2017 年 12 月 13 日 — KB4053581 (OS ビルド 10240.17709)

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

リリース日:

バージョン:

2017/12/12

OS Build 10240.17709

機能追加および修正

この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • SQL Server Reporting Services のユーザーがドロップダウン リストでスクロールバーを使用できないことがある問題を修正しました。

  • 更新されたタイム ゾーン情報に関するその他の問題を修正しました。

  • x86 ベースおよび x64 ベース システム上の一部の Epson SIDM (Dot Matrix) および TM (POS) プリンターで印刷できなくなる影響がある問題を修正しました。 この問題は KB4048956 に影響があります。

  • Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、および Windows Server のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

Windows Update クライアントの機能強化

マイクロソフトは、Windows Update の信頼性向上のために、Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースする予定です。 最近の更新プログラムがインストールされていないデバイスにのみ提供されます。

この更新プログラムの既知の問題

マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4053581 のファイル情報をダウンロードしてください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×