注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

リソースを開くへようこそ

Open Up Resources は Office 365 Education と提携し、標準に合わせたコンテンツを教室で配信するための無料で革新的なソリューションを提供しています。 Open Up Resources は、独自のデジタルテキストのように機能しますが、より優れています。 毎日のレッスン計画から評価まで、完全なコースの教材が事前に設定されたOneNoteクラス ノートブックを設定します。 クラス ノートブックの構造は、整理された状態を維持し、すべてをクラウドにバックアップし、必要なときに簡単に学生にコンテンツを配布するのに役立ちます。

また、Open Up クラス ノートブックを設定すると、クラスの評価が自動的に読み込Microsoft Forms。 そこから、クイズを割り当てて採点します。 

Office 365 Educationの詳細を確認し、今すぐ無料でサインアップしてください

OneNote用の無料のクラス ノートブック アドインをダウンロードします。

このガイドは、次の 4 つの部分に分かれています。

  1. Open Up Resources ノートブックで概要する

  2. Open Up Resources ノートブックの構造を調べる

  3. 学生にコンテンツを配布する

  4. Microsoft Formsでの評価の管理と作成

1. Open Up Resources ノートブックで概要する

開始するには、Open Up Resources ウェルカム メールと、OneNote用のクラス ノートブック アドインが必要です。 OneNote用の無料のクラス ノートブック アドインをまだダウンロードしていない場合は、ダウンロードしてください。 今後参照できるように、必ずウェルカム メールを保存してください。

Open Up Resources デジタルテキストを使用するクラスごとに、次の手順に従います。

  1. ウェルカム メールに記載されているリンクを開きます。 入力を求められた場合は、学校アカウントの資格情報を使用してサインインします。

    Open_up_Open_Up_Wizard

  2. [ クラス ノートブックの作成] を選択します

  3. クラスに名前を付けて、[ 次へ] を選択します。

  4. このクラスで使用する教材を選択し、[ 次へ] を選択します。 選択した教材は、クラス ノートブックとMicrosoft Formsに自動的に読み込まれます。

    追加する教材を選択します。

  5. (省略可能)クラス ノートブックに共同教師と学生を追加します。 必要に応じて、後でこの手順に戻ることができます。

  6. すべての学生のノートブックに含めるセクションを選択または編集します。 推奨: Open Up Resources 素材のコンテンツ セクションに対応するスペースを追加します。ウォームアップ、レッスン、クール ダウン、プラクティスの問題、自分のリフレクション。 ノートブックの 管理にアクセスして、いつでもこれらのセクションを編集できます。

    open_up_Customize_student_sections

  7. 教師ノートブックと学生ノートブックの外観をプレビューし、[ 作成] を選択します。

おめでとうございます! Open Up Resources クラス ノートブックを使用する準備ができました。 

OneNoteの詳細と、Open Up Resources ノートブックを最大限に活用する方法について説明します。

2. Open Up Resources ノートブックの構造を調べる

最初の Open Up Resources ノートブックを設定したので、 デスクトップで開き、各セクションを見て、コンテンツの構造を確認しましょう。 各ノートブックには、教師がコース コンテンツを共有するためのコンテンツ ライブラリ、教師と学生が連携できるコラボレーション スペース、学生ごとのプライベート ノートブックが含まれています。

ヒント: ノートブック ウィンドウをピン留めして、開いているノートブックをより簡単に移動できるようにします

用語:

各OneNote Open Up Resources クラス ノートブックは、ページ、セクション、およびセクション グループで構成されています。

  • OneNote ノートブックはページで構成されています。 これらは、学生またはテキストの個々のページに提供する配布資料と考えてください。 OneNote アプリの右側にある各セクションのページを表示します。

    リソースページを開く

  • セクションはノートブックのタブのように機能し、1 つのトピックの下にページを整理します。 たとえば、[ ようこそ ] セクションには、ガイドと役に立つリンクを含む複数のページが含まれています。 セクションは、アプリの上部にタブとして表示されるか、開いたピン留めした後のノートブック ウィンドウに表示されます。
     

