[HOWTO] Windows 2000 で Active Server Pages を使用してデータベースに接続する方法

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

この資料の内容


概要

この資料では、ASP (Active Server Pages) Web ページを使用してデータベースに接続する方法について手順を追って説明します。


データ ソース名の作成


ASP ページを使用してデータベースに接続するには、まず接続するデータベースの種類に合ったデータ ソース名 (DSN) を Web サーバー上に作成する必要があります。これを行うには、以下のいずれかの方法を使用します。


データベース プログラムの場合


データベース プログラム (Microsoft Access など) 用の DSN を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Administrator として Web サーバー コンピュータにログオンします。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。

  3. [管理ツール] をダブルクリックし、[データ ソース (ODBC)] をダブルクリックします。

  4. [システム DSN] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

  5. 使用するデータベース ドライバ ([Microsoft Access ドライバ (*.mdb)] など) をクリックし、[完了] をクリックします。

  6. [データ ソース名] ボックスに、ASP コードでこの DSN を参照するときに使用する名前を入力します。たとえば、Northwind と入力します。

  7. [説明] ボックスに、オプションで DSN の説明を入力します。たとえば、Northwind DSN と入力します。

  8. [選択] をクリックします。

  9. [データベースの選択] ダイアログ ボックスで、使用するデータベースを参照して選択します。たとえば、Northwind.mdb を選択します。


    注 : データベースが Web サーバー上にない場合は、[ネットワーク] をクリックし、[参照] をクリックします。データベースを含む共有ネットワーク フォルダに移動し、[OK] をクリックします。[完了] をクリックし、使用するデータベースを選択します。

  10. [OK] をクリックします。

  11. [詳細設定] をクリックします。

  12. この DSN を使用する場合に、データベースにログイン資格情報を自動的に入力するには、資格情報を [ログイン名] ボックスおよび [パスワード] ボックスに入力して、[OK] をクリックします。

  13. [OK] をクリックし、再度 [OK] をクリックします。

データベース サーバーの場合


SQL Server の DSN を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Administrator として Web サーバー コンピュータにログオンします。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。

  3. [管理ツール] をダブルクリックし、[データ ソース (ODBC)] をダブルクリックします。

  4. [システム DSN] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

  5. [SQL Server] をクリックし、[完了] をクリックします。

  6. [名前] ボックスに、ASP コードでこの DSN を参照するときに使用する名前を入力します。たとえば、Northwind と入力します。

  7. 必要に応じて、[説明] ボックスに DSN の説明を入力します。

  8. [サーバー] ボックスで、以下のいずれかの操作を行います。

    • ネットワーク上の SQL Server の名前を選択します。

    • 使用する SQL Server が Web サーバー コンピュータ上で実行されている場合は、[(local)] をクリックします。

    • [サーバー] ボックスの一覧に表示されていないサーバーの名前 (エイリアス) を入力します。

  9. [次へ] をクリックします。

  10. [SQL Server が、ログイン ID の権限の確認を行う方法は] で、使用する認証方法をクリックします。たとえば、[ネットワークへのログイン ID で、Windows NT の認証メカニズムを使う] をクリックします。[次へ] をクリックします。

  11. [既定のデータベースを以下のものに変更する] チェック ボックスをオンにし、ボックスの一覧から使用するデータベース (Northwind など) をクリックし、[次へ] をクリックします。

  12. [完了] をクリックし、[OK] をクリックし、[OK] をクリックします。

DSN を使用してデータベースに接続するための ASP スクリプトの作成


ASP スクリプトで、ActiveX データベース オブジェクト (ADO) の DAC (Database Access Component) を使用して、データベースへの接続を作成します。

  • データベースへの接続を作成するには、Connection ADO オブジェクトを使用します。

  • 既存のデータベース レコードの取得、更新、および削除を行うには、Recordset オブジェクトを使用します。


以下の例は、ASP スクリプトを使用して、Microsoft Access の Northwind サンプル データベースに接続する方法を示したものです。


注 : 以下の例は、ドライブ C に Windows 2000 がデフォルトでインストールされ、Microsoft Access と Northwind サンプル データベースがデフォルトでインストールされていることを前提としています。


手順 1 : DSN を作成する


Microsoft Access の Northwind.mdb サンプル データベースへの DSN を作成するには、この資料の「データベース プログラムの場合」に記載されている手順を実行します。


注 : デフォルトでは、Northwind.mdb ファイルは C:\Program Files\Microsoft Office\Office\Samples フォルダにあります。


手順 2 : ASP ページを作成する


  1. メモ帳を起動します。

  2. メモ帳に、以下のコードを入力します。

    <HTML>
    <HEAD><TITLE>ASP Database Connection</TITLE></HEAD>
    <BODY BGCOLOR=white>
    <H1>Northwind Database Contacts</H1>
    <%
    Dim Connect, selectSQL, RecSet
    Set Connect = CreateObject ("ADODB.Connection")
    Connect.Open "DSN=Northwind"
    selectSQL = "SELECT * FROM Customers"
    Set RecSet = Connect.Execute (selectSQL)
    If NOT RecSet.EOF
    THEN
    DO UNTIL RecSet.EOF
    Response.Write RecSet("Companyname") & ", " & RecSet("Contactname") & "<BR><BR>"
    RecSet.MoveNext
    Loop
    End If
    RecSet.Close
    Connect.Close
    Set RecSet = Nothing
    Set Connect = Nothing
    %>
    </BODY></HTML>
  3. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  4. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [保存する場所] ボックスの一覧で C:\Inetpub\wwwroot に移動し、[ファイルの種類] ボックスの一覧の [すべてのファイル] をクリックします。[ファイル名] ボックスに database.asp と入力し、[保存] をクリックします。

  5. メモ帳を終了します。

手順 3 : ASP ページをテストする


  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [名前] ボックスに http://localhost/database.asp と入力し、[OK] をクリックします。Northwind サンプル データベースの顧客の一覧を表示する Web ページがブラウザ ウィンドウに表示されます。

トラブルシューティング


ASP Web ページを使用したデータベースへの接続に問題がある場合は、データベースにアクセスするのに必要なアクセス許可があるかどうかを確認します。

  • DSN がデータベースにアクセスするのに必要な許可を持つアカウントを使用しているかどうかを確認します。

  • ネットワーク経由で SQL Server に接続しようとしている場合は、匿名 IIS アカウントとしてドメイン アカウントを使用していることを確認します。

  • Microsoft Access データベースに接続しようとしている場合は、IIS アカウントに、データベースが格納されているフォルダへの書き込みアクセス許可があることを確認します。これは、ユーザーがデータベースにアクセスするときに一時ファイルを作成できるようにするためです。

関連情報

ASP ページでの作業方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

308164 [HOWTO] Windows 2000 での ASP (Active Server Pages) Web アプリケーションの作成および構成方法

165492 ADO と ASP を使用して Visual FoxPro のデータを表示する方法
SQL Server の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/japan/SQL/default.mspxMicrosoft Scripting Technologies の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

MSDN ライブラリ - Scripting

http://www.microsoft.com/japan/msdn/ODBC の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/odbc/htm/dasdkodbcoverview.asp

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×