示されます。

余白のコメントが強調表示される

変更をインラインで確認する

バルーンではなくインラインで変更を表示するには、次の操作を行います。

  1. [校閲] タブで、[マークアップ オプション] を選択します。

  2. バルーンをポイントし、[すべてのリビジョンをインラインで表示] を選択します。

    [すべての変更履歴を本文中に表示] が強調表示されている

[変更履歴の記録] をオンのままにする

他のユーザーが [変更の追跡] をオフにできないようにするには、パスワードを使用して [変更の追跡] をロックします。

重要: (変更を承諾または元に戻したい場合に [変更履歴の記録] をオフにできるよう、パスワードを忘れないようにしてください)。

パスワードを使って [変更履歴の記録] をロックする

  1. [校閲] タブで、[文書の保護 ]>選択 します

    [保護] セクションが選択されている

  2. [パスワード] ボックスにパスワードを入力します。

  3. パスワードを再入力し、[OK] を選択 します

追跡された変更がロックされている間は、変更の追跡を無効にできず、変更を受け入れることも拒否することもできません。

[変更履歴の記録] のロックを解除する

  1. [校閲] タブで、[文書の 保護 ] >選択します

  2. [ 保護] で、[ ドキュメントの保護] をオフにします。

  3. パスワードを入力し、[ OK] を選択します。

 詳細については、「」を参照してください。

は、追跡された変更とコメントを削除します

変更の追跡のオンとオフを切り替える (Word for iPad)

  1. [ 校閲 ] タブをタップします。

  2. [変更の追跡 ] の横にあるコントロールをタップして、[変更の追跡] をオンまたはオフにします。

    変更履歴の記録のオンとオフを切り替える

マークアップの表示と非表示 (Word for iPad)

  1. [ 校閲 ] タブで、[ 校閲用に表示 ] アイコンをタップします。

    レビュー用に表示する

  2. [ 確認用に表示 ] ボックスの一覧で、目的のオプションをタップします。

    • すべてのマークアップ (インライン) には、追跡された変更がインラインで表示された最終ドキュメントが表示されます

    • 変更履歴のない最終文書を示すマークアップがない

    • のドキュメントが表示され、変更は追跡されません。

追跡された変更を種類別に表示する (Word for iPad)

  1. [ 校閲 ] タブで、[ 校閲用に表示 ] アイコンをタップします。

  2. [ 校閲用の表示 ] ボックスの一覧で、[ マークアップの表示] をタップします。

    [変更履歴とコメントの表示] メニュー

  3. [ マークアップの表示 ] ボックスの一覧で、目的のオプションをタップします。

    • インク は、ドキュメント内のデジタル インクによって作成されたマークを表示または非表示にします。

    • 挿入&削除は、 挿入または削除されたテキストを表示または非表示にします。

    • 書式設定は、書式設定 の変更を表示または非表示にします。

    • バルーンにリビジョンを表示すると、右側の 余白にバルーンの変更が表示されます。

    • バルーンに書式設定のみを表示すると、バルーン の書式の変更のみが表示され、他の変更はインライン追跡として保持されます。

校閲者による変更履歴の表示 (Word for iPad)

文書の校閲者が複数いる場合、既定ですべての変更が表示されます。 ただし、特定のビューアーによって行われた変更のみを表示することもできます。

  1. [ 校閲 ] タブで、[ 校閲用に表示 ] アイコンをタップします。

  2. [ 校閲用の表示 ] ボックスの一覧で、[ マークアップの表示] をタップします。

  3. [ マークアップの表示 ] ボックスの一覧で、[ 校閲者] をタップします。

  4. [ その他の作成者 ] リストで、変更を表示する校閲者の名前をタップするか、[ すべての校閲者] をタップします。

変更を受け入れる (Word for iPad)

  1. 文書内の変更を 2 回タップして選択します。

  2. [ 校閲 ] タブで、[ 承諾 ] アイコンをタップします。

    [変更を受け入れる] メニュー

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • [承諾] & [次へ移動] をタップして変更を受け入れ、ドキュメント内の次の変更に移動します。

    • [削除を受け入れる]、[ 挿入を受け入れる]、または [変更を承諾] をタップして、選択した変更を受け入れ、コンテキストに応じて種類別に識別し、ドキュメント内の次の変更に移動しません。

    • [表示済みのすべての変更を受け入れる] をタップして、表示されているすべての変更を受け入れますが、非表示の変更は受け入れられません。 たとえば、特定の校閲者によって行われた変更のみを表示している場合、[ 表示をすべて受け入れる ] をタップすると、その校閲者が行った変更のみが受け入れられます。

    • [すべて承諾] をタップして、ドキュメント内のすべての変更を受け入れます。

    • [すべて受け入れる] & [追跡の停止] をタップして、ドキュメント内のすべての変更を受け入れ、[変更の追跡] をオフにします。

  4. 変更を承諾または拒否せずに別の変更に移動するには、[ 前へ ] または [次へ ] アイコンをタップします。

変更を拒否する (Word for iPad)

  1. 文書内の変更を 2 回タップして選択します。

  2. [ 校閲 ] タブで、[ 拒否] アイコンをタップします。

    [変更を拒否] メニュー

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • [拒否] & [次へ移動] をタップして変更を拒否し、ドキュメント内の次の変更に移動します。

    • [削除の拒否]、[ 挿入の拒否]、または [変更の拒否] をタップして、選択した変更を拒否し、コンテキストに応じて種類別に識別し、ドキュメント内の次の変更に移動しません。

    • [表示をすべて拒否] をタップして、表示されているすべての変更を拒否しますが、非表示の変更は拒否しません。 たとえば、特定の校閲者によって行われた変更のみを表示している場合、[ すべて表示を拒否] をタップすると、その校閲者が行った変更のみが拒否されます。