    [リソースを開く] セクション
  • セクション グループは 、他のセクションを整理します。 このノートブックでは、コンテンツ ライブラリ、コラボレーションスペース、教師専用、学生リソース、およびユニットはすべてセクション グループです。 セクション グループを展開して、その中のコンテンツを表示します。 セクション グループは、アプリの上部に表示されるか、ノートブック ウィンドウを開いてピン留めした後に表示されます。

    リソースセクション グループを開く

セクションとセクション グループ:

  • ウェルカム セクション - ノートブックの設定、他のノートブック へのコンテンツの移動、学生への コンテンツの配布に関するこれらの Sways など、ここで追加のトレーニングを見つけます。

  • [コンテンツ ライブラリ] セクション グループと [ユーザー ガイド

    ]Open_up_Welcome_and_Content_Library

    [コンテンツ ライブラリ] セクションを展開するには、その名前の横にある [+] 記号を選択します。 コンテンツ ライブラリでは、学生と共有するすべての資料が自分と学生の両方に表示されます。 上部に [ユーザー ガイド] セクションが表示されます。 ユーザー ガイドは、テキストの目次のように動作します。その中の [インデックス] ページには、コンテンツ ライブラリ内のそのユニットへのハイパーリンクを含むコースの各単位のプレビューが表示されます。 [用語集] ページには、このコースで使用および教えるすべてのボキャブラリの一覧が表示されます。

    ユニットを展開すると、各ユニットに次のセクションが含まれていることがわかります。

    • ウォームアップ

    • レッスン

    • クール ダウン

    • プラクティスの問題

    • 自分のリフレクション

現時点では、これらのセクションは空です。 学生が各ユニットのコース コンテンツにアクセスするタイミングに応じて、コンテンツを設定します。

  1. 教師専用セクション グループ

    Open_up_Teacher_only セクション

    教師専用セクション グループは、自分と共同教師だけがそのコンテンツにアクセスできるように自動的に設定されます。 これは、授業計画、回答キーなどを含む、教師のコースのテキストのエディションのように機能します。 ノートブックの [教師専用 ] セクションを調べると、そのコンテンツが コンテンツ ライブラリ内の空白のユニットに対応していることがわかります。これらの空白のセクションには、ここに整理された資料が含まれます。 さらに、このセクションには、自分とクラスに役立つその他のリソースが含まれています。

    • 教師ガイド: ここでは、すべてのユニットの概要、これらの教材の使用方法、学習目標、コンテンツ標準、さまざまな学習者をサポートするためのアイデアなどを紹介します。 時間をかけて各ページを探索します。 このセクションは、コース全体を通して役立つ参考資料になります。

      Open_up_Teacher_guide

    • インデックス: インデックスには、ノートブック内の各ユニットへのハイパーリンクと、コース中に使用する用語の 用語集 が含まれています。 また、評価 ダッシュボードは、管理者によって設定された後で確認できます。 このガイドのセクション 5 のダッシュボードについて説明します。

  2. ユニットの構造

    • Index – このセクションには、ユニットごとに必要なものがすべて 1 か所に含まれています。 各 インデックス セクションには概要が含まれており、ユニットの概要と、自分と学生に使用するコンテンツへのショートカット リンクが含まれています。 [ダウンロード] セクションには、各ユニットに必要なすべての PDF がセクションに分割されたクイック リファレンス ページが用意されています。 必要な資料は、事前に資料をまとめるのに役立つ便利なチェックリストです。 

    • 教師レッスン – 各 教師レッスン セクションは、ユニットを構成する個々のレッスンに分類されます。 各レッスン "page" には、必要なすべてのメモと計画資料が含まれています。 ヒント: ページの側面にある透かしに注意してください。 これらは、ウォームアップからクールダウンまで、各レッスンの場所のシーケンスを示します。

      Full_lesson_with_sidebar

    • プラクティスの問題 – これらのページには、学生に配布するプラクティスの問題に対する解決策が含まれています。

    • 評価 – これらのページには、Microsoft Forms経由で学生に配布する評価のソリューションが含まれています。 これらのソリューションは、評価を確認して評価する際に使用します。 注意: これらのページはパスワードで保護されています。 ウェルカム メールに受け取ったパスワードを入力して表示します。

