概要

このセキュリティ更新プログラムは、ユーザーが特別にMicrosoft Officeされたファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性がある、Officeします。 これらの脆弱性の詳細については 、Microsoft セキュリティ情報 MS17-002 を参照してください

注意 このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューターに SharePoint Server 2016 のリリース バージョンがインストールされている必要があります。

影響を受けるバージョンのソフトウェアの完全Microsoft Officeについては、Microsoft サポート技術情報の記事3214291を参照してください。

このパブリック更新プログラムは、次の機能を含む SharePoint Server 2016 の最初の機能パック (Feature Pack 1) を提供します。

  • 管理操作ログ

  • MinRole の強化

  • SharePoint カスタム タイル

  • ハイブリッド監査 (プレビュー)

  • ハイブリッド分類

  • SharePoint オンプレミス用 OneDrive API

  • OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンス (ソフトウェア アシュアランス ユーザーが利用可能)

最新OneDrive for Businessのユーザー エクスペリエンスでは、パブリック更新プログラムのインストールまたは手動による有効化によって、有効になっている時点でアクティブなソフトウェア アシュアランス契約が必要です。 有効化時にアクティブなソフトウェア アシュアランス契約を結び付けなかった場合は、最新のユーザー エクスペリエンスを無効OneDrive for Business必要があります。 詳細については、「SharePoint Server 2016 (Feature Pack 1) の 2016 年 11月の公開更新プログラムに含まれる新機能」を参照してください。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムには、次の SharePoint Server 2016 の機能追加と修正が含まれています。

  • 一部の用語は、意味が正しいと確認するために複数の言語に翻訳されます。

  • タスク リストのグリッド編集モードでは、キーボードから [ショートカット] SharePointアクセスできません。 さらに、スクリーン リーダーは、SharePoint Server 2016 で情報パネルを読み取りまたはアクセスできません。

  • PSConfig ツールでは、間違ったコマンドレットが推奨される場合があります。

  • PSConfig ツールでは、ツールが次の状態に移動する前に、まだ時間がかかる場合でも、アップグレードが 100% 完了として表示される場合があります。 この問題は、ツールが製品をアップグレードした後、いくつかの軽微な手順を完了する必要がある場合に発生します。 これらの手順の進行状況メッセージが表示されます。

  • 管理アクション ログ機能の次のコマンドレットのレガシ問題を修正しました。

    • コマンドレットの部分的な実行をサポートし、対応するヘルプ ドキュメントを更新します。

    • 一部の例外とログのメッセージを絞り込む。

  • SharePoint Server 用に Lotus Notes コネクタを構成して使用すると、クロールは失敗します。

  • CSOM API を使用して、プロジェクト内のエンタープライズ リソースの BookingType プロパティを設定することはできません。

  • システム アクセス制御リスト (SACL) が、260 文字の制限を超える大きなファイル パスWindows読み取りされません。 これにより、ユーザーに適切なアクセス許可が与えられない場合でも、クエリ結果内の任意のユーザーが SACL を検出できます。

  • SharePoint Server 2016 で同じユーザーに対して複数の変更を連続して行った後、クイック同期ジョブを正常に完了できません。

  • ハイブリッド分類を構成すると、以前は大文字と小文字が区別されたにもかかわらず、指定されたローカル用語ストア名パラメーターでは大文字と小文字が区別されません。

  • サイト URL を含むサイト コレクションを復元できない。 さらに、以下のエラー メッセージが表示されます。

    エラー: PRIMARY KEY 制約の違反 'PK_SiteUrlMap'。 オブジェクト 'dbo に重複キーを挿入できません。SiteUrlMap'


  • SharePoint タスク リストの既存のサブタスクにサブタスクを追加すると、特定の条件で 1 つのサブタスクではなく複数のサブタスクが作成されます。

  • タスク リストのグリッド編集モードでサブタスクをコピーして貼り付SharePoint、複数のサブタスクが予期せず作成されます。

  • SharePointサーバー 2016 が応答しなくなると、サーバーの CPU 使用率が高くなり、再起動が必要になります。 さらに、サイトにアクセスできないか、ページの読み込み時間が非常に遅くなります。

このセキュリティ更新プログラムには、次の点に関する機能強化と修正プログラムProject Server 2016。

  • 一部の割り当てに実績作業PWA状態の更新を適用すると、予期せず追加されます。 たとえば、合計作業時間が 35 時間の割り当てがある場合、状態の更新では 9 時間が適用されます。 このページで結果を表示Project Professional、割り当てが予期せず完了している場合があります。 一方、合計作業時間と実績作業時間は 400 時間に増加しています。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムが自動的にダウンロードされてインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」のコントロール パネルで自動更新を有効にする方法のセクションを参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセス してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムのデプロイについては、Microsoft サポート技術情報の記事3214291 を参照してください

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムでは、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えされません。

ファイル ハッシュ情報

パッケージ名

パッケージ ハッシュ SHA 1

パッケージ ハッシュ SHA 2

sts2016-kb3141486-fullfile-x64-glb.exe

1B30B50FEB5FB3F8D764C6C0D6523DBA5BE05C1E

4A21ACD01FD617A60C7A3782E322289C15252E5FD297C298AF32B09744B340E1

ファイル情報

累積的な更新プログラム KB3141486 に含まれるファイルの一覧については、更新プログラムKB3141486のファイル情報をダウンロードしてください。

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: IT プロフェッショナル向け Microsoft Update Security ソリューションのサポート


:
TechNet




セキュリティのトラブルシューティングと、ウイルスやマルウェアから Windows ベースのコンピューターを保護するためのサポート ヘルプ: ウイルス ソリューションと Security Center のローカル サポート(お客様の国に応じて):国際サポート

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×