概要

このセキュリティ更新プログラムは、ユーザーが特別にMicrosoft Officeされたファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性がある、Officeします。 これらの脆弱性の詳細については 、Microsoft セキュリティ情報 MS16-088 を参照してください

注意 このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Office 2010 用の Service Pack 2のリリース バージョンがコンピューターにインストールされている必要があります。

影響を受けるバージョンのソフトウェアの完全Microsoft Officeについては、Microsoft サポート技術情報の記事KB3170008 を参照してください

注意 このセキュリティ更新プログラムは、HTML コンテンツを含Excelアドインとファイルの動作を変更します。 詳細については、「詳細」 セクションを参照 してください。




更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に取得する方法に関する詳細については、セーフティとセキュリティ センターの記事「コントロール パネルで自動更新を有効にする」セクションを参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報

このセキュリティ更新プログラムは、ユーザーが特別にMicrosoft Officeされたファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性がある、Officeします。 この更新プログラムに含まれる 1 つの変更は、保護ビューでサポートされていない信頼できない場所から開Excel がドキュメントを処理する方法に適用されます。 これには、信頼されていない Excel アドイン (.xla または .xlam) や HTML コンテンツ (.htm または .html など、.xls 拡張機能で名前が変更されたドキュメントが含まれます。 以前は、これらのファイルを開いた場合、保護ビューはバイパスされました。 これにより、セキュリティの脆弱性が生じ得る可能性があります。 このセキュリティ更新プログラムでは、これらのファイルが信頼されていない場所から開かれません。 このセキュリティ更新プログラムは、既存のソリューションとの互換性を破る可能性があります。 これらの問題を回避するには、ユーザーがファイルを手動で信頼してからファイルを開く必要Excel。

信頼できる場所をOfficeファイルを信頼する方法の詳細については、次の Microsoft Web ページを参照してください。

Office 2010 の信頼できる場所の設定を計画するまたは、次の手順に従って、Excel (.xla または .xlam) のブロックを手動で解除します。

注意 この操作は元に戻すことはできません。

  1. エクスプローラーで .xla または .xlam ファイルを探します。

  2. ファイルを右クリックし、[プロパティ] を クリックします

  3. [全般 ] タブ をクリックし、[セキュリティ] 領域で [ブロックの解除] チェック ボックスをオンにします。

  4. [適用] をクリックし 、[OK] をクリックします

この操作を行った後Excelアドインが使用可能で、期待した通り表示されます。



重要 セキュリティ更新プログラムをアンインストールすることをお勧めしません。 そうすると、システムが脆弱な状態が続く可能性があります。

セキュリティOfficeチームは、セキュリティを維持し、このセキュリティ更新プログラムによって引き起こされたワークフローの問題を解決するために、将来の更新プログラムの変更を検討しています。 詳細については、サポート チームのブログExcelを参照してください。

Excel MS16-088 のインストール後にブックが開かない場合がある

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムのデプロイについては、Microsoft サポート技術情報の記事 KB3170008 を参照してください

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム KB3115130 に代わるものになります

ファイル ハッシュ情報

パッケージ名

パッケージ ハッシュ SHA 1

パッケージ ハッシュ SHA 2

excel2010-kb3115322-fullfile-x86-glb.exe

874100C8A76764C8F310D2E8DB238C67CAE81A20

2FD028C7EFA647A7368EB9EE84ED5ECA10E3DB12EA97DB006B08DBCDEA0B97FC

excel2010-kb3115322-fullfile-x64-glb.exe

57903BBBB4DC7C3CB4DF6C9ADA55A51B0660CF0C

C0DDF409D95389306003ACC2F4679A66A4F2EB4EA31C0C0C3958E1EFE201EBFFE8

セキュリティ更新プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しいセキュリティ更新プログラムがリリースされている可能性もあります。

サポートされているすべてのバージョンの Excel 2010 (x86 ベース)

ファイル識別子

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

excel.exe

excel.exe

14.0.7171.5000

20,411,584

2016 年 6 月 16 日

10:32

excel.man

excel.exe.manifest

1,194

2009 年 11 月 5 日

1,100

xl12cnv.exe

excelcnv.exe

14.0.7170.5000

17,848,000

2016 年 5 月 17 日

02:04

xlcall32.dll

xlcall32.dll

14.0.7162.5000

10,432

2015 年 10 月 13 日

06:52

xlicons.exe

xlicons.exe

14.0.7120.5000

1,480,360

2014 年 3 月 5 日

06:06

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Excel 2010

ファイル識別子

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

excel.exe

excel.exe

14.0.7171.5000

27,667,136

2016 年 6 月 16 日

10:36

excel.man

excel.exe.manifest

1,196

2009 年 11 月 5 日

11:23

xl12cnv.exe

excelcnv.exe

14.0.7170.5000

25,059,520

2016 年 5 月 17 日

02:18

xlcall32.dll

xlcall32.dll

14.0.7162.5000

10,944

2015 年 10 月 13 日

07:00

xlicons.exe

xlicons.exe

14.0.7120.5000

1,480,360

2014 年 3 月 5 日

06:06


更新プログラムのインストールに関するヘルプ: IT プロフェッショナル向け Microsoft Update Security ソリューションのサポート


:
TechNet




セキュリティのトラブルシューティングと、ウイルスやマルウェアから Windows ベースのコンピューターを保護するためのサポート ヘルプ: ウイルス ソリューションと Security Center のローカル サポート(お客様の国に応じて):国際サポート

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×