  3. タグと記号のキー

    • タグ -- 次のタグは、Open Up Resources ノートブック ページのコンテンツをすばやく識別するのに役立ちます。 これらのタグを追加して、コンテンツを自分で分類することもできます。 下のキーボード ショートカットを使用するか、[ホーム] タブを選択して、スクロール メニューからタグを選択します。 [タグの検索] を選択して、ここで タグを検索します。 コンテンツ タイプ、日付などを使用してタグを整理します。 次に、ハイパーリンクを選択して、そのページにアクセスします。 (OneNoteでタグを検索する方法の詳細については、こちらを参照してください)。

          Open_up_Tag_key_crop Open_up_Tag_key_crop2 open_up_Tag_key_crop3

    • 透かし – これらはレッスン ページの側面に沿って表示されます。これらは、各レッスンに含まれるコンテンツの種類に合わせて設定するのに役立ちます。 ウォームアップはオレンジ色、番号付きアクティビティは青と緑、クール ダウンは濃い青色です。

      Open_up_Watermark

    • OneNote ヒント – Open Up Notebook ページの右上にある太字のスクリプトを探します。 これらのヒントでは、OneNoteショートカットやその他の専門家のアイデアを共有して、時間と労力を節約します。

      Open_up_OneNote_tips

    • 指示ルーチン – 各 教師レッスン セクションには、参照用のレッスンで使用される 指示ルーチン が含まれています。 このノートブックには、数学言語ルーチンがあります。

      Open_up_Instructional_Routines

  4. [学生リソース] セクション グループ

    各ユニットには、 学生リソース セクション グループが含まれています。 ここで、学生に配布するすべての空白の配布資料と資料を見つけることができます。 学生リソース内の各セクションは、レッスンの構造、 コンテンツ ライブラリ の空白のセクション、ノートブックのセットアップ中に作成した学生ノートブックセクションに対応します。


    Open_up_Student_Resources

空のコンテンツをこれらのセクションに照合します。 たとえば、教育ユニット 7.1 の最初の日に、[ 学生リソース ] セクションに移動し、[ ウォーム アップ] を選択し、L1 を選択してレッスン 1 のウォームアップを見つけます。 L1 ウォームアップは、コンテンツ ライブラリの空白のユニット 7.1[ウォームアップ]セクションに配布します。

Open_up_Inside_Student_Resources

  • ヒント: インクを入れるときは、 余分なスペースを挿入するか、インクで完了した学生の回答ごとに サブページ を追加するか、グリッド線を追加して、ユーザーまたは学生がページにコンテンツを追加するときにインクがそのまま残るようにします。

3. 学生にコンテンツを配布する

Open Up Resources クラス ノートブックを使用する場合の優れた点は、学生にコンテンツを配信する方法とタイミングに関しては、その多様性です。 自分と教師の好みに最適なオプションを選択します。

  • 推奨されるベスト プラクティス: 空の Student Resources コンテンツをノートブックのコンテンツ ライブラリにリリースし、学生のプライベート ノートブックに直接配布します。 そうすれば、 コンテンツ ライブラリ は、新入生を含め、後で参照するテキストのように機能します。

アラーム: 学生の [クラス ノートブック] セクションを編集して、[学生リソース] セクションのコンテンツと一致させるには、[ ノートブックの管理] ツールを使用します。


Open_up_Manage_notebooks

コンテンツ ライブラリへのコピー:

Open Up Resources コンテンツを既に使用しているクラス ノートブックにコピーまたは移動します。 この手順では、ユーザー ガイドセクションを配布することを忘れないでください。 

  1. ページまたはセクションを右クリックします。

  2. [移動] または [コピー] を選択します

    Open_up_Move_or_copy

  3. そのページまたはセクションのコピー先ノートブックを選択します。

  4. [移動] または [コピー] を選択します

Teacher-Only セクション グループから同じノートブックのコンテンツ ライブラリにコンテンツをコピーします。

  1. ページまたはセクションを右クリックします。

  2. [移動] または [コピー] を選択します

  3. ノートブックの コンテンツ ライブラリで変換先を選択します。

    Open_up_copy_to_content_library

  4. [移動] または [コピー] を選択します

学生のプライベート クラス ノートブックへのページの配布:

