OneNote の数式アシスタントでインクまたはテキストを使用して数式を作成する

手書きの数式をテキスト形式に変換するには、OneNoteの [数式] ボタンを使用します。 数式を入力することもできます。

注: この機能は、Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちのユーザーに限り使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office があることをご確認ください

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

手順 1: 数式を記述または入力する

OneNoteの Math Assistant は、タッチスクリーン対応のノート PC またはタブレットで数式を手書きする場合に最適ですが、標準 PC でマウスまたはペン入力タブレットで記述したり、キーボードを使用して数式を入力したりすることもできます。

  1. Windows 10またはOneNote for the webのOneNoteで、任意のページに移動し、[描画] を選択します。

  2. ペンを選択し、ペンの横に表示される小さな矢印を選択して、使用するストロークの幅とインクの色を選択します。

  3. 次に:

  • タッチスクリーン デバイスを使用している場合は、指またはスタイラスで数式を記述します。

    OneNote for Windows 10 で数式を作成する

  • 標準モニターで PC を使用している場合は、マウスまたはペン入力タブレットで数式を記述するか、キーボードを使用して数式を入力します。

    ヒント: 線形形式で数式を入力し、次の手順を使用して数式を書式設定できます。 例: (x^2+4)/(x-3)

手順 2: 数式を選ぶ

OneNote数式を解決する前に、認識するインク ストロークまたは入力されたテキストを選択します。

  1. Lasso Select ツールを選択します。 OneNote for the webでは、これは Marquee Select ツールと呼ばれ、点線は正方形を形成します。

    [描画] タブの [なげなわ選択] ボタン

  2. 指またはマウスで、手順 1 で作成した数式の周囲に選択範囲をドラッグします。 放すと、数式内のすべてのインク ストロークまたはテキストが選択された状態で表示されます。

    なげなわで選択された手描きの数式

ヒント: ペンまたはなげなわツールをWindows 10のOneNoteで動作させるのに苦労している場合は、マウスまたはタッチで描画を選択することが必要になる場合があります。 Windows 10のOneNoteの描画タブのスクリーンショット。マウスが [Draw with Mouse or Touch] (マウスまたはタッチで描画) ボタンの上にマウス ポインターを置いている

手順 3: [数式] ボタンを使用する

数式を選択したら、次の手順を実行します。

  1. [数式] を選択します。

    [描画] タブの [数式] ボタン

  2. 開いた [数式] ウィンドウで、数式OneNote正しく認識されていることを確認します。

    必要に応じて、[ 修正 ] を選択して、個々のインク ストロークを修正します。 修正モードの場合は、Lasso Select ツールを使用して数式の正しく認識されていない記号または一部を選択します。OneNoteは選択肢を提供します。

    候補の 1 つをタップして数式を修正します。

  3. [インクから数式] を選択して、元の手書きテキストを型指定された数式に変換します。

    練習問題の問題数を入力します。

その他の数学アシスタントのトピック

OneNoteで Math Assistant を使用して数式を解く

Math Assistant を使用して数式関数のグラフを描画する

数式アシスタントでサポートされている問題の種類

演算用のクイズを生成する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×