    • [すべて拒否] をタップして、ドキュメント内のすべての変更を拒否します。

    • [すべて拒否] & [追跡の停止] をタップして、ドキュメント内のすべての変更を拒否し、[変更の追跡] をオフにします。

  4. 変更を承諾または拒否せずに別の変更に移動するには、[ 前へ ] または [次へ ] アイコンをタップします。

コメントの削除 (Word for iPad)

  1. ドキュメント内のコメントを 2 回タップして選択します。

  2. [ 校閲 ] タブをタップします。

    [校閲] タブのコメント メニュー

  3. [削除] アイコンをタップしてコメントを削除するか、[削除] リストが表示されるまで [削除] アイコンを長押しし、次のいずれかの操作を行います。

    • [ 削除] をタップして、選択したコメントのみを削除します。

    • [ すべて削除] をタップして、ドキュメント内のすべてのコメントを削除します。

  4. 削除せずに別のコメントに移動するには、[ 前へ ] または [次へ ] アイコンをタップします。

変更履歴を有効または無効にする (Word for iPhone)

  1. 上部のペン アイコンをタップしてリボンを開きます。

  2. [ 校閲 ] タブをタップします。

    [校閲] タブ

  3. [ 変更の追跡 ] の横にあるコントロールをタップして、[変更の追跡] をオンまたはオフにします。

    変更履歴の記録のオンとオフを切り替える

マークアップを表示または非表示にする (Word for iPhone)

  1. [ 校閲 ] タブで、[ 確認用に表示] をタップします。

    レビュー用に表示する

  2. 目的のオプションをタップします。

    • すべてのマークアップ (インライン) には、追跡された変更がインラインで表示された最終ドキュメントが表示されます

    • 変更履歴のない最終文書を示すマークアップがない

    • のドキュメントが表示され、変更は追跡されません。

種類別に変更履歴を表示する (Word for iPhone)

  1. [ 校閲 ] タブで、[ 確認用に表示] をタップします。

  2. [ マークアップの表示] をタップします。

    変更履歴とコメントの表示

  3. [ マークアップの表示 ] ボックスの一覧で、目的のオプションをタップします。

    • インク は、ドキュメント内のデジタル インクによって作成されたマークを表示または非表示にします。

    • 挿入&削除は、 挿入または削除されたテキストを表示または非表示にします。

    • 書式設定は、書式設定 の変更を表示または非表示にします。

校閲者による変更履歴の表示 (Word for iPhone)

文書の校閲者が複数いる場合、既定ですべての変更が表示されます。 ただし、特定のビューアーによって行われた変更のみを表示することもできます。

  1. [ 校閲 ] タブで、[ 確認用に表示] をタップします。

  2. [ マークアップの表示] をタップします。

  3. [校閲者] をタップします

  4. [ その他の作成者 ] リストで、変更を表示する校閲者の名前をタップするか、[ すべての校閲者] をタップします。

変更を受け入れる (Word for iPhone)

  1. 文書内の変更を 2 回タップして選択します。

  2. [ 校閲 ] タブで、[ 承諾] をタップします。

    Windows 版の Word 2016 で変更履歴を承諾する

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • [承諾] & [次へ移動] をタップして変更を受け入れ、ドキュメント内の次の変更に移動します。

    • [削除を受け入れる]、[ 挿入を受け入れる]、または [変更を承諾] をタップして、選択した変更を受け入れ、コンテキストに応じて種類別に識別し、ドキュメント内の次の変更に移動しません。

    • [表示済みのすべての変更を受け入れる] をタップして、表示されているすべての変更を受け入れますが、非表示の変更は受け入れられません。 たとえば、特定の校閲者によって行われた変更のみを表示している場合、[ 表示をすべて受け入れる ] をタップすると、その校閲者が行った変更のみが受け入れられます。

    • [すべて承諾] をタップして、ドキュメント内のすべての変更を受け入れます。

    • [すべて受け入れる] & [追跡の停止] をタップして、ドキュメント内のすべての変更を受け入れ、[変更の追跡] をオフにします。

変更を拒否する (Word for iPhone)

  1. 文書内の変更を 2 回タップして選択します。

  2. [ 校閲 ] タブで、[拒否] をタップします

    追跡された変更を拒否する

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • [拒否] & [次へ移動] をタップして変更を拒否し、ドキュメント内の次の変更に移動します。

    • [削除の拒否]、[ 挿入の拒否]、または [変更の拒否] をタップして、選択した変更を拒否し、コンテキストに応じて種類別に識別し、ドキュメント内の次の変更に移動しません。

    • [表示をすべて拒否] をタップして、表示されているすべての変更を拒否しますが、非表示の変更は拒否しません。 たとえば、特定の校閲者によって行われた変更のみを表示している場合、[ すべて表示を拒否] をタップすると、その校閲者が行った変更のみが拒否されます。

    • [すべて拒否] をタップして、ドキュメント内のすべての変更を拒否します。

    • [すべて拒否] & [追跡の停止] をタップして、ドキュメント内のすべての変更を拒否し、[変更の追跡] をオフにします。

コメントを削除する (Word for iPhone)

  1. ドキュメント内のコメントを 2 回タップして選択します。

  2. [ 校閲 ] タブの [ 削除] をタップし、 次のいずれかの操作を行います。

    • [ 削除] をタップして、選択したコメントのみを削除します。

    • [ すべて削除] をタップして、ドキュメント内のすべてのコメントを削除します。

      コメントを削除する

  3. 削除せずに別のコメントに移動するには、[ へ] または [次へ ] アイコンをタップします。

     

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×