Sign in with Microsoft
Sign in or create an account.

Excel Microsoftでは、外部ブックを参照する数式を使用して、ブック内のセルを別のブックにリンクできます。 これはブック リンクと呼ばれます。 このブック リンクを作成するときに、相対パスを使用できます。これにより、リンクを解除せずにブックを移動できます。 この記事では、ブック のリンクがさまざまな状況で Excel によって保存される方法について説明します。また、壊れたリンクを修正しようとしている場合に役立ちます。 

Excel は、ブック リンクを含むコピー先ブックを開くと、ブックに格納されているブック リンクの部分と、ソース ブックの現在のパスの必要な部分を動的に組み合わせて絶対パスを作成します。

また、数式バーに表示される内容は、必ずしも格納されるものではありません。 たとえば、ソース ブックが閉じている場合、ファイルへの完全なパスが表示されますが、ファイル名のみが格納される場合があります。

ソース ブックへのブック リンクは、可能な限り相対的な方法で作成されます。 つまり、ソース ブックへの完全なパスは記録されず、コピー先のブックに関連するパスの部分が記録されます。 このメソッドを使用すると、ブック間のリンクを解除せずにブックを移動できます。 ただし、ブックのリンクはそのまま残りますが、ブックが互いに相対的に同じ場所に残っている場合のみです。 たとえば、コピー先のブックがC:\Mydir\Destination.xlsxされ、ソース ブックがC:\Mydir\Files\Source.xlsxされている場合は、ソース ブックが "Files" というサブフォルダーに残っている限り、ファイルを D ドライブに移動できます。

相対リンクは、移動先のブックを別のコンピューターに移動し、ソース ブックが中央の場所にある場合に問題が発生する可能性があります。

ブックリンクのストーリーの方法は、次の方法で異なります。

ストレージの種類 1: 同じフォルダーまたは子フォルダーを持つ同じドライブ

ソース ブックは、コピー先ブックと同じフォルダーまたは子フォルダー内にあります。 この場合、相対ファイル パス (サブフォルダー/source.xlsx、destination.xlsxなど) を格納します。

この型は、クラウドベースのブックと、両方のブックが移動されるときに最適です。

ストレージの種類 2: 同じドライブが、異なる兄弟フォルダーを持つ

ソースブックとコピー先ブックは同じドライブ上にありますが、異なる兄弟フォルダーにあります。 この場合、サーバー相対パス (/root/parent/sibling1/source.xlsx、/root/parent/sibling2/destination.xlsxなど) を格納します。

この種類は、コピー先のブックが同じドライブ内で移動されても、ソース ブックが同じ場所に留まる場合に最適です。

ストレージの種類 3: 異なるドライブ

ソース ブックは、コピー先ブックとは異なるドライブ上にあります。 たとえば、コピー先のブック フォルダーは C ドライブ上にあり、ソース ブック フォルダーは H ドライブにあります。 この場合、絶対パス (H:\folder\source.xlsxや https://tenant.sharepoint.com/teams/site/folder/source.xlsx など) を格納します。

この種類は、コピー先のブックを移動しても、ソース ブックは同じ場所に留まる場合に最適です。 これは、コピー先のブックがソース ブックに引き続きアクセスできることを前提としています。

ソース ブックが XLStart代替スタートアップ ファイルの場所、または ライブラリ フォルダーにある場合は、これらのフォルダーの 1 つを示すプロパティが書き込まれ、ファイル名のみが格納されます。

Excel は、起動時にファイルを自動的に開く 2 つの既定の XLStart フォルダーを認識します。 2 つのフォルダーは次のとおりです。

ユーザーのプロファイルにある XLStart フォルダーは、ブック リンクのプロパティとして格納されている XLStart フォルダーです。 Office インストール フォルダー内の XLStart フォルダーを使用する場合、その XLStart フォルダーはハード ディスク上の他のフォルダーと同様に扱われます。

Office フォルダー名は、Office のバージョン間で変更されます。 たとえば、 Office フォルダー 名は、実行している Office のバージョンに応じて、Office14、Office15、Office16 のいずれかです。 このフォルダー名の変更により、リンクが確立されたバージョンとは異なるバージョンの Excel を実行しているコンピューターに移動すると、ブックのリンクが破損します。

  • Office インストール フォルダーにある XLStart フォルダー (C:\Program Files\Microsoft Office\<Office フォルダー>\XLStart など)

  • C:\Documents and Settings\<username>\Application Data\Microsoft\Excel\XLStart など、ユーザーのプロファイル内にある XLStart フォルダー

ソース ブックをリンクすると、ソース ブックが開かれた方法に基づいてブック リンクが確立されます。 ブックがマップされたドライブ経由で開かれた場合、マップされたドライブを使用してブック リンクが作成されます。 ブックのリンクは、ソース ブックが今後開かれる方法に関係なく、そのまま残ります。 ソース ブックが UNC パスで開かれている場合、一致するドライブが使用可能な場合でも、ブック リンクはマップされたドライブに戻りません。 同じファイルに UNC とマップされたドライブ ブックの両方のリンクがあり、コピー先ブックと同時にソース ブックが開いている場合は、ソース ブックの開き方に一致するリンクのみがハイパーリンクとして反応します。 具体的には、マップされたドライブを使用してソース ブックを開き、ソース ブックの値を変更すると、マップされたドライブに作成されたリンクのみがすぐに更新されます。

また、Excel に表示されるブック リンクは、ブックの開き方によって異なる場合があります。 ブックのリンクは、ファイルを開くために使用されたルート UNC 共有またはルート ドライブ文字のいずれかと一致するように見える場合があります。

ブック間のブック リンクが誤って誤った場所を指すように誤って作成される場合があります。 最も一般的なシナリオの 2 つを次に示します。

シナリオ 1

  1. 共有のルートの下にドライブをマップします。 たとえば、ドライブ Z を \\MyServer\MyShare\MyFolder1 にマップします。

  2. マップされたドライブを通じてコピー先ブックを開いた後、マップされた場所に格納されているソース ブックへのブック リンクを作成します。

  3. 宛先ブックは UNC パスで開きます。

  4. その結果、ブックのリンクが壊れます。

保存せずにコピー先のブックを閉じると、ブックのリンクは変更されません。 ただし、閉じる前にコピー先のブックを保存すると、現在の壊れたパスを含むブック リンクが保存されます。 共有のルートとマップされたフォルダーの間のフォルダーは、パスから除外されます。 上の例では、リンクが \\MyServer\MyFolder1 に変更されます。 つまり、共有名はファイル パスから削除されます。

シナリオ 2

  1. 共有のルートの下にドライブをマップします。 たとえば、ドライブ Z を \\MyServer\MyShare\MyFolder1 にマップします。

  2. ファイルは UNC パスで開くか、\\MyServer\MyShare\MyFolder2 など、共有上の別のフォルダーにマップされたマップされたドライブで開きます。

  3. その結果、ブックのリンクが壊れます。

保存せずにコピー先のブックを閉じると、ブックのリンクは変更されません。 ただし、閉じる前にコピー先のブックを保存すると、現在の壊れたパスを含むブック リンクが保存されます。 共有のルートとマップされたフォルダーの間のフォルダーは、パスから除外されます。 上の例では、リンクが \\MyServer\MyFolder1 に変更されます。 つまり、共有名はファイル パスから削除されます。

「」も参照してください

ブック リンクを作成する

ブックのリンクを管理する

ブックのリンクを更新する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×