学校で Word を使用する

数式を作成または入力する

演算式または数式を入力する

Office では、簡単にドキュメントに挿入できる数式が用意されています。 Office の組み込みの数式がニーズに合わない場合、既存の数式を編集または変更したり、オリジナルの数式を一から作成したりできます。

Word の数式の新機能

Insider の皆様。皆様からのご要望が 上位に要求される LaTeX 数学式構文は、次のとおりです。

バージョン 1707 (ビルド 8326.2058)以降のサブスクライバーで利用できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  • [挿入]、[数式] の順に選択し、ギャラリーから目的の数式を選びます。

    数式を挿入する

  • 数式を挿入すると、[数式ツール デザイン] タブが開き、数式に追加できる記号と構造が表示されます。

一から数式を入力するには、キーボードで Alt + = キーを押します。

または、

[挿入]、[数式] の順に選択し、組み込みの数式ギャラリーの一番下にある [新しい数式​​の挿入] を選択します。 数式のプレースホルダーが挿入され、その位置に数式を入力できます。

新しい数式を挿入する

チェック マークやその他の記号を挿入する

数式を数式ギャラリーに追加する

  1. 追加する数式を選択します。

  2. 下矢印を選択し、[新しい数式として保存...] を選択します。

  3. 数式の名前を [新しい文書パーツの作成] ダイアログに入力します。

  4. ギャラリーのリストで、[数式] を選択します。

  5. [OK] を選択します。

以前に入力された数式を変更または編集するには、

  1. 数式を選択して、リボンに [数式ツール] を表示させます。

    数式ツール

    注: [数式ツール] が表示されない場合、数式が以前のバージョンの Word で作成されたものである可能性があります。 その場合は、「以前のバージョンの Word で入力された数式を変更する」を参照してください。

  2. [デザイン] を選択し、数式にさまざまな要素を追加するためのツールを表示します。 数式では、次の要素を追加または変更できます。

    • [記号] グループには、数学に関連する記号があります。 すべての記号を表示するには、[その他] ボタンをクリックします。 ボタン イメージ 他の記号のセットを表示するには、ギャラリーの右上隅にある矢印をクリックします。

      基本的な数学記号

    • [構造] グループには、挿入できる構造が表示されます。 挿入する構造を選択し、プレースホルダー (小さい点線のボックス) を使用する値で置き換えます。

      べき乗根構造

    • [2 次元形式] オプションを選択すると、表示用に最適化された 2 次元形式で数式が表示されます。 [行形式] オプションを選択すると、数式は、必要な場合に数式に変更を加えるために使用できるソース テキストとして表示されます。 行形式オプションを選択すると、数式は UnicodeMath 形式または LaTeX 形式のいずれかで表示されます。これは、[変換] チャンクで設定できます。 

      変換チャンク
    • 数式エリアが選択されている場合、または、カーソルが数式に置かれている場合、ドキュメント内のすべての数式または単一の数式のみを 2 次元形式または行形式に変換することができます。  

      数式のすべての行

タッチ入力またはペン入力を行えるデバイスでは、スタイラスまたは指を使って数式を入力できます。 インクで数式を挿入するには次の操作を行います。

  1. [描画]、[インクを数式に変換] の順に選択し、ギャラリーの下部にある [インク数式] をクリックします。

  2. スタイラスまたは自分の指を使用して、数式を手書きします。 タッチ デバイスを使用していない場合、マウスを使用して数式を記述します。 数式の一部を選択して編集したり、プレビュー ボックスを使用して Word が正しく手書きを解釈していることを確認したりすることができます。

    Word の [インクで数式を挿入] ウィンドウを表示する

  3. 満足した場合、[挿入] をクリックして、インク数式をドキュメント内の数式に変換します。

関連項目

Word で UnicodeMath および LaTeX を使用して行形式の数式を入力する

数式エディターが見つからない

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×