配布資料を自分のペースで学生にプッシュします。 クラスが開始される前に複数の分散を行うか、クラス中に "ジャスト イン タイム" に配布することができます。

  1. 学生に配布するページに移動します。

  2. [ クラス ノートブック ] タブを選択し、[ ページの配布] を選択します。

  3. ページをコピーする学生のノートブックのセクションを選択します。

    Open_up_choose_section_with_cursor

  4. ノートブック名を右クリックし、[このノートブックを 今すぐ同期] を選択して、ノートブックを同期するように学生に依頼します。

  • 注意: この手順では、個々の学生または学生グループにページを配布することもできます。

詳細情報:

クラス ノートブックでページとセクションを配布する

クラス ノートブックのコンテンツを同期するためのベスト プラクティス

クラス ノートブックで学生の作業を確認する

4. Microsoft Formsでの評価の管理と作成

クラスルームのMicrosoft Formsリソースとオープン アップ リソースを使用すると、標準に合わせた評価にアクセスできます。各評価は、教えているユニットと組み合わせて設計されています。 これらの評価は学生に簡単に配布でき、Open Up ノートブックに保存できます。 

開始するには、 https://forms.office.com にアクセスし、学校の資格情報を使用してログインします。

評価にアクセスする

  • Open Up Notebook では、各ユニットに事前に読み込まれた評価ソリューションが付属します。 ユニットを選択し、[評価] タブを選択します。 これらのソリューション キーは、学生の課題を採点するのに役立ちます。

  • Microsoft Forms: [マイ フォーム] オプションを選択します。 ここでは、すべての評価を配布して採点します。

評価を配布する

Open_up_Forms_Share

  • 学生向け:

    • Microsoft Formsで、共有する評価を開きます。

    • [ 共有] を選択します。

    • 評価リンクを含むボックスに移動します。 そこから、リンクをコピーする (クラス ノートブックに貼り付ける)、QR コードをダウンロードする、コードをコピーして Web ページに埋め込む、または電子メールで配布することを選択できます。 

  • 他の教師向け

    • Microsoft Formsで、共有する評価を開きます。

    • [共有] を選択します。 

    • [ 共有 ] ウィンドウで、[テンプレートとして共有] を選択して、評価テンプレートを他のユーザーと 共有することもできます。 または、共有、編集、共同作業を選択して、別のバージョンの評価を作成するには、[表示および編集するリンクを取得する] を選択します。

成績評価 

  1. Microsoft Formsで、採点する評価を開きます。 

  2. 応答が送信されたら、[ 応答 ] タブを選択します。

  3. [ 回答の確認] を選択します

  4. ページ上部の評価タイトルの上部に、[ ユーザー ] タブと [ 質問] タブの両方が表示されます。 

  • [ ユーザー ] タブには、評価の完了にかかった時間、獲得したポイント数、学生が選択したオプションなど、学生ごとに個別の詳細が表示されます。

  • [ 質問 ] タブでは、質問ごとにグループ化されたすべての学生からの回答を表示し、回答ごとにコメントを残すことができます。

評価レコード シートの配布資料

学生に印刷されたレコード シートの配布資料をフォームの評価と共に提供して、自分の作業を表示したり、フォームの評価に入力された回答をさらに説明したり、その回答に他の補足情報を提供したりできます。 レコード シートは、Open Up クラス ノートブックで対応するユニットで見つけることができます。 すべての評価は引き続きMicrosoft Formsで評価されます。

評価応答を共有してコンパイルする

Microsoft Formsには、学生または質問の回答を確認できる自動集計が用意されています。 回答データを表示するには、フォームで評価を開き、[ 応答 ] タブを選択し、[ 結果の表示 ] を選択して学生または質問別に回答を分割します。



Open_up_Forms_Responses

Forms_Solutions

Excel へエクスポート

フォームの [応答] タブで [Excelで開く] を選択して、Excelの応答データを表示します。

Excelでは、各質問は列になり、各応答は行になります。 最初の 4 つの列には、各応答の開始時刻と完了時刻、および学生ごとの名前と電子メール アドレスが表示されます。 次の列には、学生の回答が表示されます。

Open_up_Forms_4

Microsoft Formsの詳細については、以下をご覧ください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×